冬といえば、やっぱりこたつ!

我が家は、家族全員こたつが大好きなので、コタツがない生活が考えられません。

最近は、こたつもいろいろと進化しています。

サイズやデザインも豊富で、選択肢が増えましたね。

この記事では、以前、家具屋さんで働いていた私が、一人用のこたつの購入を考えているあなたに、おすすめのサイズやデザインをご紹介します。

これを読んで、こたつを購入する時に、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

こたつ買うなら!一人用のおすすめを紹介します

こたつを購入する際に、まず何を考えなくてはいけないでしょうか。

それは、コタツをどういう用途で使用するのか?

ということです。

  • こたつの上は何も置かない。
  • ダイニングテーブルも兼ねているので、ご飯も食べる予定
  • ご飯は食べないけれど、勉強机として使用する

これだけでも用途が全然違いますよね。

自分がどういう目的で使うのか、友達が頻繁に来るのかどうか、そこらへんも考慮しながら、選ぶようにしましょう。

ダイニングテーブルも兼ねるのであれば、最近は、椅子に座るタイプのダイニングこたつなどもあります。

椅子に座るタイプなので、だらだらとして、こたつでうたた寝してしまうことがありません。

勉強も椅子に座ってやる方が、はかどりますよね。

友達が来ることは想定外、自分のためにこたつを購入したいのであれば、ダイニングこたつも選択肢のひとつに入れても良いですね。

友達が頻繁にくるようなら、だらだらすることができませんし、椅子がないと、こたつに入れる人数が限られてしまいますので、あまりおすすめしません。

また、勉強などにも使うのであれば、天板は、触った時に、木目のがたがた感がない、つるっとしたタイプを選びましょう。

がたがたしていると文字が書きにくいです。

こたつを買う前に調べておきたい!一人用のサイズ感

こたつには、サイズがいろいろあります。

どの大きさを選ぶかで、部屋の印象も大きく変わります。

そんなに買い替える物でもないので、購入する時は、サイズ選びは重要です。

【60cm】

人が食事や作業など、自分が有効に使える空間、いわゆる、パーソナルスペースの必要最低限の大きさは、幅60cm、奥行き40cmと言われています。

ですから、最低限、このサイズは欲しいところですね。

ただ、これは必要最低限なので、こたつだと身動きはしにくいです。

小柄な女性であれば、それでもなんとかなりますが、大柄な男性だと、かなりきついです。

部屋が狭い、こたつをできる限り小さくしたい、こたつの上に物を置かない、そんな人ならば、選択肢のひとつに入れて良いかもしれませんが、くつろぐ空間になるかは疑問です。

【75cm】

少し大きくなるだけで、余裕が出てくるので、こたつの上で、食事や作業ができます。

例えば、ダイニングテーブルはなく、こたつだけですべてやりくりしたい場合は、最低限、このサイズは欲しいですね。

【90×60cm】

長方形のタイプは、奥行きが狭いので、見た目の圧迫感が少ないです。

例えば、友達がよく来る人などは、部屋の大きさ的に余裕があるならば、このタイプを選ぶと使いやすいでしょう。

一人で使うには、十分な広さがあり、くつろげます。

一人用のこたつなら、この3タイプが置きやすいサイズですね。

メーカーによって、若干寸法に違いはありますが、この寸法を目安にして検討してください。

最近は、円形やオーバルなどの天板の形もあります。

スポンサーリンク

角がないので、同じ大きさでも、コンパクトにスッキリと見せることができます。

そういう形を選んで、スッキリ見せるのも、ひとつの方法ですね。

たまに特殊な寸法や形のこたつもありますが、こたつ布団を買い替える時のことを考えると、一般的に流通しているサイズを選んでおく方が良いですよ。

こたつが欲しい!一人用のおしゃれなデザインってある?

一人用のおしゃれなデザインのこたつって、なかなかありませんよね。

今回は、おすすめのこたつをいくつか選んでみました。

参考にしてみて下さいね!

https://item.rakuten.co.jp/marusiyou/ys-82-652/

【木製オーバル折れ脚こたつテーブル 幅90×奥行50】

奥行きが少し狭いですが、一人で使うのは、問題ありません。

オーバルで角がないので、さらにコンパクトな印象を与えます。

しかも、折れ脚なので、邪魔な時はさっと片付けられるのがいいですね。

https://item.rakuten.co.jp/ymworld/36-007/

【木製デザインこたつテーブル ヒストリー 75×75cm】

75cm角の、ひとりで使うのに丁度良い大きさです。

こたつとして使わない時も、おしゃれなセンターテーブルとして使えます。

https://item.rakuten.co.jp/dondon/ynd-005/

【円形 丸型 70cm こたつテーブル】

丸型で、角がない分、すっきりとした印象を与えることができます。

天板は、リバーシブルになっているので、気分によって、雰囲気を変えることができます。

少し小さめで、円形なので、がっつり作業をする人には、少し窮屈に感じるかもしれません。

どちらかと言うと、狭い部屋でもこたつを楽しみたい、そんな人向きです。

追加料金でこたつ布団も一緒に購入できます。

https://item.rakuten.co.jp/tansu/21700033/

【人感センサー付きこたつ+とろける掛・敷布団 幅68 正方形 継ぎ脚】

幅は68cmと狭いですが、70cmの円形よりは、使い勝手が良く、奥行きもあるので、ある程度何でもできます。

しかも、継ぎ脚タイプなので、身動きしやすくなっています。

人感センサー付きなので、切り忘れても、外出先で焦る心配がありません。

こたつと掛・敷布団の3点セットで、お買い得なセットです。

こたつを買おう!一人用におすすめのサイズやおしゃれなデザインは まとめ

こたつを買うときは、どのような用途で使うのかを、まず考えましょう。

サイズは、置く部屋の大きさを考えながら選びましょう。

一人用ならば、正方形ならば75cm角、長方形ならば90×60cmあたりが、使いやすい寸法です。

シーズンを通して使うのであれば、こたつ布団を取っても、おしゃれなセンターテーブルになるデザインを選びましょう。

スポンサーリンク