子どもに雪遊びを体験させてあげたい!

子どもはそりで遊ぶから防寒防水を考えてスキーウェアを選んだけどママたちは何を着たらいいの?
ちゃんとウェアを着るべき?
ダウンとジーンズで平気かな?
足元はブーツ?長靴?
と親の服装の方が迷ってしまいますよね。

子どもにつきそう親のゲレンデでの服装についてまとめました。

スポンサーリンク

スキー場での付き添う親の服装は?

子どもたちはそり遊びを楽しみにしているようですが、ママは雪遊びする訳ではないから服装は普段着よりちょっと厚着でいいかな?
なんて考えてませんか。

実は遊んでいる子どもたちは体を動かしているので意外と暖かいのですが、動かずに見ているだけの親は非常に寒いんです!!

寒さは足元からやってきますので、まずは下に履くものから準備しましょう。

見ているだけと言っても雪の上。
子どもが転んだり、疲れたらだっこしたりするとしたら、
子どもについている雪でママの服も濡れてしまいます。

なので本当ならスキーウエアやスノボウェアがベストですね。
ジーンズは問題外ですよ。防水の素材であることは絶対です。
ナイロン系の防寒ズボンだけでも、かなり厳しいと思われます。
防寒ズボンの下にもヒートテックの様な発熱系タイツやレギンスは必須です。

靴は雪道を歩くのに慣れていないなら、長靴よりスノーブーツのほうがいいでしょう。
足先が冷たくなるので発熱作用のあるソックスは必須です。
わたしは冷え取りようの五本指ソックスを2枚重ね履き、その上に厚めの発熱ソックスを履いています。

更に靴用のホッカイロを貼ってます。
足が冷えるともうほんと身体全体が冷えてくるんですよ(>_<)

もし長靴をはくなら、冬用のソール(靴底)が厚いモノを用意して下さい。
普通に夏でも売られている長靴は、ソールが薄い為に雪の冷たさが直に伝わり足裏から冷えます。
これがかなり堪えます!

もしあらためて長靴を買うのがもったいない場合は、靴屋さんで売ってる厚手の防寒インソール(中敷)を入れるのが良いです。
でも足元対策で靴下を何枚も履いたりすると結局いつもの長靴が入らなかったりするので
スノーブーツを買ってしまうのが一番手っ取り早いかも。

上半身は下着にヒートテック、ヒートテックのタートルネック
それからフリース素材のトレーナーやセーターなどを着るといいでしょう。
その上にダウンか、できれば防水のジャケットを着てください。
腰やお腹のあたりにホッカイロを貼ってできるだけ冷やさないようにしましょう。

スポンサーリンク

首周りの防寒にはネックウォーマーは大きめのものをえらぶといいでしょう。
風が吹くと無防備な顔が冷えますので、大きめであれば顔まで覆うことができます。
ストールも顔を覆えるのでいいですね。

同時に耳を守るためにニット帽やイヤーウォーマーなどもあると便利です。

雪の上は曇りの日でも日焼けしやすいので、日焼け止めを塗りましょう。
天気が良いと雪目(ゆきめ)と言って太陽の光が雪の表面に反射して目を痛めます。
夜になると目がチカチカしますよ。
滑るわけじゃないから、ゴーグルだと大げさな感じもしますし、
視野が狭くなるのでよく動く子供を目で追うのに適してないです。
サングラスがあれば良いと思います。

付き添いにスキーウェアは必要?

ここまでまとめて、結局はスキーウェアを買っちゃったほうが手っ取り早いような気が(^^;)

まだ、はじめてだから買う決心がつかない方は防寒をしっかりしたうえで行ってみてから決めるのでもよいですよね。

天候や場所によってはそこまで寒くない可能性もあるし、年に1回くらいのことなら自宅にあるもので工夫できるのが一番ですものね。

子供が毎年行きたがるのであれば、スキーウェアを買ってもよさそうです。

これが子供と一緒にスキーを始めるきっかけになるかも!(^^)!

付き添いの大人の服装のまとめ

動き回っている子どもより見てるだけの大人は俄然寒い!

それを忘れずに防寒していけば、楽しんでいる子どもを見守ることができそうです。

雪遊びは5時間も6時間も長時間やれるものでもないので、

付き添う親は最初からスキーウェアを買わなくても様子を見ながら買いそろえていけばいいですね。

お子さんの持ち物も再度確認してみてください。
スキー場に普通は持っていかないものを持っていったら、とても助かった話です(^^♪
check!子連れで初めてのスキー場に本当に持っていってよかった意外なもの
参考になれば幸いです ^^

楽しい雪遊びになりますように☆

スポンサーリンク