寒くなるとこたつの季節ですね。

こたつに入ると出るのが嫌になってしまい、ついつい、こたつの中でうとうとしてしまうんですよね~

ところで、こたつで寝てしまうのって大丈夫なのか、不安に思ったことはありませんか?

この記事では、こたつで寝てしまうと、どうなるのか・・・気になる症状などをご紹介します。

これを読んで、こたつをよく知ったうえで、上手に使ってくださいね。

スポンサーリンク

ついついやってしまうこたつで寝る行為は危険?

どうしても、こたつに入ると眠ってしまう・・・そんな人も多いのではないでしょうか?

寝てはいけないと分かっていても寝てしまうんですよね。

「こたつは魔物」・・・とは、よく言ったものです。

あの誘惑には、なかなか勝てません。

小さい頃に、こたつで寝ていると、母親から「こたつで寝ちゃいけないよ!」と、何度も言われた経験があります。

その頃は何が危険かなんて分かりませんでした。

また母親が大げさに言ってるなぁ・・・と、気にも留めませんでした。


しかし、実際に、こたつで寝ていて命を落としている人がいます。

多くは、冬に、友人や同僚の家に泊まった時などに起こっています。

「布団がないからこたつで良いかな・・・」

そんな軽い気持ちだったのかもしれません。

でも実際に起こっていると聞けば、今までこたつで、うたた寝をするのが日課になっていたあなたも心配になりますよね?

いったい、どういう行為が危険なのでしょうか?

こたつで寝るとこんな症状が起こります

こたつで寝ていると、いろいろな症状が起こります。

あなたも経験している症状ではないでしょうか。


・脱水症状や便秘

温度が高いコタツに入って寝ることで、大量の汗をかきます。

血管の水分も腸の水分も、大量に失われます。

そのせいで、脱水症状や便秘になります。


・腰痛

こたつは意外に狭い空間で、大人ですと、自由に寝返りなどしにくいです。

ですから、関節や筋肉に負担がかかったり、変な体勢になってしまったりします。


・風邪

鼻やのども乾燥してしまうので、風邪をひきやすい状況になります。

その他に、熟睡できないことで、睡眠不足になったりもします。

場合によっては、低温やけどになる可能性もあります。

特に、お年寄りは、皮膚が薄くなり、感覚機能が低下するため、低温やけどになりやすいと、消費者庁からも、注意喚起されています。


【人間の睡眠のメカニズムも関係】

人間は、睡眠中に体温が下がることで睡眠が深くなっていきます。

そして、体温を下げる為に汗をかきます。

寝ている間に、一晩の平均で、コップ1杯ほどの汗をかいています。

ところが、こたつで寝ていると、温度を下げる為に汗をかいているのに、体の温度は下がらない状況になります。

そのため、ますます体の温度を下げようと汗をかきます。

その繰り返しで、悪循環に陥るのです。

スポンサーリンク

その結果、通常の何倍もの寝汗をかき、脱水症状を起こしてしまうのです。

こたつで寝ると最悪は死ぬケースも!?

脱水症状になると、のどの渇き、めまいや吐き気、脱力感や疲労感などの症状があります。

ですが、それだけではありません。

脱水症状を起こすというのは、実は大変危険なのです。

血管の水分がなくなると、必然的に、血液が濃くなります。

血液が濃く、どろどろになるという事は、血栓ができやすくなるのです。

そうなると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こしてしまうのです。

 

特にお年寄りは、年を取るにつれて、熱さ寒さの感覚がだんだんと鈍ってきます。

自分が思っている以上の温度になっていても、感じないこともあります。

そのため、若い人以上に、こたつで寝ないように、気を付けなければなりません。

 

若い人も、「まだ若いから大丈夫!」と、安心してはいけません。

こたつで寝るのが癖になってしまうと、年を取ってから、急に癖になっている行為を止めることなんてできません。

今から意識して、「こたつでは寝ない、寝てはいけない」と癖をつけておくことも大切です。

 

また、一人暮らしの場合などは、寝具の余分などないでしょう。

友人が泊まりに来た時に、こたつで寝ることがないように、対策をたてておくなど、配慮があるといいですね。

こたつで寝るのは危険!こんな症状出ていませんか?最悪は死も! まとめ

こたつで寝るのは危険です。

脱水症状や腰痛、風邪などになる可能性があります。

特に、脱水症状は、症状がひどい場合は、死に至るケースもあります。

大量に汗をかくことで、脱水状態になると、血液の流れも悪くなり、血栓ができて、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすのです。

お年寄りは、年を取るにつれて、感覚が鈍くなっていきます。

注意した方が良いでしょう。

なぜこたつで寝てはいけないのか、家族間で情報を共有しましょう。

その危険性に気づいていない可能性もあります。

こたつで寝るという行為は、お互いに声をかけあい、家族で協力しあうことで、防ぐことができます。

悲しい結果を招くことがないようにしたいですね。

スポンサーリンク