もうすぐ節分ですね。
節分と言えば豆まきですが、あなたは毎年豆まきをしていますか?
豆まきって昔から風習ですが、一体どんな意味があるのでしょうか?
なんとなくは知っていても、本当のところはよく知らないですよね~。

この記事では豆まきにどんな意味があるのか、どんな由来があるのか、分かりやすくお答えします!
これを読んで、あなたの周りで豆まきのことを知らない人がいれば、教えてあげてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも節分って何なの?

節分は、季節の変わり目を表す言葉です。
「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を節分と言って、元々は、春・夏・秋・冬の合計4回、節分は存在していました。
そのなかで、立春は1年の始まりとして重要な日だったので、次第に立春の前日のみを節分と言うようになりました。
ですから現在も、節分の日は2月3日としていて、1年に1度です。

では、なぜ節分に豆まきをするのでしょうか?
元々は中国の行事がルーツとも言われていますが、一体、いつから豆まきをするようになったのでしょうか?

節分に豆まきをするようになった由来は?

季節の分かれ目というのは、昔から邪気が入りやすいと考えられてきました。
昔の旧暦でいうと、元旦にあたる立春は、新年の始まりとして大切な日でした。
その前日である節分は、大晦日にあたります。

平安時代に大晦日の夜に行われていた追儺(ついな)と、1年に4回ある節分に行われていた豆打ち、邪気(鬼)を払うふたつの儀式が合わさったものが、豆まきの由来とされています。

【追儺(ついな)】
邪気を払い退散させる儀式。宮中の年中行事のひとつで、文武天皇の頃に伝わった中国の風習です。
鬼を払う役目の人が、仕様人を引き連れて、声をあげながら平安宮の中を練り歩きます。

【豆打ち】
いつから豆打ちが始まったかは分かっていませんが、南北朝時代にはすでに行事として存在していたようです。
その頃からすでに、「鬼は外、福は内」と唱えながら豆打ちをしていたという記述が残っています。

旧暦で大晦日の行事と節分の行事が混ざってしまい、このふたつの儀式は、江戸時代にひとつになりました。

節分の豆まきにはこんな意味があった!

昔から、穀物には生命力と魔よけの力があるとして、豆を信仰する考え方があったこと、また、豆を鬼に投げつけて滅する「魔滅(まめ)」に通じるとして、無病息災を願う意味を込めて、豆まきをします。
今のような豆まきが庶民に普及したのは、江戸時代からといわれています。

スポンサーリンク

ところで、あなたは「正しい豆まきのしかた」を知っていますか?
なんとなく豆まきをしているけど、それが正解か分からない・・・
そんなあなたの為に、正しい豆まきのしかたをまとめてみました。
参考にしてくださいね。

【正しい豆まきのしかた】
・豆は炒った豆を使用すること
まいた豆から芽が出るのは縁起が悪いとされているため、炒った豆を使用します。
市販されている豆まき用の豆は、炒ってあるので自分で炒る必要はありません。
豆は、当日の夕方まで、枡に入れて神棚にお供えします。

・豆まきは夜にすること
邪気(鬼)は夜に出るものですから、豆まきは夜に行いましょう。

・豆をまく人は、一家の主
豆をまくのは一家の主人とされています。
また、家族の中に、その年の年男や年女がいるならば、縁起が良いので、その人にまいてもらうようにしましょう。
厄年の人がいる場合も、厄を払うため、豆をまいてもらいましょう。

豆のまき方や掛け声は、地方によってしきたりが違うようですが、基本的には奥の部屋から玄関に向かって「鬼は外」でまいていきます。
鬼が出て行ってくれるように、窓や玄関は開けてまきましょう。
まき終わった部屋から、鬼が入ってこないように、すぐに窓や戸を閉めるのを忘れないようにしてくださいね!
最後に「福は内」で、玄関から家の奥へと豆をまいて完了です。

・必ず豆を食べよう
豆まきのあとは、自分の年齢より1個多く(数え年の分だけ)豆を食べます。
この1年、健康でありますように、厄除けを願いながら食べましょう。

どうですか、あなたのやり方は合っていましたか?
毎年、一家の主であるお父さんを鬼にして、子供が豆をまいていた・・・と、いう家も多いのではないでしょうか?
これを機に、正しい豆まきを家族やお友達に教えてあげるのも良いですね。

節分に豆まきするのはなぜ?ちゃんと意味や由来があった! まとめ

節分は、中国から伝わった追儺(ついな)という行事と、豆打ちの風習が、江戸時代に合わさって庶民に広がったものです。
穀物には生命力と魔よけの力があると信仰する考え方があり、魔を滅することにも通じることから、無病息災・厄除けを願い、豆をまくようになりました。
江戸時代から伝わってきた行事を、私たちで絶やすことなく、しっかりと後世にも残していきたいですね。
ぜひ、今年からは家族全員で正しいまめまきのやり方で、やってみましょう。
鬼や邪気は見えないものであって、鬼役がいなくてもかまいませんよ!

スポンサーリンク