じんましん。

よく聞く病名だけどいったい何なんでしょう。

全人口の15%から20%の人が人生に1度は経験すると言われている皮膚の病気です。

わたしも娘もすぐおさまるけど出やすいタイプなので、かかりつけの先生と薬剤師さんにどっさり聞いてきました。

知っているようで意外に知らない蕁麻疹の基本についてと自分でできる対策方法をご紹介します。

スポンサーリンク

じんましんて何?原因は?

じんましんはなんらかのアレルギー反応で起こると思われがちですが、実は大半(7割以上)は原因不明です。

はっきりした原因が見当たらないのにかゆみとともに突如、皮膚にぷっくりと現われては消え、消えてはまた現れる神出鬼没なミステリアスな存在。

更に不思議なことに薬による治療の効果が得られやすいのは原因を特定できるじんましんより、原因がわからないじんましんだと言われているのでますます不思議な存在ですよね。

じんましんの特徴は、かゆく、赤く、ぷっくりとした皮膚の盛り上がりが次々と現れることですが、現れた発疹はほとんどの場合数十分~24時間以内にきれいに跡形もなく消えてしまうこと。

かゆくても、表面がジュクジュクしていたり、何日も続く場合、じんましんではありません。

じんましんは、人から人へうつる病気ではないですし、遺伝することもありません。

先ほども述べた通り、じんましんは原因がわからないことの方が多く、特定はできないのですが治療は可能なので、あれこれ原因を考えてストレスをためるくらいなら、すぐに治ると割り切ってストレスを溜めないことの方が大事なんです。

一方で、原因がわかるじんましんもあります。

原因が特定できれば、それを取り除いたり避けることで発症を抑えられます。

原因が特定できるじんましん

特定の刺激などがあったときのみ現れるじんましんなら、原因がわかる可能性があります。
じぶんが思い当たるものを避けたり取り除くことでじんましんが起こらないのであればそれが一番の治療です。

起こりやすいじんましんの原因をあげます。

皮膚のこすれ

皮膚をこすったりかいたりしたときに、その刺激に沿ってみみず腫れのように現れます。
ひっかいたから現れる場合と、かゆいと思って掻いたから現れる場合があると先生が言っていましたが、どう違うんだろう(;’∀’)
とにかく肌を直接かいたことによって起こるじんましんです。

寒冷刺激

冷たい水に触ったり、寒さにさらされることでその刺激を受けた部分にじんましんがでます。
反対にごくまれに温熱刺激によってじんましんが発症する人もいるようです。
わたしの友人は雨、川、海など自然の水に触るとじんましんを発症するので梅雨や夏は気が重いと言っていました。
かなり、特殊なケースのようです。

日光

日光の強烈な日差しに当たると10分~1時間程度

で皮膚の露出部分がかゆくなりじんましんがあらわれます。
その場合、服などで隠れたところには出ないので、心当たりがある人は日傘や日よけの帽子やアームカバーをして対策しましょう。

圧迫

重いカバンを下げていた肩や、ベルトや下着で締め付けていた部分に30分~数時間すると現れるじんましん。
長いと3日ほど続くやや特殊なじんましんです。
慢性じんましんの場合が多いので、医療機関を受診した方がいいですね。

発汗

運動や入浴、緊張など発汗する状況になると現れます。
ピリピリっとした痛みに伴って小さなじんましんがぽつぽつ出る感じです。
アトピー体質の人に多い症状ですね。

食べ物

食物アレルギー反応の一症状として現れますが、何の食べ物に反応しているかは人によって違います。
また保存状態の悪い青魚などで増加したヒスタミンが原因で起こることもあるので気を付けて。

食べ物+運動

特定の食べ物を食べた数時間以内に運動を行うと現れる食物アレルギーの特殊なケースです。
小麦や甲殻類が原因となる場合が多く、腹痛や呼吸困難を引き起こすこともあるのでその場合はすぐにお医者さんに見せましょう。

抗菌薬や消炎鎮痛薬などに対するアレルギー反応として、じんましんが表れます。
またCT検査などで使われる造影剤が原因となってじんましんが起こることもあるので要注意です。

ここに上げた以外の原因で起こるじんましんもあります。
症状が繰り返される場合は、自己判断せずに皮膚科を受診しましょうね。
じんましんが表れたとき、スマホで写真を撮っておくと診断や治療に役立ちますよ。

病院に行けない時のセルフメディケーション

急なじんましんでもすぐに病院に行けない時は自分で何とかしなくてはいけませんね。
そんなときのセルフケア、セルフメディケーションについて説明します。

かかずに冷やす

強いかゆみは辛いですよね。でもかき壊して皮膚を傷つけたら元も子もありません。
冷やすことでかゆみが和らぐことがあるので、患部にアイスノンなどを当てかゆみを緩和させましょう。

運動、飲酒、刺激物を避ける

血行が促進されるとかゆみが増し、じんましんが出やすくなります。
汗をかくような運動や血行を良くする飲酒は避けること。
香辛料の入った刺激の強い食事(カレー、キムチなど)も控えましょう。

お風呂は控えてシャワーにする

身体が温まるとかゆみが強くなるので、症状があるときはお風呂はやめておきましょう。
手早くシャワーを浴びるといいでしょう。

下着や服で肌を締め付けない

衣類が当たったり締め付けがある場所にじんましんが出やすい人がいます。
洗濯タグや縫い合わせの部分がチクチクしてかゆくなることもありますよね。
わたしも娘もそれが原因でじんましんがおこりやすいので、肌触りの良い下着を選ぶようにしています。
いままで試した下着で全くかゆくならなかったのはグンゼのキレイラボです。
縫い目がどこにもない!洗濯タグもない!まさにじんましんの人のために作られているような最強下着です。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【グンゼ キレイラボ】2分袖インナー KIREILABO 完全無縫製 KL1852B
価格:1652円(税込、送料別) (2018/1/5時点)

完全無裁縫ってどうやって作っているのか、工場に潜入したいくらい知りたいです。

お肌を清潔に&保湿

じんましんに限らず、肌の感想はかゆみを助長します。
日常的なケアとして、保湿は忘れずにお風呂上り3分以内を目指して皮膚バリアを守りましょう。
乾燥肌についての記事も参考にしてください。

市販の内服薬を上手に使う

じんましんは夕方から夜にかけて出ることが多く、病院がすでに閉まっているなんてこともありますよね。
そういう時は市販の薬を活用するのも手ですよ。
「抗ヒスタミン薬」と呼ばれる種類の内服薬が効果的です。
ただし、抗ヒスタミン薬は花粉症や鼻炎、一部の風邪薬、咳止めなど幅広く使われている成分ですので、必ず店頭の薬剤師さんに相談しましょう。

じんましんについてのまとめ

じんましんは突然現れ、気付いたらきれいに消えていたりする不思議な奴です。
ただ、先生によると肌への負担が重くなることで起こることがほとんどだそうで、肌バリア機能を低下させないように保湿や清潔を保つことで予防できるんだそうです。
肌に直接あたる衣類を見直したり、保湿をしっかりして予防していきましょうね。

スポンサーリンク