冬になると大人はもちろん、いつもはふっくらもちもちのこどもまで肌がカサカサしてきますね。

我が家の3人の子供たちは普段から肌が弱い方で乾燥がひどいとやはりかゆくなってくるようです。

かゆがってるとつい保湿クリームを変えたり、ボディーソープを弱酸性にしたり、皮膚科で薬をもらったり、親ができることは何でもしてあげたいですよね。

子どもの肌のかゆみ、赤みに、薬や石鹸、保湿クリームを変えるだけじゃなくて、普段の生活の中で大幅に改善できることがあったので紹介します。

スポンサーリンク

肌が乾燥する原因の一つはお風呂のお湯の温度

かゆいと泣いて寝付けなかったり、かきすぎて血が出てしまったり。

子どもはコントロールできないのでかゆければひたすらかいてしまいますよね。

止めようとすると余計かいたり・・・
見ているこちらも辛くなってくる。

お子さんにそんな症状があれば、見直してほしいのは
お風呂の入り方です。

特に冬場は寒いですから、熱めのお湯を張った湯舟に入っていませんか?

40度以上のお湯につかることは、乾燥肌の悪化や肌バリアの機能低下などを引き起こす原因になります。

例えば、皆さんも油汚れでギトギトのお皿はお湯を使って油分を流しますよね。

人間にも身体が作り出している油分があってそれで肌をバリアしているので

熱めのお湯に入ると肌を守ってくれてるバリアを自分で壊すことになってしまいます。

では、どのくらいの温度のお湯に入るのがいいのでしょうか。

それは自分の体温に近い36度くらいと言われています。

長い時間入っていてものぼせることなく、リラックスした状態で眠れるので

寝る前にかゆくなりやすいお子さんはお風呂の温度を見直してみてください。

乾燥肌の子にはお湯洗いがおすすめ

同じように、子供のとくに乾燥肌のお子さんのシャンプーや体洗いはどうしていますか?

大人と同じシャンプーやボディーソープを使うのは強力な洗浄力で子供の肌バリアを壊しているだけで乾燥肌を悪化させる原因です。

ではどのように洗うのが正解かというと、「お湯で洗い流すだけ」なんです。

40度のお湯でシャンプーや石鹸と同等の洗浄力があるとされています

そこで、子供たちと自分にお湯洗いだけで本当に汚れが落ちているか、匂いはひどくならないかを検証してみました。

まず肌トラブルはそんなに多くないが関節などの部分的な乾燥がある長男に1週間、湯シャンとお湯洗いだけで過ごしてみました。

今まではお風呂に入り自分でシャンプーと石鹸での体洗いをしていました。
几帳面で隅々までしっかり自分で洗って手が届かない背中部分を私が手伝って洗うくらいです。
使用していたシャンプーはメリット、体は固形石鹸をスポンジで泡立て、手を使って泡で洗うという洗い方でした。
お風呂から出て5分内にはヒルドイドを塗ってパジャマを着るという流れです。

これを頭から足の先までお湯洗いのみで1週間過ごしました。
2,3分38度のお湯を浴びながら、適度に手で体をなでるくらいです。
お風呂上りは体をこすらず、バスタオルで押し付けるように身体を拭きます。
その後すぐにヒルドイドを塗りました。

3日目には肘やひざのカサカサが見てもわからなくなり、
4日目には触っても滑らかな肌になっていました。

あんなに毎日塗っても改善が見られなかったのに、驚きの速さでお肌がすべすべに!

わたしも長男と同じような症状でしたが、私はまだすべすべではないものの
ひじやひざの白っぽい乾燥はなくなり、触るとまだすこしかさついているかなと感じる状態です。
嬉しかったのは、髪がしっとりしてぱさぱさしなくなったことです!

湯シャンについての詳しい検証はこちらをご覧ください

毎日幼稚園で遊ぶ長男の頭とわきの臭いを嗅いでみましたが、無臭というか
お日様のような子供特有の自然な匂いです。

長女は家族で一番症状がひどく全身にかゆみがあり、
わきやひじ、膝の裏などの関節の裏側、足首手首に慢性的に赤みがありました。
頭もかゆがり、耳の後ろや付け根が切れてることもしょっちゅう。
かおもめやみみのまわりが特に赤くなりやすいです。

スポンサーリンク

いわゆるアトピー性皮膚炎です。
食べ物のアレルギーはなく、なんでもバランスよく食べます。

そんな彼女にもお湯だけ洗いを試すと
2日でおなかや背中のカサカサがなくなり、手首の赤みが薄れてきました。
5日後には、頭をかくことはなくなり、耳や顔周りの赤みはなくなりました。
寝ながら、体をかいて何度も起きることもなくぐっすり眠れているようです!

もちろん体や頭はお日様のいい匂い。

凄い効果にびっくりです。

次男も長女ほどではないですが、アトピー性皮膚炎と言われ
全身にかゆみがあり、時におなかがかゆいのか寝てる間もぽりぽりかいています。

次男はまだ1歳なのでお湯をかけるのも1分程度。
ざっと頭から全身をなでて終わりです。

彼は驚異的な回復力で2日で全身のカサカサは消え
4日目にはもちもちのつるんとしたお肌になりました!

まだ、膝うらやわき周辺にあかみはありますが
寝ながらおなかをかくことがなくなりました。

すごい!!

2年以上皮膚科を転々とし、ステロイドを強くされたり、保湿クリームやボディーソープをいろいろ試したり、洗濯洗剤を変えたりしては、一進一退を繰り返していたのに、こんな数日で明らかに皮膚感が変わってきたのは初めてですから、驚きです。
今までしてきたことは何だったの・・というくらい。

そう、いままでは
・肌を清潔に保つ=石鹸でよく洗う=肌バリア壊す
↓  
・保湿する

という、いったん肌バリアを壊してから保湿するという
二度手間というか無駄というか悪循環を繰り返していたわけです。

肌バリアを壊さずに保湿するとこんなにも肌はぷるぷるするんですね。
また、子どもだから回復力がすごい!うらやましい!(笑)

とはいってもまだ1週間なので、お湯洗いはしばらく続けて、どうなるのか検証していきたいと思います。

まとめ

肌バリアを壊さないために気を付けることは3点です。

・お湯は40度以上にしない(36~38度がおすすめ)
・バスタオルで押し付けるように拭く(ゴシゴシ拭かない)
・保湿はお風呂から出て3分以内

やっと信頼できる皮膚科医に出会えて、子供たちの肌がかわってきてからいいことだらけです。

・夜よく寝てくれるので、次の日の朝の寝起きや機嫌がよくなった
・親は寝不足が解消
・お風呂で、きれいに洗わなきゃと神経質にならずにすむのでイライラ減
・お風呂時間も水道代もシャンプー代も減る
・かゆいと泣かずに、みんなニコニコ

あげればきりないですが、とにかく子供のかゆいと泣く姿を見なくてよくなっただけで
とっても気持ちも楽になりました。

皮膚科医に「もっと適当にやんなさい」と言われたのもあります。

基本育児は適当(?)なんですが、アトピーに関しては神経質になっていたと思います。
というのも私自身が小さい頃からアトピー性皮膚炎で、包帯でぐるぐる巻きにされるほど全身ジュクジュクした子だったからです。
だから、子供たちの「かゆい」は自分の遺伝で申し訳ないと思っていたし、その辛さが痛いほどわかるから何とか直してあげたいという気持ちが強かったんですね。
「何とかしてあげたい」それは、アトピーのお子さんを持つお母さまはみんなそうだと思います。

お子さんの乾燥肌に悩んでいるママさんはいいことづくめのお湯洗い、騙されたと思って一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク