ジーンズは洗わない方が風合いが保たれて

かっこよくはき続けられるといいますよね。

実際にはどれくらいの周期で洗濯するべきでしょうか。

基本的にジーンズも洗った方が断然良いんです。

ただ、普通の衣類より色落ちしやすいので

気を付けなければいけないことがいくつかあります。

どんなことに気を付ければ

大切なデニムジーンズを長く愛用できるのかご紹介しますね。

スポンサーリンク

デニムジーンズに使うといい洗剤とは

ジーンズが色落ちするのには、3つ原因があります。

それは洗剤の種類水温摩擦です。

まずはデニムを洗うのに適した洗剤から見てみましょう。

デニムには染色がされていて、普通の洗剤では汚れは落ちますが

色も落ちてしまいます。

特に漂白剤や蛍光増白剤が含まれている洗剤はその名の通り

白地のものをより白くするために添加されていますので

デニム洗いには使わないでください。

では、どんな洗剤を使うのがよいのでしょう。

一番のおススメはエマールやアクロンなどの「おしゃれ着用洗剤」です。

中性の液体洗剤は、デリケートな素材の洗濯に適していて、

他の洗剤に比べ洗浄力が弱い分、色落ちが少なく生地も傷めにくいです。

洗浄力が弱いとはいえ、汗や皮脂汚れは落としてくれるので

デニムを洗うのに適しています。

デニムジーンズの適切な洗濯方法

洗濯機でまわすだけが洗濯ではないんですよ。

洗面器やバケツに洗剤を入れてつけておくだけで、汗や汚れが溶け出ています。

これも立派な洗濯なんです。

ね、簡単でしょ。

水温にも気を付けて。

お湯で洗うと汚れは落ちやすいけれど、色も落ちやすいので

常温の水のつけることが大切です。

また、洗濯機でまわすと擦れて色が落ちるので

洗面器や洗面台の中で洗剤と水の力で汚れを溶かし出すとさっぱりした着心地がよみがえりますよ。

もしどうしても洗濯機を使う場合は必ずジーンズを裏返してからネットに入れることをおすすめします。

裏返すことで擦れて色落ちしたり、生地の劣化を防ぎます。

汗は時間が経つと酸性からアルカリ性に変化して生地や染色にダメージを与えてしまいます。

なので、適度に水洗いし、汗を流しておいた方が長持ちしイイ感じに色落ちします。

スポンサーリンク

ジーンズの上手な乾かし方

ジーンズには速乾性がなく、ほかの洗濯物に比べて乾きにくいですよね。

ジーンズを乾かす時のポイントは、

空気と触れる表面積を広げておくことです。

ジーンズはポケットの部分が内側にあると乾きにくいので

裏返して外側に出し、

なおかつ履いているときと同じような筒状で干すと

中に空気が通って乾きが早くなります。

干す場所は屋外の風通しが良い場所がいいですよ。

かといって直射日光が当たる場所はNGです。

強い日差しは生地を痛め、変色させてしまいます。

天気が良い日に風が通る日陰に干しましょう。

デニムを洗濯する頻度

デニムは洗濯しない方が色合いが保たれていいというのは

買って2か月くらいのことです。

この頃はまだデニムに糊がついて固い状態なので

その間にあなたの履き癖や動きがしわとなって表れます。

これをヒゲといい、ヒゲがつくことによって独特の風合いが出るのです。

では、デニムを洗濯する適切な頻度はあるのでしょうか。

履くたびに洗うのか、1週間に1回なのか、半年に1回なのか。

人によってさまざまで正解はないようですが、

衛生的な観点からも数週間に1回は洗うことが大事ですよ。

特に夏場の汗をかきやすい時期は、1週間に1度くらいお洗濯してあげるとよさそうですね。

ジーンズを履くペースや回数もあるので

自分に適したお洗濯方法とペースで大事なジーンズを長く愛用していきましょう。

スポンサーリンク