最近流行りのハーバリウム
小さな瓶の中に、色とりどりの花を詰めて飾っておけば、それだけでおしゃれな部屋になっちゃいますし、見ているだけで何だか癒されますよね。

そんなハーバリウム、実は自分で簡単に作れるって知っていますか?

今回はそんなハーバリウムの作り方を紹介していきます。

スポンサーリンク

どんなものがいるの?100均でも買えるハーバリウム作りの材料や購入方法

ハーバリウム作りに欠かせない物は大まかに言うと

  • 容器
  • オイル
  • お花

この三つです。

まず容器ですが、100均にあるフタ付き瓶などでも良いですし、ジャムの瓶を再利用するのもOK!
通販や手芸店、ホームセンターなどでも専用容器が200円~400円程で購入出来ます。
初めての場合、花の出し入れがしやすい口の大きめの物を選ぶと、楽に作れると思います。

そして二つ目はオイルです。一般的には「流動パラフィン」と言う物を使うことが多いです。
こちらは通販で購入出来ますが、この流動パラフィンの代用として使えるのが「ベビーオイル」です!
これもどこにでも売っていますので気軽に挑戦できると思います。

ハーバリウム作りに使う場合は、無添加無香料タイプを選んでみて下さい。

ちなみに流動パラフィンはベビーオイルの原料でもあるんですよ

他にも本格的に作りたい方向けの「シリコンオイル」と言う物もあります。
もちなどが良いのですが、花が浮きやすくアレンジに多少テクニックが必要になって来ますので、初心者の場合は流動パラフィンやベビーオイルから始めるのが良いでしょう。

そしてハーバリウム作りの主役である花!
こちらもプリザーブドフラワー、ドライフラワー、造花などの種類があります。

プリザーブドフラワーは生花を特殊な液に浸し、着色をするなどの工程を経て作る物で、鮮やかさなど、本物の様な質感が長く楽しめます。
通販などで購入可能ですが、花によってはお値段は少し高めな物もあります。

ドライフラワーは生花を乾燥させた物で、プリザーブドフラワーに比べると質感は劣りますが、ナチュラルだったりアンティークな風合いを持った花材です。値段はプリザーブドフラワーよりかは少しお安め。
通販を始め、色々な場所で購入も出来ますし、自宅で作る事も可能です。

ドライフラワーを自分で作る場合は、ハンギングと言って好きな花を逆さにしてつるしておいたり、手芸店で売っている「ドライフラワー用乾燥材」を使うのも良いでしょう。

乾燥材=お菓子の袋なんかに入っているシリカゲルなんですが、粉上のシリカゲルをタッパー入れ花をつぶさないように中に埋めておけば簡単にドライフラワーが出来上がります。

次にご紹介するのは造花です。
これは100均でも簡単に購入出来ますし、お値段もプチプラ!
花以外にも葉っぱタイプだったりと色々な物が売られています。
まず初めの入門編として、手軽に始めるのにはぴったりの物ですね。

この他にも、最近はハーバリウム制作キットやワークショップなどのイベントもあります。
キットには、必要な材料が丸ごと入っていますし、ワークショップでは、専門の講師の方に色々とアドバイスを貰いながら作るので、コツなんかも教えてもらえる利点もあります。

100均で集めた材料で実際にハーバリウムを作ってみよう!方法やコツは??

材料が集まったら、早速ハーバリウム作りを初めてみましょう!

スポンサーリンク

まず一番最初にすることは、容器の消毒です。
やり方は煮沸消毒、アルコール消毒です。
消毒後は、カビの原因になる水分を、完全に乾かしてからハーバリウム作りを始めましょう。

これは、カビの繁殖を防ぎ、長く綺麗に保つコツでもあるので必ず行って下さいね!

消毒がキチンとおわったら、次は瓶の中に花を入れて行きます。ピンセットや菜箸など、使いやすい物を使ってバランスを見ながら中に入れ、大まかに位置を決めて行きます。
プリザーブドフラワーやドライフラワーを使う場合は花を壊さない様に優しく入れていくのがコツですよ!
大まかな配置が決まったらオイルを静かにゆっくりと注いで行きます。
あらかじめ、オイルを100均で購入出来るドレッシングのボトルの様な、口が細長い物に入れ替えておくと作業がしやすいです。ベタつきが気になる方はゴム手袋をして作業して下さいね!

ここで注意したいポイントが1つあります。
ハーバリウムはお花を入れた後にオイルを入れていきます。
すると、どうしても浮力でお花が浮いてしまう事があるんです。
特に最初は花とオイルと馴染みが悪く、位置がなかなか定まらない!なんて事があると思います。

浮きにくくする為には

  • メインとなる、枝が付いた長めの花を入れて、その周りを埋める様に小さめの物を飾ってみる
  • 花びら等を使いたい時は枚数を多めに入れて、ふんわりと詰めていくイメージで作る
  • 浮きやすい物、浮きにくい物を交互に入れていく
  • 造花の場合は、あらかじめ細めのワイヤー等で結んでおく

等の工夫をすれば上手く行くと思います!
オイルが付いていても、取り出してまた入れ直す事も可能ですから、納得行く仕上がりになるまでじっくりと作ってみて下さいね!

簡単にお洒落なインテリア空間に!世界に一つだけのオリジナルハーバリウム

どうでしたか?私も「ハーバリウムって難しそう」と思っていましたが、やってみると「簡単!面白い!!」と何本も作って並べて飾っています。

100均で買える材料でも作れちゃいますしハーバリウムを飾るだけで、一気に素敵なインテリア空間になっちゃうんです!

自分にはセンスがないからなぁ…と思われる人もいるかもしれません。
でも大丈夫!ハーバリウムには「正しい花の飾り方」は存在しません。
「自分の好きな花や色、形を好きに飾り付けていく事」、それがハーバリウム作りの面白さでもあります。

出来上がった後でも、いつでもこう言う風にやり直そう!これを足してみよう!
とアレンジする事も出来ますから、色々試してみるのもとても楽しいですよ。

ぜひぜひ!チャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク