年末年始に帰省すると家族や親せきとカニを食べることになりませんか?

あまり大量だと買いに行くのも大変だし、ネットで注文して届けてくれるなら便利ですよね。

我が家はお正月はかに食べませんが、毎年クリスマスにカニを食べています。なので12月頭にはカニを頼むため、楽天市場をくまなくチェック。

クリスマスな理由は年末年始はカニ需要が高まり混みあうため、時間指定にしていても欲しい時間に届かなかったり、お店の方でも年末の日にち指定を制限していることがあるからです。

なので少し早めにカニを頂き、世間がチキンに飽きた年の暮れにチキンを食べるあまのじゃくな一家です(笑)

小さい子どもがいるとつい混雑をさけたくて、合理的に行動するようにしていたら自然とこのスタイルになっていました(^^;)

通販でも美味しかったズワイガニ

そんなわけでタラバにするかズワイにするか迷いに迷い、

今年はここのお店でズワイガニをオーダーすることにしました。

いつもは5キロ頼むのですが、いつも半分くらい食べきれず冷凍庫の中でスペースをとるので今年は5人(大人2人未就学児3人)で食べきれるよう半分の2.6キロを頼むことにしました。

ボイルガニの解凍は常温で8時間程度、冷蔵庫なら1日かけてゆっくり解凍すると味がなじんでおいしく解凍できます。

24日に家族でクリスマスパーティーをすることになったので、23日の午前中に指定しておきます。

23日の朝、無事届きました!

さっそくチェックです。

大きな足が、ちゃんと7肩入っていますね。

もちろん冷蔵庫には入らないので、私はいつも食べれる分だけクーラーボックスにアイスノンを入れて1日かけて解凍します。

今回は1回で食べきる予定なので、段ボールごとクーラーボックスへイン!

ぴったりおさまりました。

後はなるべく涼しい所に置いておき、パーティーまで放置プレイですw

24日のお昼頃、子供たちとクリスマスケーキを作り、カニやおでん、茶わん蒸しを並べてパーティーの始まりです!!

かに、ちゃんと解凍できてるかな・・・

冷たすぎず、ぬるすぎずちょうどよく解凍された状態でベストな食べごろになっています!

大きさは3歳のむすめの顔より大きい!!

「メリークリスマス!!」と乾杯した後もまずは大人2人で黙々とひたすら身を取り出す作業ですw

そして子供たちが次々と食らいつくしてしまうので、写真を撮ってる暇もありません(゚Д゚;)

子どもたちが飽きてくるとやっと大人のお皿にもカニの身の山ができて、止まらない!!結局黙々と食べることに(笑)

身離れもよく、しょっぱすぎずカニ本来の甘みを感じることのできる美味しいカニでした。

それでも、2肩ほどあまったので、今回は全部剥いてむき身だけですぐお料理に使えるようジップロックに入れて保存しました。

その夜かに玉丼を作って3分の1ほど使いましたが、残りはパスタとチャーハン2食分に使う予定です。

ボイルタラバガニのデメリット

とっても美味しくいただけましたが、ボイルのカニならではのデメリットもあります。

・まずは剥くのがしんどい(*´Д`)

・そして、剥いても剥いても子供に食べられてしまう(笑)

・真剣に剥いてるから会話が弾まない(笑)

・食べ終わると手のどっかしらが切れてる

・ゴミ捨てが大変

ということです。

まだ小さいこどもがいて、そんな量も食べないし、剥くのもめんどくさいという方はやはりむき身のポーションを頼むのがいいかと思います。

ここで大事なのは冷凍庫に空きがあるか?!ということです。

わたしもポーションを頼んでいた時があったのですが、ポーションだと解凍は食べる直前に流水でという方法なのでまたボイルとは届けてもらうタイミングが違うのです。

お届のタイミングが合わないと冷凍庫に入らなくて冷蔵庫に入れてたら黒く変色したりだとか、パーティーは始まったのにカニが届かないだとか問題が発生したり、

“流水で解凍”がうまくいかず、うまみまで流してしまっているのじゃないかという懸念があったので、

めんどくさいけど、自分のタイミングで食べやすいボイル済みタラバガニが最近の我が家のトレンドとなっております。

ポーションは生で食べれないので何かしら調理をしなきゃいけないですしね。

剥く手間はないですが、いつ届くかドキドキするのと、流水での回答や調理をする手間はかかるのがポーションのデメリットです。

どちらも手間をかけて食べるモノなので、自分のスタイルに合うものを選ぶのがいちばんです。

というわけで、今年は海鮮かに処さんのズワイガニを頂きました。

来年はタラバガニ食べてみたいなぁ(´▽`*)