お正月に飾った後のしめ縄・・・あなたはどうやって処分していますか?

今更こんなことを言うと、親から怒られてしまいそうですが、実際のところ、はっきりとは知らない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、正月飾りのしめ縄の処分をどうすればよいのかご紹介します。

どう処分してよいのか分からず困っているあなたの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

正月飾りのしめ縄ってどうやって処分するのが正解?

正月飾りのしめ縄の処分に、方法や決まりはあるのでしょうか?しめ縄をゴミの日に出してもよいのでしょうか?なんとなく罰当たりな気もしますよね。

しめ縄の処分は、昔からどんど焼きでしていました。

どんど焼きは、お正月飾りの門松やしめ縄、書初めなどを火にくべて焼く行事です。どんど焼きの火にあたるとその1年間は健康でいられるとも言われていて、無病息災を祈る行事です。毎年、1月15日頃に神社で行われます。

どんど焼きは「左義長(さぎちょう)」とも言い、地方によって、「どんどん焼き」や「さいと焼き」など、各地でいろいろな名前で呼ばれています。

門松やしめ縄飾りで出迎えた歳神様を、それらを焼くことで、炎と共に見送ると言われています。

昔は、1月15日が成人の日でしたが、1月の第2月曜日に祝日が変更されてからは、それに合わせて、第2日曜日や第2月曜日に行われる所が多くなり、各地で、さまざまな左義長祭りが行われています。

可能ならば、どんど焼きのときに、お正月飾りやしめ縄を持って参加して、無病息災を願い、歳神様を皆で見送りましょう。

 

【しめ縄は毎年処分するものなの?】

最近は、おしゃれなデザインのしめ縄も多くあります。気に入って買った物ならば、来年も使いたいと思うかもしれません。そんな時は、来年まで大事に保管しておいて、来年に使っても良いのでしょうか?

実際には、使いまわしている人もいることでしょう。使いまわしてはいけないという決まりがあるわけではありません。

しかし、縁起を担ぐという点から言うと、基本的にはおすすめしません。なぜなら、神様は新しい物、きれいな物を好むからです。ですから、昔から、毎年新しいしめ縄を準備して飾っているのです。

私は、使いまわすのは、なんとなく気持ち悪いので、毎年新しいしめ縄を準備して、気持ちよく歳神様をお迎えし、どんど焼きで歳神様を見送ることができるような、処分しても残念な気持ちにならないような、そんなしめ縄を選ぶようにしています。

それでも、例えばインテリアショップなどで購入した、布製や紙製のしめ縄などを捨てるには忍びないですよね。そんな時は、インテリアとして割り切って飾る分には、毎年使っても良いではないでしょうか。

しめ縄を処分してもらう神社はどこでもいいの?

スポンサーリンク

お正月飾りやしめ縄をどんど焼きで処分できそうにない場合はどうすれば良いでしょうか。

実は、どんど焼きに参加しなくても、神社でしめ縄などを処分してもらうことができます。

しめ縄を神社で処分してもらう場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

大きな神社では、古いお札やしめ縄を引き取って、お清めをした後に、炊き上げてくれます。ですから、どんど焼きに参加できない場合は、神社にしめ縄を持っていきましょう。

お札やしめ縄などを返納できる大きな箱が設置されていますので、そこに入れれば大丈夫です。神社によっては、設置していなかったり、期間限定で返納する箱を設置している場合がありますから、事前に持って行こうと思っている神社に問い合わせしてみてくださいね。

しめ縄の処分を自宅でやる場合の注意点は?

すべての人が、どんど焼きのときにしめ縄を持って、神社に行けるわけではありません。

また、忙しくて、神社に返納に行く事もできない場合があります。その場合はどうすれば良いのでしょうか?

そんな時は自宅で処分をしましょう。自宅で処分をするときは、燃えるゴミに出してください。

ですが、しめ縄をゴミの日に出すというのは、抵抗がある人が多いのではないでしょうか。

近所の人に見られないか、気にもなります。悪いことをしているわけではありませんが、年配の方などは、何か思う事があるかもしれませんし、あまり堂々と捨てられませんよね。

自分でゴミの日に処分する場合は、塩でお清めをしましょう。白い紙で包む前に塩を振って、神様へ感謝の気持ちを表しましょう。

白い紙がなければ新聞紙でも大丈夫です。白い紙や新聞紙などに包んで、しめ縄が見えないようにしてから、ゴミの日に出せば、近所の人の目も気になりません。

正月飾りのしめ縄の処分は神社に持っていくべき?自宅でしてもいい? まとめ

正月飾りのしめ縄を処分する場合は、どんど焼きで処分してもらいましょう。どんど焼きに参加するのが無理な場合は、神社に持っていって、設置されている返納する箱に入れましょう。そうすると、神社でお清めをして炊き上げてもらえます。

神社へ返納するのも無理な場合は、自宅で処分することも可能です。その場合は、白い紙の上に、しめ縄をのせて、塩でお清めをしてから包んで処分します。

白い紙がなければ新聞紙でも大丈夫です。

その通りにしないからといって、どうにかなるものではありませんが、気持ちよく1年を過ごすためにも、できるだけのことはしたいところですね。

スポンサーリンク