もうすぐお正月ですね。お正月の準備は進んでいますか?
昔は、お正月には、門松を飾ったり、門の外に国旗を出している家もありましたが、最近はあまり見かけなくなりましたね。

たまに、玄関の門の所に、立派な門松が置いてあるのを見ると、正月気分が増しますよね~
せっかくですから、あなたも門松を飾ってみませんか。

この記事では、マンションで門松を飾る場合の方法をご紹介します。
これを読んで、門松を飾って、さらにお正月気分を盛りあげてくださいね!

スポンサーリンク

門松って一体どんなもの?

門松は、年神様を家にお迎えする依り代として、飾るものです。
2個セットで置くのが決まりで、向かって左側が雄松、右側が雌松と言います。

地方により飾り方はいろいろです。

【関東】
3本組の竹を中心にして、周囲に短めの若松を置きます。
下部分は、わらを巻いています。

【関西】
3本組の竹を中心にして、前面は葉牡丹、後方に長めの若竹を置きます。
下部分は、竹で巻いています。

地域によってもいろいろで、松を使わずに、榊(さかき)を使ったり、杉を使うところもあります。

門松の設置ですが、12月13日の「松迎え」以降ならば、いつ飾っても構いません。
ただし、12月29日から31日に飾るのは、あまり良いとされていませんので、28日までに飾りようにしましょう。

特に12月28日は、昔から、縁起の良い日と言われています。
無理な場合をのぞいて、28日に飾るようにしましょう。

設置期間は、関西は1月15日までが基本ですが、関東などでは1月7日までとしている地域もあります。

正月飾りの門松ってマンションでも置いてもいい?

もちろん、マンションだって、門松を飾れます。
最近は、マンション向けにコンパクトな門松も売られていますし、棚の上に飾るようなちょっとした飾りもあります。

手先が器用な人は、自分で作ったり、子供と作ったりして、それを飾るのも良いでしょう。
ポスターを飾るという人もいます。

きちんとしなくてはいけないと思って、なかなか門松に手が出せない人もいるのではないでしょうか。
年神様をお迎えしたいと思う気持ちが大切です。
どんな形でも良いので、取り入れてみてくださいね。

門松をマンションで飾るならやっぱり玄関がいい?

門松は元々、家の門の両側に飾ります。
マンションは、門扉がないところが多く、玄関の扉を開けると、すぐに共用の廊下になっている人が多いです。
そういう場合は、玄関の棚などに置けるタイプのものでも良いでしょう。

門松のマンションでのおすすめの飾り方

マンションの廊下は共用廊下なので、物を置いてはいけません。

スポンサーリンク

玄関ポーチなどがあるマンションの場合、利用規約を確認のうえ、問題がないようならば、玄関ポーチよりも内側、玄関扉の両側に、コンパクトな門松を置きましょう。

また、玄関ポーチがないマンションの場合、門松を置くのは難しいので、紙に書かれた門松を玄関扉の両サイドの壁に貼り付けます。
両サイドの壁に貼るのが無理な場合、一対の門松が1枚に書かれている紙門松を、玄関扉に貼り付けても良いでしょう。

コンパクトな門松が置きたい場合は、家の内側の玄関の両端に置きましょう。

楽天市場で見つけた、おすすめの門松の飾りを3点ご紹介しますね。

https://item.rakuten.co.jp/hana-coco/h2470/
門松 お正月飾り 生花 国産天然竹使用
玄関ポーチがあるマンションなど、玄関に飾ると気持ちが引き締まります。
存在感があるので、いつもと違うお正月になること間違いなしですね。

https://item.rakuten.co.jp/polako/ry-6-530/
「ちぎり和紙 特大門松一対」迎春・お正月飾り
和紙で作られていて、温かみのある飾りです。
玄関に飾って、お客様をお出迎えしましょう。

https://item.rakuten.co.jp/haco/kc-3739a/
ローズオニールキューピー人形 キューピー歳時記フィギュアセット1月「お正月」獅子舞/門松
陶器のキューピーが珍しい飾りです。
玄関に飾ると、来られたお客様も喜んでくれそうです。
手頃な大きさなので、玄関以外にも、どこでも飾りやすいです。

このキューピーは、1月ごとにいろいろなテーマで作られた、歳時記飾りのセットになっています。
他の月のセットも揃えて、月ごとに変えてみるのも良いですね!

正月飾りの門松をマンションで飾るなら玄関でいい?おすすめの飾り方 まとめ

門松ひとつでも、いろいろと特色があって、面白いですね。

もし、正月の時期に旅行などされるのであれば、いつもと違う門松を見つけて、楽しむのも良いですね。

最近は簡略化が進んで、門松を飾らない家の方が多くなってきています。
しかし、年神様は、門松がなければ降りてこられず、家に来てくれませんから、1年の幸せをもたらしてもらう為に、門松は飾っておきたいところです。

マンションなどで、門松が飾れない場合でも、紙門松などもありますから、玄関の両サイドに貼り付けて、年神様が降りてこられるようにしましょう。

また、玄関の棚に、門松の飾りを置いても良いでしょう。

年神様をお迎えしたいと思う気持ちを大切であり、必ずしも立派な門松を置かなくてはいけないわけではありません。
楽しんで手作りで作ったり、好きな飾りを見つけて置いてみるなどから、挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク