喪中のはがきをもらうことはあっても、自分が喪中のはがきを出すことはあまりありません。

いざ、喪中のはがきを出すことになったとき、どうして良いのか分からず、困ってしまいますよね。

この記事では、喪中のはがきに関するマナーなどを分かりやすくご紹介します。

これを読めば、迷わずに、喪中のはがきを準備できるでしょう。

スポンサーリンク

年賀状のお断りは必要?喪中の範囲って?

喪中の範囲って一体どこまでなのでしょうか?

一般的には、二親等以内の親族と言われています。

一親等は、父母や配偶者、子供になります。

二親等は、祖父母や兄弟姉妹、孫になります。

三親等以上でも、付き合いが深かった場合などは、喪中はがきを送る事もあります。

故人を追悼したいという気持ちがあるならば、喪中はがきを送ることは間違いではありません。

また、最近は、同居しているか別居しているかで、考えを変えたり、プライベートの交流がない会社関係の人や、余計な気遣いをさせたくない人には、通常通り年賀状を送るなどして、ビジネスとプライベートを分けるという人もいるようです。

はっきりとした決まりがあるわけではありませんので、少しづつ考え方も多様化しているのですね。

年賀状の喪中はがきの文例が知りたい

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼状」と言います。

喪中の連絡ではなく、「喪中のため、新年の喜びを伝えることはできませんが失礼いたします」・・・という旨の挨拶状になります。

実際に、喪中はがきを送るとなると、どのような文面にすれば良いのか、分かりませんよね。

必要な内容をまとめてみましょう。

まずは、挨拶文を最初に入れましょう。

「喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」など

その次に

「誰がいつ、何才で亡くなった」のかを書きます。

個人の名前はフルネームで書くのが基本です。

同じ苗字の場合は、苗字を省略して名前だけを書きます。

亡くなった日付は、「平成○○年○月」や「本年○月」など、月まで書くのが基本です。

最後に

「故人が生前お世話になったお礼や挨拶」を書きます。

喪中はがきを出す年月を書きます。

差出人の住所と名前を入れます。

喪中はがきは、喪中用の官製はがきか切手で出します。

普通の切手でも問題はありませんが、できれば喪中用を貼った方が良いでしょう。

また、喪中はがきでは、「、」や「。」などの句読点を使いません。

時候の挨拶や、頭語(拝啓など)・結語(敬具など)も、必要ありません。

無意識に付けてしまうこともあるので、自分で作る場合は、気をつけてくださいね。

【例えばこんな文例】

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年○月祖母○○(享年○才)が永眠いたしました

本年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますと共に

スポンサーリンク

明年も相変わらぬご厚誼(こうぎ)のほどをお願い申し上げます

平成○○年十二月

・急逝した場合

本年○月母○○が急逝いたしました

・病気療養中だった場合

かねてより病気療養中の父○○が○月○日に○才にて永眠いたしました

喪中はがきは、白黒と決まっているわけではなく、カラーでも大丈夫ですが、派手な色柄は避けるようにしましょう。

年賀状の喪中はがきはいつまでに出せばいい?

喪中はがきは、11月中か12月初めまでに、先方に届くようにするのがマナーです。

相手が、年賀状を作る前に、出すようにしましょう。

年末に不幸があって、喪中はがきを出せないこともあります。

それ以上、遅れる場合は、松の内(1月7日)が明けてから、寒中見舞いのはがきを出しましょう。

寒中見舞いのはがきは、1月7日から2月初めの間に着くように出してくださいね。

喪中はがきは、いつも年賀状をやりとりしている人に送ります。

お互いに喪中である親族には、省略して送らないことが多いです。

喪中はがきは、喪中を知らせるはがきではなく、喪中でおめでたい挨拶ができず失礼します・・・という意味合いの挨拶状なので、葬儀に参列してくださった人にも、喪中はがきは送るのがマナーです。

年賀状のお断りが必要!喪中の文例やマナーって?いつまでに連絡? まとめ

喪中の範囲は、二親等までになります。三親等以上でも、付き合いの深かった人などの場合は、喪中のはがきを送る事もあります。

最近は、考え方も多様になってきました。

プライベートの交流がない人などには、普通に年賀状を送るなどして、ビジネスとプライベートで、分ける人も増えてきました。

決まりはありませんので、あなたの考えで判断してくださいね。

マナーとして、年賀状を作る前に届くように、12月初めには喪中はがきが届くようにしましょう。

それが無理な場合や、年末に不幸があった場合などは、1月7日以降に寒中見舞いのはがきを送りましょう。

喪中はがきは、カラーでも大丈夫ですが、色柄は控えめにした方が良いですね。

文面で、「、」や「。」などの句読点は使わないようにしてください。

スポンサーリンク