自然の神秘、オーロラ・・・一度は見てみたい光景ですよね!オーロラは一体どこで見る事ができるのでしょうか?せっかく行くのですから、できれば高確率で、美しいオーロラが見える国に行って鑑賞したいですね。もちろん、オーロラが見ることができるかどうかは天候にもよりますから、絶対に見られるとは限りません。

この記事では、オーロラを見る事ができる国や鑑賞の条件などを、分かりやすくご紹介します。

オーロラを見に行こうと思っているあなたの参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

オーロラが見える国ってどこ?

オーロラとは、太陽風(プラズマ粒子)が地球の磁場とぶつかって発光することで起こる現象です。空中に現れる薄光で、弧状や帯状などいろいろな種類があると言われています。出現時間もさまざまです。太陽風が強ければ強いほどオーロラは出現しやすくなります。

オーロラはどんな国で見ることができるのでしょうか?フィンランドやノルウェー、スウェーデンなどの北欧の国や、アラスカやカナダなどの北アメリカが有名です。

他には、アイスランドやグリーンランドもオーロラを見る事ができます。ただ、行くのが大変なので、日本から旅行に行くには、あまりおすすめではありません。本格的な自然のなかで、長期でがっつりとオーロラを楽しむには良いかもしれません。

もちろん、北欧や北アメリカなら、どこでもオーロラが見られるわけではありません。オーロラが見える都市を厳選しましょう。

美しいオーロラが見える国をランキングで発表!

せっかく時間もお金もかけて、オーロラを見に行くのですから、美しいオーロラが見たいですよね。個人的なおすすめをランキングにしてみました。

 

・1位 イエローナイフ(カナダ)

「世界でもっともオーロラが見える都市」と言われているくらいで、かなりの確率でオーロラを見る事ができます。晴天率が高く、きれいなオーロラが見えると評判も高いです。観光スポットがあまりないので、オーロラをとにかく見たいという人にはおすすめです。

 

・2位 ロヴァニエミ(フィンランド、ラップランド)

カナダやアラスカよりは見える確率はさがりますが、連泊すればかなり確率はあがります。「サンタの住む町」としても有名で、オーロラ以外の観光も充実しています。

 

・3位 フェアバンクス(アラスカ、アメリカ)

北欧よりも、高確率でオーロラを見る事ができます。アラスカは、世界でも有数の晴天率ですから、天候に左右されることが少ないです。本格的な自然の中でオーロラを見たい人におすすめです。

 

その他、オーロラを鑑賞するのにおすすめとしてあげるならば、北欧ならば、トロムソ(ノルウェー)やキルナ(スウェーデン)、北アメリカならばホワイトホース(カナダ)などでしょうか。

行くからには絶対に見たい!美しいオーロラが見える条件!

スポンサーリンク

美しいオーロラを見るには条件があります。

 

・空気が澄んでいて晴れていること

オーロラは、雲のない晴れた空が、いちばんきれいに見る事ができます。写真などでよく見るオーロラは、条件が良いときに見る事ができる美しいものです。条件が良くないなかで見るオーロラのなかには、雲のようなふわっとしたものもあり、雲があると、オーロラなのか雲なのか分からなくなってしまいます。

雲がない空だと、ふわっとしたものでもオーロラなのだと認識することができるため、できるだけ雲のない空で鑑賞したいですね。

 

・月や町の明かりなどがないような場所

月や町の光が明るいと、オーロラを鑑賞するにはマイナスになります。できるだけ町の光が届かないような場所で鑑賞しましょう。郊外のロッジなどに宿泊するのがおすすめです。

でも、知らない土地でのオーロラ鑑賞ですから、くれぐれも勝手に行動せずに、ルールには従いましょうね。

 

・障害物がないこと

オーロラは空のどこに出現するか分かりません。ですから、空の低い位置に出現したときに、障害物があると、オーロラが見えないです。山や建物などの障害物がないような所ですと、低い位置にオーロラが出現しても「見れなかった」・・・ということを防ぐ事ができます。

 

・「夜」の時間が長い期間であること

実は、オーロラは24時間出現しています。昼間は明るいので見えないだけなのです。ですから、「夜」の時間が長いほうが、オーロラを見れる確率はあがります。4月から7月は、1日中太陽が沈まない「白夜」の時期なので、その時期は避けるようにしましょう。

特に大きなオーロラが出やすいと言われているのは、春分の日と秋分の日あたりです。旅行のタイミングが合うようなら、確率をあげるためにその時期を狙うのも良いかもしれませんね。

オーロラが見える国ランキング!絶景を観賞できる条件とは まとめ

不規則に出現するオーロラを見ることができるかどうかは、行ってみないと分からず、天候にもよるので、運次第なところがあります。

とにかくオーロラを絶対に見たいと思っているならば、晴天率が高く、きれいなオーロラが見えると評判のイエローナイフ(カナダ)がおすすめです。天候に左右されるので、できれば3泊以上滞在して、確実にオーロラを見たいところです。

郊外のロッジなどに宿泊して、月や町の明かりがなく、山や建物などの障害物がないような場所で鑑賞するようにしましょう。

「夜」の時間が長いほど、オーロラが出現する確率があがります。4月から7月は白夜ですから、その時期は避けましょう。

極寒の地へ行きますから、防寒対策を万全にして、オーロラを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク