トイレの掃除って正直、ちょっと憂鬱じゃないですか?

家の中で一番狭い空間なのに、家族全員が毎日何度も使う場所です。

狭いのでほこりも溜まりやすいし、汚れが目につきやすい手ごわい空間です。

掃除しなきゃと思っていてもどんどん汚れがたまっていくと余計に面倒になってしまいますよね。

ということは、汚れない仕組みを作ることが大事です。

どうすればトイレを楽にきれいに保てるのか、掃除の頻度と方法を考えてみました。

スポンサーリンク

トイレ掃除の頻度はどれくらいがベスト?

友人が遊びに来ていて、「トイレ借りるね~」「どうぞー」と返事したものの

(やば!最後に掃除したのいつだっけ?!)なんてなったことありませんか。

わたしは・・・あります…(´д≡; )a゙ ドゥシヨゥ…

そんな方は、一度は耳にしたことがあるこの歌を聴きながら読んでみてください(笑)

トイレって人から清潔さを確認されやすい場所ですよね。

狭い空間で手持ちぶさたで自然と目がいってしまうというか。

狭くて小さなスペースなのに毎日何度も使えば汚れやほこりも溜まります。

そして、ニオイの溜まりやすい水タンクやしみこみやすい壁紙がそろっている場所です。

キレイにしておくことがいいのはわかっているし、掃除した後のすっきりした気持ちも知っています。

でもまた汚れてきて「いざさぁやろう!」と自分を奮い立たすのが毎回しんどいですよね。

そんな時に友人が遊びに来たものですから、とっても恥ずかしい気持ちになりました。

そして、その失敗から掃除しようと思うからダメなんだと気づいたのです。

キレイにした後、それをキープし続ければいいんじゃないのかな?と。

そこで始めたのが毎回自分が使ったら、便器の裏とふちをトイレットペーパーでサッと一周拭くだけという簡単なお手入れ方法です。

我が家では長男だけが立って用を足すので、便器のふちにはねていることがあり、時間がたつと黄色い頑固な汚れになってしまうのですが、毎回拭くようにしていたら汚れがこびりつく前に落とせるのでこすったり、洗剤をかけたりしなくてもよくなりました。
この一周拭きするのにかかる時間は5秒です。

5秒で毎日のキレイがキープできるのってすごくないですか。

もちろん便器の中も汚れた瞬間に掃除することでこびりつくことがないですし、例えば寝る前やお風呂の前にすると決めてブラシで便器の中もサッと洗ってしまえば次の朝も気持ちよくトイレが使えます。全部合わせても30秒足らずです。

これを習慣づけてしまえば、そうじを掃除とも思わずトイレのキレイを保てるようになり、急な来客にも焦らずに済みますね。

「トイレには神様がいる」「トイレ掃除をすると運が開ける」「お金が貯まる」などと言われていますが、ひねくれものの私はそれって掃除をさせるために誰かが言い出した都市伝説みたいなものだと思っていました。

でも、トイレ掃除が習慣になってからは、誰も掃除したがらないトイレをピカピカにすることで気分も上がるし、それが運気を上昇させるのかなと思うようになりました。

トイレのニオイを簡単にとるには

掃除と合わせて、習慣にしてしまいたいズボラさんにお勧めのニオイ対策の方法です。

ニオイ対策には換気が欠かせません。芳香剤に頼ってもにおいの元を断つことにならないのでその場しのぎにはいいですが、根本的な解決にはなりません。

トイレに入るときはもちろん入っていない時も換気扇はつけておくようにしましょう。

換気扇がなければ窓を開け、留守や使っていない時はトイレのドアを少し開けておくのもいいですね。

スポンサーリンク

ニオイがこもりやすいトイレタンクには酸素系漂白剤をコップの半分の量くらい入れておくとにおいの元となる菌の繁殖を抑えられるし、便器も汚れにくくなるので簡単にできるケアとしておススメです。

使用頻度に寄りますが月に1,2度入れておくといいでしょう。

ここまではそんなにハードルは高くないですね。

・換気をしっかりすること

・酸素系漂白剤を少しトイレタンクに入れること

この2点ができていれば、そこまでニオイに困ることもないかと思いますが、さらにもう1点あげるとすると、

壁紙や床にとんだおしっこがにおいの元となっていることが多いので週に1度は固く絞った雑巾やタオルで水拭きをします。

なんだが一気にめんどくさい感じになりましたが、毎日5秒の一周拭きが習慣になってくると不思議と水拭きもしてみようと思えるので最初からやらなくてもいいです(笑)

この毎日の5秒拭きとニオイ取りをしっかりしていけば、改めて洗剤でゴシゴシするようなことってなくなっていきます。

トイレ掃除はお金持ちへの一歩

トイレ掃除

トイレ掃除を楽にする方法は「毎日拭くことを習慣にする」という、あなたにとってはもしかしたら不本意な答えだったかもしれません。

でも、結局は一番の近道というか、汚れたトイレと向かい合い手袋して洗剤つけてゴシゴシこするよりは楽だとも思いませんか?

トイレって家の中で唯一一人きりになれる場所ですから、そこを清潔に快適に過ごせる空間にできるってなんだかいい暮らしへの一歩という気がします。

「どう汚れを落とすか」じゃなくて、「いかに汚れを溜めないか」がポイントです。

わたしが知っている億単位のお金持ちの人はみんな自分でトイレを掃除しています。本当に!

わたしの株の師匠(資産500億以上)は人の家でも気になるとこっそり掃除してしまうと言っていました。

日常の習慣の中に組み込まれているから、自然と手が動いてしまうそうです。

お金持ちの人を見ていると「みんなが努力と思ってやることが日常の習慣である」といことが全員に当てはまります。

そしてみな「特別なことはしていない」「運がよかった」というのです。

これってこのトイレ掃除の習慣と一緒じゃないですか?

歯磨きやご飯を食べることのように当たり前のルーティンにしてしまうことで、辛いことも習慣になって「特別なこと」じゃなくなるんですね。

わたしもトイレを毎日掃除するようになって、持ち株が上がったり臨時収入を得たりとなんだか運が向いてきたかなと感じることがあります。

トイレという狭い空間をどうキレイに保つかを考えて、毎日使う場所を気持ちの良い場所に変えましょう!あなたの運気も確実に上がってきますよ!

スポンサーリンク