お風呂上りや寝る前は、頭をかいて眠れない。

頭をかくと白い粉雪がぱらぱら舞う。

かくのを止めたいけど、止めるともっとかきむしる。

かゆがるこどもを見ている親御さんもつらいですよね。

わたしの娘もいわゆるアトピー性皮膚炎を持っていて

頭だけでなく、全身をかきむしってしまうのですが

最近やっと信頼できる皮膚科医に出会い、

頭のかゆみの症状やフケがだいぶ改善されたのでご紹介します!

スポンサーリンク

頭がかゆいのは髪をシャンプーで洗っていたから?

ずっとかかっていた皮膚科医に

「汗をかいた後や皮脂などをそのままにしておかないように、皮膚を清潔に保つようによく洗ってください」と言われていたので、こどもの髪は丁寧にシャンプーで洗っていました。

でも改善が見られないどころか少しづつ悪化し、3,4か月が過ぎたころ

娘は髪をとかすのも結ぶのも嫌がるほど、頭皮が赤くジュクジュクしている状態でした。

かくので、頭皮がはがれて髪にフケのように白い粉がついて

幼稚園に行く前に何とか除去しようと髪をとかすのですが

とかす度に「いやー!いたい!!」と絶叫。

かわいそうとは思うけど、フケをつけたまま行ってからかわれたりしたらもっとかわいそう。

やはり、根本的に治すしかないんですよね。

信頼しているかかりつけ医に相談し、皮膚科医を紹介してもらいました。

さばさばしている女医さんで

わたしが「お風呂で毎日ちゃんと洗ってるのに頭のかゆみがおさまらない」というと

「ちゃんと洗っちゃダメ」と言われました。

先生が言うには

・子供は(頭皮も)肌バリア機能が低く、汗や唾液、鼻汁、食べこぼし、気温の変化、衣類によるこすれなどのちょっとした刺激に敏感となり、湿疹を起こしやすい
・シャンプーや石鹸の洗浄力は、皮膚を守る「皮脂膜」という天然のクリームまで洗い落としてしまうから、どんどん肌が乾燥し弱くなってくる

ということ。

つまりわたしは今まで
「身体が自然に作り出している天然のクリームがあるのに、わざわざ一生懸命それを洗い流して、保湿クリームを塗るという二度手間をしていた」ということ。

じゃあ一体どんな風に子供の髪をケアすればいいのでしょうか?

頭をかゆがる子どものシャンプーの仕方

かゆみを改善してあげるためにいままで

ノンシリコンやらアミノ酸系やら弱酸性やらいろいろ試してきたかと思います。

でも結局そういうシャンプーではだめでしたよね。どれも皮脂膜をも洗浄してしまうからです。

では、どんなシャンプーでどんな洗い方をすればいいのでしょう。

答えは、「髪の毛をシャンプーで洗わない」です。

洗わなければ皮脂膜が頭皮を自然に保湿してくれて、徐々に正常な状態に戻ってくるので頭皮が乾燥しなくなれば
かゆくならないし、フケが舞い散ることもありません。

かといって、ただほっとけばいいというわけではないので正しい髪の洗い方をマスターしてくださいね。

髪はシャンプーでは洗わないけれど、お湯で洗います。いわゆる湯シャンというやつです。

・まず入浴前にブラッシングをして髪についたほこりや汚れを取る
・38度程度のお湯で頭をシャワーしていく
・指の腹で軽くマッサージするように、爪を立てて引っかいたりしないように
・手やブラシで優しく髪をとかしながら3~5分程度で洗う

と、これだけです。
ざっくり言えば、ぬるめのお湯で洗うだけです(笑)
「湯シャンプー」「湯シャン」などと呼ばれています。

スポンサーリンク

注意することは2点。
お湯は40度以上あれば、シャンプーと同じくらいの洗浄力を持つそうです。
なので、暑いお湯を髪にかけすぎると汚れと一緒に皮脂まで流してしまうので
お湯の温度と洗う時間は気を付けてください。

あとは拭くときにタオルでゴシゴシ拭かず髪をはさんで押さえるようにふきましょう。
ドライヤーで乾かしたら必ず冷風で頭皮をクールダウンさせることが大事です。
温まるとかゆくなりやすいですから、頭皮に風を当ててあげてくださいね。

お湯で洗い始めて1週間後のフケやかゆみ

子どもの髪をお湯で洗い始めてから、1週間もするとかゆみはだいぶおさまり
かきむしって眠れないということはなくなりました!

ついでにわたしも一緒に湯シャン生活にしていますが、3日目に少しかゆいなと感じシャンプーをしましたが
その1度だけで特ににおいや頭皮のかゆみなどはありません。

むしろ、パサついていた髪がしっとりしてきて寝ぐせがつきにくく艶も出てきました。

乾燥しなくなったので、粉雪が舞うこともないですし、家族みんな快適に過ごせています。

特に子供たちは外で遊んできますし、石鹸やシャンプーを使わないと臭くなるんじゃないかなどと心配していましたが、

そんなことはぜんぜんないですし、湯シャンで汚れや汗がきちんと洗えているようです。

2018年8月2日追記

1か月後、半年湯シャンを続けてきたので、その間の変化や髪の匂い、髪質などについての記事を投稿しました。
かゆみを激減させたシャンプーと出会えたので、それについてもレポートしています。
湯シャンを始めてから1か月、そして半年たって髪の状態はどう変わった?

まとめ

最初にかかっていた先生の言った通り、

「皮膚を清潔に保つようによく洗ってください」というのは本当だったのです。

この先生は言葉足らずで私は無知だったため、症状を悪化させてしまいましたが

正しく清潔に保つ方法を知って実行すれば

症状は早ければ数日、遅くとも数週間でよくなってきますよ。

わたしはこどもの「かゆい、かゆい」と泣く回数が減って、やってよかったなと感じています。

完全にシャンプーを無くすのに抵抗がある方は2日に1回、週に1回など

お子さんの頭皮の状態を見ながらシャンプーを使うのもいいそうですよ。



スポンサーリンク