お正月といえば、子供にとっては楽しみのひとつである、お年玉。

なんとなく毎年あげていますが、お年玉に関するマナーって意外と知らないですよね。

「今まではそんなに気にしていなかったけど、実際のところはどうなんだろう?」

と、考え始めると気になりますよね~

この記事では、お年玉のポチ袋のマナーをご紹介します。

これを読めば、お年玉をあげた子供の親に、ポチ袋を見られても恥ずかしくなくなりますよ!

スポンサーリンク

お年玉のポチ袋の正しい宛名の書き方は?

お年玉のポチ袋、自分の子供に渡すのであれば、気を遣うこともありません。

しかし甥や姪に渡す場合はどうでしょうか?

実は間違ったことをしていて、恥をかいた!なんてことがあっては困りますよね。

マナーを知っていれば、怖いものはありません。

知っている知識が間違っていないか、ここで振り返ってみましょう。

 

【ポチ袋の正しい宛名の書き方】

表面に相手の名前を書きます。

「○○ちゃんへ」や「○○君へ」などで大丈夫です。

ある程度、大きくなれば、「○○さんへ」で良いでしょう。

小さいこどもに渡す場合は、ひらがなで書くようにしてください。

漢字で書いた横に、ふりがなをつけるのも良いですね。

裏面には自分の名前を書きます。

受け取るこどもからすると、名前が書かれていても分からないこともあります。

「○○おじさんより」や「○○おじいちゃんより」など書くと分かりやすいです。

また、呼ばれている名前、たとえば千葉に住んでいて、いつも「千葉のおじさん」と呼ばれているならば「千葉の○○おじさんより」と書いたほうが親切で、こどもにも分かりやすくなります。

 

【名前は必ず書かなくてはいけないの?】

名前は必ずしも書かなくてはいけない訳ではありません。

しかし、お年玉をもらう側の親からすると、誰にいくらもらったのか把握したいところですよね。

お年玉は、親戚で集まったときなどは、同じときにもらうものですから、こどもも、「このポチ袋はおじいちゃんからで・・・」などと覚えられません。

親だって、そのときは覚えていても、バタバタしているうちに忘れてしまいます。

そういう面から考えると、書いておいたほうが親切ですね。

また、お年玉を渡す側の場合も、こどもの数が多いと、ポチ袋の金額も違いますから、誰にいくらのポチ袋をあげるのか、分からなくなります。

名前を書いて、事前にきちんと用意しておけば、当日は名前を見て、さっと渡すことができます。

 

【上司の家に挨拶に行くときは?】

年始の挨拶で、上司の家に行く人もいます。

上司の家にこどもがいる場合、お年玉をあげる事もあるでしょう。

しかし、お年玉とは目上の人が目下の人に渡すものです。

ですから、上司のこどもにお年玉を渡すのは失礼になります。

その場合は、「お年賀」と書いて、図書カードなどを渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

お年玉のポチ袋の正しいお札の入れ方は?

お札は、新札を用意しましょう。

三つ折にするのがマナーです。

四つ折りは、縁起が悪いといわれていますので、必ず三つ折にしてくださいね。

三つ折は左側から折ります。次に右側を重ねて折ります。

右側を重ねるときは、きれいに見えるように、左の端と揃えて折りましょう

それぞれお札の大きさが違うので、種類ごとに三つ折をします。

3,000円など、同じ札を複数枚入れる場合は、複数枚をひとつにして折ります。

お年玉のポチ袋の正しい封の閉じ方は?

ポチ袋の封の閉じ方に決まりはありません。

ただ遠方にお年玉を送る場合などは、きちんと封をした方が良いですね。

私は、毎年、可愛い小さいシールを貼って、軽く封をしています。

こどもが、ポチ袋をちょっと開けて、中身を見る事も可能です。

やはりこどもも、もらったポチ袋の中身が気になることもあるでしょうから、直接手渡しする相手には、きっちりと封をせず、軽くシールでとめるくらいがちょうど良いかもしれませんね。

 

【渡すときは?】

お年玉は、目上の人から目下の人へと渡すものです。

「あけましておめでとう。今年も頑張ってね!」

など、挨拶をしてから渡しましょう。

お年玉のポチ袋のマナーは?書き方や入れ方に封の閉じ方まで まとめ

お年玉のポチ袋は、宛名や金額を必ずしも書かなくてはいけない決まりはありません。

しかし、渡す側としては、宛名や金額を書いておくことで、中身の区別をしやすくなります。

また、もらう側のこどもも、もらったポチ袋に自分の名前が書いてあると、急ごしらえではなく、前もって用意してくれていたと感じて嬉しく思うことでしょう。

宛名は表面に、自分の名前は、裏面に書いてください。

お札は、新札を用意して、お札の種類毎にまとめて、三つ折にしてください。

「四」という数字は縁起が悪いので、四つ折りはしないでくださいね。

あまりしっかりと折り目をつけずに、軽く折る程度にしましょう。

上司の家に挨拶に行った際、上司のこどもに渡すのは、お年玉ですと失礼にあたります。

「お年賀」と書いて、図書カードや商品券などを渡すようにしましょう。

スポンサーリンク