山梨と言えば、ほうとう!
ほうとうの名店もたくさんあるのでお店選びも迷ってしまいますよね。

わたしも不動、小作、歩成などいろいろ食べ歩きましたが、
一番好きなほうとうは不動のほうとうです。

ほうとう不動を食べた感想やアクセス方法、毎回絶対買って帰るものをご紹介します。

スポンサーリンク

ほうとう不動は外観から楽しめる!

ほうとう不動は河口湖周辺に4店舗を持つ地元でも人気店です。

わたしが一番好きなのは東恋路店です。
ほうとう不動
富士山に一番近いロケーションと河口湖ICからのアクセスの良さはもちろんですが
やっぱりあのかまくらのような不思議な個性的な建築物の中でほうとうを食べれるのが
楽しいからです(笑)
入り口はこちら。
ほうとう不動
ちょっとした非日常感を味わえるので、デートで行っても家族で行っても楽しめますよ。

中は広々した空間になっていて、日中は自然な光の明るさでほうとうをいただけます。
ほうとう不動
子供が座れるイスもたくさんあるので、足りなくて困ったということにはなりません。
もちろん、お椀やフォークも貸してくれますよ。
ほうとう不動

ほうとう不動のおすすめメニューは?実際に食べた感想

ほうとう不動のメインメニューは1つだけ、「不動ほうとう」しかありません。
潔いですね!オーダーを迷わないので楽です(笑)

大人2人、子ども(5歳未満)3人で
不動ほうとう1080円を3つ注文。
大人は1つずつ、子供たちは3人で1つです。

早いと10分もしないうちに
待った時でも20分くらいで出てきました。

じゃーーーん。
あ、ピンとずれてる・・・すみませんm(_ _)m
ほうとう不動
先ずは汁のお味は
味噌仕立ての出汁と具の野菜のエキスが出ていて
味わい深い汁に仕上がっています。
特に野菜の甘みがほっこりさせてくれます。
隠し味にゴマ油を入れてるそうですよ!

麺は適度な厚みで弾力があってコシもあります。
わたしは麺はコシがあるものが好きなので名店小作の麺より好き。
小作はぐにゃっというかあまりコシがない気がします。
もしかしたら店舗によって当たりはずれはあるかもしれませんが。

具はとにかく野菜たっぷり。
細かくカットされた白菜、人参、大根、里芋、玉葱、南瓜、油揚げ、なめこ
大きくカットされたかぼちゃや油揚げがゴロゴロ入っています。
ほうとう不動
お肉が入ってないのは残念ですが、野菜がボリューミーなので
満足感はあります。
でもちょっとくらいいれてほしい(笑)

机の上には富士山を模ったかわいい薬味入れが置いてあります。
七味が入っているので、からいのが平気な人は絶対試してみてください!
ただ辛いのではなく、風味が豊かでこの七味を初めて食べたときは
衝撃を受けました。いままで使っていた七味はなんだったんだと。
それくらい美味しいんです。

スポンサーリンク

サイドメニューは
黒糖炊き稲荷を頼みました。
ほうとう不動 いなり
名前の通り、黒糖の甘さがいっぱいに広がる甘めのおいなりさん。
好き嫌いは分かれるかもしれませんが、甘めが好きな人はほうとうと一緒に是非食べてみてください。
ただ、ちょっと高いかな(^^;)

不動ほうとうだけ食べれば1080円の明朗会計。

でも、レジ横で私が必ず買うのは「秘伝の七味」600円です。

ちょっと七味にしてはお高くない?と思いますよね?
わたしも今までスーパーで100円くらいの七味しか買ったことがありませんでした。
でも、これは行くたびに買ってしまいます。

この容器にパンパンに詰まって600円です。
容量もあるので冷蔵庫にしまえば長く使えますし
そば、うどん、鍋、豚汁、卵かけごはん、夏は冷やし中華にもかけていました。
賞味期限は3か月くらいです。でもその前になくなります(^^)/
ほうとう不動 七味
とにかく、なんにでもかけれます。
カップ麺もこの七味をかけると普通に美味しいラーメンになります(笑)
お土産にして、お友達にあげると喜ばれましたよ~。

ほうとう不動東恋路店のアクセス方法と駐車場は?

東恋路店は車だとアクセスしやすいロケーションです。

お店情報 東恋路店
営業時間:午前11時 〜 午後8時
客席数:300席
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津東恋路2458
tel:0555-72-8511

東京から中央高速道路で河口湖方面へ→河口湖I.Cにて下車→国道138号線を本栖湖方面に直進→東恋路立体交差点角に東恋路店があります。

大通り沿いなので入りやすいし建物が特徴的なので迷うこともないと思います。

駐車場も広いです。

駐車場からのけしきがまた最高なんです!

電線が邪魔しちゃってますが、駐車場の端まで歩けばこの通り。

ほうとう不動のまとめ

「不動ほうとう」一本勝負な潔さが好きです。
野菜がごろごろしているので、普段野菜をとる機会が少ない人は
野菜本来の持つ甘みとか美味しさを味わってもらえる逸品です。

ほうとう不動はほうとうだけでなく
一緒に食べる薬味にもとってもこだわっていました。

寒い冬はもちろん、夏もハフハフと熱々のほうとうを堪能してくださいね。

スポンサーリンク