毎年春の訪れと共にやって来る花粉症。目のかゆみに鼻水…
せっかく春が来たのに何だか楽しめない。

ドラッグストアなんかでも様々な対策グッズが販売されているけど、でもそれって、その場しのぎの対策であって根本的な体質の改善にはつながらない…

そんな悩みを持つあなた。
花粉症に効果のある食べ物が身近にあるのを知ってますか?

スポンサーリンク

なぜこんなにたくさんの人が花粉症に?

まずは花粉症のについて、すこし説明しますね。

花粉症にも色々なタイプがありますが、一番メジャーな物と言えばスギ花粉でしょう。
現代人の多くの人がこの花粉症に悩まされています。
実はそこにはある理由があるんです。

まずは植林によるスギの木の増加、大気汚染などによる生活環境の変化。
そしてもう一つ「食生活の変化」も大きな理由として考えられるんです!

現代社会では便利になった反面、お肉中心だったり、インスタント食品、食品添加物など、アレルギーを引き起こしやすい食べ物がいっぱい!

かと言って、すべての食事を見直すのは難しいですよね
でも出来る事はやってみたい!そんなあなたに教えちゃいます!

現代花粉症対策に必須の知識!本当に効果がある食べ物や正しい摂取の仕方

花粉症と言えば、目や鼻の症状ですが、その対策として今注目されているのが腸内環境を整える事!なんです。
なんで腸?と思われるかもしれませんが、じつは腸は全身の免疫システムにとってとーっても大事な臓器なんです!
腸内の環境を整えると、ビフィズス菌や乳酸菌等の善玉菌が活躍して免疫細胞が活発に働きます。
その免疫細胞こそが、花粉症の軽減につながるんです!

そしてその腸内環境を整える食べ物の一つがヨーグルトなんです。

近年花粉症などに効果があると、人気の食べ物なので一度は聞いたことがあると思います。
でもこのヨーグルト、ただ食べるよりも、もっと効果的に食べる方法があるのを知っていますか?

それがこちら!

  • 乳酸菌は胃酸に弱いので、食後等胃酸の薄くなるタイミングで食べる。
  • 乳酸菌を助ける働きのある食物繊維やオリゴ糖の多く含まれる果物、
    野菜などと一緒に食べる。
  • 乳酸菌はだんだんと減るので、なるべく賞味期限に近いうちに食べる。
  • ヨーグルトをレンジでチンして乳酸菌を活性化

この様にひと手間くわえると、さらに効果がアップするんです!
食物繊維の多い食べ物には、乾燥プルーンやラズベリー、ブルーベリーなど
砂糖の代わりに、オリゴ糖やはちみつなどを加えて食後のデザートとして食べるのがおすすめです。

そして「レンジでチンして」と言う、え!!?と思うような食べ方ですがここにもしっかり理由があります。

実はヨーグルトに含まれる乳酸菌は、40度前後が一番増殖しやすいと言われています。

スポンサーリンク

目安としては人肌程度、逆に過度に温めすぎるとビフィズス菌が死んでしまうので要注意です。
作り方はとっても簡単!100~120gのヨーグルトを耐熱容器に入れて600Wのレンジで30秒ほどチンするだけ!
温めた時に分離しても、スプーンで混ぜれば元に戻ります。

加糖ヨーグルトには、砂糖やゼラチンなどが含まれていて、温めると性質が変化する事もあるので、プレーンタイプを使うのがおすすめです。

ホットヨーグルトにはこの他にも、血中コレステロールを下げるカルシウムの吸収率が良くなるダイエット効果も期待できますので、ぜひ取り入れてみて欲しい食べ方です。

そして、ビフィズス菌、と聞くとパッと想像しにくいですが納豆やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品にもビフィズス菌が含まれているんですよ。
これらも、食物繊維などの多い食べ物と一緒に食べて、効果アップさせるのがオススメです。

この他にも青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)にもアレルギー症状を抑える効果やストレス効果があると言われています。
花粉症にストレスは大敵ですから、一石二鳥の食材です。

青魚も効果的な食べ方があり、一番はお刺身で食べる事です。
加熱によってDHAやEPAが分解することはありませんが、焼いたり煮たりすると約20%、揚げ物だと約50%程のDHA、EPAが油と共に流れ出てしまいます。
これを出来るだけ防ぐには、ホイル焼きにして油を出来るだけ逃がさないようにする、フライパンに残った油を使いソースを作る、などの方法がありますよ。

調理方法や食べ方を工夫して効果アップをねらおう!!

いかがでしたか?現代人を悩ませるアレルギー症状花粉症
身近な食材を見直してみると、様々な効果をもたらしてくれる食材が
たくさんあります。

あれもこれもと取り入れようとして、ストレスがかかってしまうのは
逆効果ですから
まずは一つ、自分の好きな食材から試してみるのも
良いかもしれませんね

相性の良い食材同士を使って、新たなレシピを考えるのも楽しそうですし
体や健康の事を改めて考えるきっかけの一つになるかもしれません!

スポンサーリンク