気がつけば、すっかり冬ですね。最近は、変な気候が続いていて、災害とまではいかなくても、思わぬ場所で大雪が降る事も多いですね。

慣れていない場所で、大雪が降って積もると、家から出るのも一苦労です。アパートやマンションで階段に積もっていると滑って怪我をするので危険です。

この記事では、そんな時に簡単に階段を除雪するコツを伝授します。

ぜひ、この記事を読んで参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

階段に積もった雪ってどうするの?

アパートやマンションの場合、共用部分の階段や廊下などに積もった雪は、誰がどんな方法で雪かきをするのでしょうか?

もちろん管理人がいて、ルールがきっちりとしているアパートやマンションもあります。そういう所はきっちり雪かきをしてくれたりします。

でも、頻繁に大雪が降らない地域では、雪かきのルールなんてありませんよね。若い人や学生が多く住むようなアパートは、管理人が常駐していない場合もあり、そうなると積もった雪かきもすぐに対応してくれるかは分かりません。ルール化されていない場合、雪かきが原因で、隣人同士でトラブルになる事もあります。

法で定められているわけではないので、あくまで個人の考えで動くしかないので、その人の考え方によって温度差が出てくるのが難しいところですね。

ただ自分が、トラブルの原因にならないようにだけはしたいところです。

共用部分の廊下や階段は、本来は、住民全員が協力して雪かきできるのが理想です。

しかし仕事の関係で無理な人もいるでしょうから、それに不満を言うのは悲しいですよね。

もしかしたら、自分が不在のときに、雪かきをしてくれていることだってあるかもしれません。お互い様だと思い、持ちつ持たれつで、次はお願いしますね・・・くらいに思っておくのが良いでしょう。

目安としては、自分の家の前の廊下から階段などは雪かきをしておきたいところです。つまり自分が歩くであろう部分ですね。

もし、隣人が声をかけあえるような間柄ならば、一声かけて、可能なら一緒に雪かきしましょう。

雪かきは簡単?方法は?階段の雪を片付けるコツ

雪が10cm以上積もるようなら雪かきをした方が良いでしょう。

雪かきの方法ですが、道などの広い場所と階段などの狭い場所では、方法も違います。使える道具なども違います。

広い場所は、ママダンプなどの除雪道具があれば、簡単に早く、雪かきできます。

しかし、階段などの狭い場所は、雪かき専用の除雪道具が、逆に使いにくくなります。階段は、角が沢山あります。また手すりの形状によっては、手すりの柱が邪魔で雪かきがしにくくなります。

そういう細かい部分は、ほうきや園芸用のスコップなどを使えば、雪かきの作業がしやすくなります。

コツは、階段の上から、1段づつ雪を落としていく・・・これが一番ラクなやり方です。姿勢もそんなに無理することなく作業することができます。

 

【雪かきはどんな格好ですればいいの?】

スポンサーリンク

雪かきをする時は、足元が悪いので長靴をはきましょう。上着は防水タイプのものが良いでしょう。手袋も忘れずにしてくださいね。

上着の中は、厚着をし過ぎないようにしてください。雪かきは、重労働なので、作業していると汗をかくからです。

雪かきする人必見!階段の除雪に使える道具!

滅多に雪が降らないところや、一人暮らしや学生さんが住んでいるようなアパートの場合、大雪が降ったときに、雪かきをしようと思っても道具がなかったりします。そんな時は、どんな方法で雪かきをすれば良いのでしょうか?

雪かき用の道具ではなくても、代用できる物はいろいろあります。

私がよく使うのは、ほうきやデッキブラシです。多少の雪は、これで十分代用できます。階段など狭い部分も問題なく雪かきできます。

その他では、園芸用のスコップやフライパンなども代用できます。フライパンは丸いのではなく、卵焼きなどを焼く用の四角いタイプだと、階段の端っこまで雪かきができます。

また、ちりとりや洗面器、鍋なども使えますね。割れない物や硬い物で、中に染み込んだりしないような物ならば、それなりになんでも使えます。

スコップやフライパンなど、持ち手が短いものは、腰を曲げて作業をしなくてはいけないので、体に負担がかかります。雪が少量のうちに、さっさと片付けましょう。

簡単な雪かきの方法!階段の除雪のコツと道具 まとめ

大雪の時などの雪かきは大変です。しかし、階段などは、雪かきをしておかないと怪我をする可能性が大きくなるので、雪かきをしておきましょう。

アパートなどは、住民で協力して雪かきできるのが理想ですが、難しいこともあります。

あとでトラブルの原因にならないように、あなたが通るであろう廊下や階段は、できるだけ雪かきしておくようにしましょう。

階段は狭い場所なので、雪かきの道具も使えない事があります。そんな時は、ほうきやデッキブラシ、四角いフライパンやスコップなど、家にあるもので代用しましょう。割れないような硬い物であれば、それなりに代用することができます。

雪かきは、意外に重労働です。階段などの狭い場所では、姿勢も窮屈でやりにくく、無理な姿勢になりしんどい作業になります。無理をしない程度に雪かきをしましょう。

スポンサーリンク