夏が近づくと、小さな赤ちゃんを育てるママやパパは熱中症が気になりますよね?
小さな体の赤ちゃんは、体温調節の機能がまだまだ未熟で熱中症にかかりやすいんです。
屋外はもちろん屋内にいても熱中症に気を付けなければいけません。
そこで今回は、赤ちゃんの熱中症対策について対策や予防法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症の原因とは?

熱中症とは、気温の高い場所にいる事により体温を調節する機能が狂ってしまったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることで起こる症状の事を言います。
赤ちゃんは特に、体温調節機能が未熟なため、汗として水分や塩分症状がどんどん失われていくので、脱水症状になりやすいのです。

特に小さな赤ちゃんだと、ベビーカーに乗せて出掛ける事も多いと思います。
ベビーカーは地面からの放射熱で、気温よりも高い温度にさらされる事になります。

その為、ママやパパなどの、周りの大人たちが、注意深く様子を見てあげる事が大切です。

赤ちゃんの熱中症の症状

赤ちゃんの熱中症の初期症状には

  • ほっぺたが赤く、触ってみると熱い。
  • ぐったりとして元気がない。
  • おしっこの量が少ない。おむつが濡れていない。

などの症状が見られます。

初期には汗をたくさんかいたり、体温が高くなったりしますが、重症化してくると、熱けいれん、意識を失うなどの症状が出て、命の危険をともなう事もあります。

危険な症状としては

  • 汗が出ず、手足が冷たい。
  • 唇がカラカラに渇いている。
  • おしっこが6時間以上出ない。
  • ぐったりして呼びかけに答えない。
  • 顔色が青白い

これらの症状が見られたら、すぐに病院へ連れで行って下さい。
赤ちゃんは大人に比べて早く脱水症状が進んでしまうので、一分でも早く対応してあげる事が大切です。

赤ちゃんは「暑いよ、のどが渇いたよ」と言葉を発する事が出来ません。ですからママやパパは赤ちゃんからのサインを早く察知する事が重要です。

赤ちゃんの熱中症、予防や対策は?

命にもかかわる熱中症、そんな熱中症から小さな赤ちゃんを守るためにはどうすればいいのでしょうか?
予防法や対策をお教えします。

水分補給はしっかりと!!

お出かけの時には、赤ちゃん用の飲み物を持ち歩きこまめに飲ませてあげましょう。
ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、ミルク以外に赤ちゃん用の麦茶やイオン飲料などを飲ませてあげるのが良いでしょう。

母乳を飲んでいる赤ちゃんにも、こまめに母乳をあげられる様、授乳ケープを持っていくのがおすすめです。

スポンサーリンク

直射日光を避ける

直接日光を浴びない事も、予防法の一つです。
ベビーカーや車の窓に日よけをつけたりして直射日光を防ぎましょう。

外にいる時も帽子をかぶらせる、抱っこ紐に入れてのお出かけの時は、ママが日傘をさすなどの対策を取り入れてみて下さい。

熱をこもらせない

ベビーカーに赤ちゃんを座らせると、地面からの熱がベビーカーの中にこもりやすく、熱中症にかかりやすくなります。

そこでジェルの保冷剤をタオルにまいて背中部分に置いてあげたり、ベビーカー用の保冷シートを使う、ベビーカー用扇風機を使って熱を逃がしてあげましょう。

抱っこ紐にも、専用の保冷剤やシートなどもたくさんありますから、それを使うのがおすすめです。

またチャイルドシートに寝かせている時も注意が必要です。
背中に熱がこもりやすく、汗もかきやすいので同じように冷却シートを使ったり、こまめに休憩を取って水分補給をさせるなどして、赤ちゃんの様子を見てあげる様にしましょう。

室内でも要注意!赤ちゃんの過ごしやすい環境作りを心掛ける

室内にいても熱中症のリスクはあります。
大人が我慢できる環境でも、赤ちゃんにとってはしんどさを感じてしまう事だってあるのです。

ですから、室内の赤ちゃんの寝る場所、過ごす場所は26~28度、湿度は40~60%に保つように心がけて下さい。

その際に、熱中症は防げても、他の体調不良に繋がってしまうのでエアコン、扇風機の風は直接体に当たらないようにしてあげて下さいね。

赤ちゃんはとってもデリケート 快適な環境で過ごさせてあげよう

いかがでしたか?まだ小さな赤ちゃんには、様々な熱中症のリスクがあることが分かりました。
赤ちゃんは、自分の不調を言葉で伝える事が出来ません。

ですから、周りの大人のこまめな対策が必要になってきます。
大人でさえも、熱中症で倒れてしまう事も多いですからお出かけの時には、細心の注意が必要です。

かわいい赤ちゃんとの初めて過ごす夏、色々な所へお出かけしたくなりますが、まずは赤ちゃんの
体調を一番に考え、無理せずに過ごせるプランや方法を考えるようにしましょう。

そして日常生活でも、赤ちゃんにとって快適な環境作りを心がけたいですね。

スポンサーリンク