長時間パソコンで作業していると必ずと言っていいほど、肩こりに悩まされますよね。

わたしも毎日パソコンに向かう仕事ですので数時間に1回ストレッチをしたり筋トレをしたりと対策をとっていますが、根本的に何か変えれないかなと思い、使うキーボードや位置などを調整してみました。
すると肩こりが軽減されてきたので、使ってみてよかったおすすめのキーボードと設置する位置についてシェアしますね。

スポンサーリンク

パソコンでの肩こりはキーボードで軽減される

パソコンに向かい長時間タイピングしていると自然と猫背になっていて、気が付くと肩がこわばってがちがちになっていました。
かといって仕事をやめるわけにもいかないから、なにかかえれることはないかいろいろ試してみました。

わたしのキーボードには足がついていて、角度を調節できるので何となく上げて使っていたのですが、調べてみるとこれが間違いだったようで・・・
キーボードを見ながらタイピングする人に見やすいように角度をつけれるようになっているので、ブラインドタッチができる人はむしろ使わないほうが手首への負担が少なく済むんです。

すぐにたたんで、平らな状態で使ってみると、なんだか少し肩がこりづらくなったような?
うーん、それでも肩はこります!

いっそのこと肩こりにならないキーボードとかってないの?!と調べると見つけました!!

肩こりしないキーボードおすすめ品

肩こりがひどくなって、いろいろ調べてると人間工学に基づいて作られた特殊な形のキーボードがあることを知りました。
人間工学っていうのは、人が自然な動きや状態で使えるようにモノをデザインして作る研究のことです。
なんだかよさそう!w
わたしは配線がごちゃごちゃするのが嫌なので、無線であることがマストです。
さっそく買って試してみたのがこれです。
マイクロソフトのワイヤレスキーボード5KV-00006

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Microsoft(マイクロソフト) ワイヤレスキーボード[USB] Sculpt Ergonomic Keyboard For Business (ブラック/茶箱・簡易パッケージモデル) 5KV-00006 (5KV00006)
価格:6580円(税込、送料無料) (2018/1/10時点)

スポンサーリンク

人間が疲れないように研究して作られたエルゴノミクスデザインで、キーボードを自然な姿勢で打てるんです。
ボードがカーブしていて真ん中にスリットが入っています。
見た目のインパクトも大ですが、使ってみると更に驚き!ナチュラルに打てて、キーボードに手を置くと自分の体のゆがみが分かりました。

左右の手のキータッチ分担がはっきりしているので、タイピングのクセがすごい人は最初使いづらく感じるかもしれませんが、1日で慣れました。
むしろ、これに変えてからミスタイプが減りましたし、ブライインドタッチが上達しました。
ドーム型に作られていることから指が自然とフィットして、通常のキーボードだと気づくと肩が寄ってきていたのが、これは胸を開いたまま使えるので猫背になりにくい
自然といい姿勢でタイピングすることになり、かなり疲れにくくなりました。
パームレストはクッションが入っていてふわふわ気持ちいいです。
キーボード前側に角度を変えるための台座もあって、マグネット式になっているので取り外しも簡単。
テンキーが別になっているから普段あまり使わないという人はしまっちゃえば、机の上もすっきりします。
これは無線ならではのメリットですよね。
キーボード自体も意外と軽かったので使わない時は収納出来て便利~(^^♪
机がすっきりして作業効率も上がりました。

と、肩こり軽減以外にもメリットがたくさんあるエルゴノミクスキーボードは試す価値ありです!

肩こりを軽減するキーボードの位置

エルゴノミクスキーボードにすると姿勢の矯正にもなって肩こりが軽減しますが、会社のキーボードだから勝手に替えられないよという人もいると思います。
そんな時は、キーボードの位置を見直してみましょう。

キーボードはなるべく体に近い場所に置きましょう。
かといって近すぎてひじが鋭角になるとどうしても猫背になりやすく、肩がこわばってしまいます。
ひじが直角になるように椅子のレストに肘を乗せて、腕とひじ下が90度以上になると自然と背筋も伸びるのでそこを意識してみてください。

キーボードとモニタの中心点を合わせて置く人が多いようですが、右側にテンキーがあるのでこれではホームポジションに指を置いたときに、体全体が左側に少し寄ってしまいます。
身体が寄ることが肩こりや首の疲れになるので、モニターの中心とおへその間に「G」と「H」のキーがくるように置きましょう。

マウスはテンキーの前に置くと操作しやすく、いい姿勢を保てます。
有線の場合、キーボードに引っかかってしまうので、無線タイプのレーザーマウスを使うといいですよ。

パソコンでの肩こりとキーボードの見直しまとめ

いかがでしたか?
パソコンでの長時間作業は、仕事上どうしても避けられませんよね。
それなら、予防することが大事になってくるので少しでも軽減する対策を取ることが必要です。

キーボードを疲れにくいモノにかえたり、位置を調節して肩こりを予防しましょうね。

スポンサーリンク