皆さんは、日々お肌の乾燥で悩んでらっしゃいませんか?
このお肌の乾燥、特にこれからの時期はより一層深刻化しますよね。

しかし、お肌の乾燥と一口に言っても、それぞれの年齢によって悩みや対応の仕方を変える必要があります。
特に年齢を重ねた肌の乾燥は、若い時のお手入れ方法だけでは不十分な面があります。

そこで今回は、40代の肌をターゲットにお話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

40代の乾燥肌はターンオーバーが原因


40代ともなると、肌には次々と老化の兆しが現れ始めます。
その焦りからか、人によっては乾燥が気になりスキンケア商品を買い集め、
いつの間にか、かなりのアイテム数で費用もバカにならないうえ、
満足できるほどの効果も得られていないなんてことも聞きます。

しかも、この乾燥肌は、非常にデリケートで刺激を受けやすいため、
肌のために良かれと思っていろいろなアイテムを塗り重ねていくと、
それが逆効果で、肌ダメージに拍車をかけている場合さえあるのです。

40代の乾燥肌の原因とは?
実際に、若い頃とは違う40代からの乾燥肌の原因はどんなものがあるのでしょうか。

具体的には、

  • 肌のターンオーバーが乱れる
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 更年期
  • 睡眠不足や偏った食事
  • ストレス
  • 発汗・皮脂などの量が減少する

などが挙げられ、このように乾燥肌の原因は一つではないんです。

一般的に若くて健康な人の肌は、28日くらいで新しい肌に生まれ変わります。
これをターンオーバーと言いますが、これが40代では45日とかなり遅くなります。
遅くなることで、肌がくすんだり小ジワが増えたり、乾燥もその1つです。

毎月の生理の時など、女性の身体はホルモンバランスが乱れやすいものですが、
40代からは+更年期障害というものが待ち構えています。
更年期以外でも、睡眠不足や偏った食事、ストレスを溜めていると、
ホルモンバランスが乱れやすくなると言います。

肌が乾燥すると、肌から粉が吹いたり化粧のりが悪くなったりといった見た目だけでなく、皮膚掻痒症、皮脂欠乏性湿疹といった病気にも繋がりやすくなります。

しかし、40代以降でも乾燥知らずの人はたくさんいますので、
全てが加齢による要因ではないのも事実です。

実は、加齢より「若い頃と同じような適当な肌の手入れや生活習慣」や
「乾燥肌への間違ったアプローチの仕方」の方が問題となるのです。

特に、良かれと思ってやっている乾燥肌対策が逆効果になってしまっていることも
多いようです。しかし、正しい情報だけを自力で探すというのは実際には難しいですよね。

コレだけはやるべき!乾燥肌の改善対策

では実際にどうしたらいいのでしょう。
具体的な3点を挙げてみました。

  • 肌のお手入れ方法を見直すこと

乾燥が気になるあまり、やたら洗顔を繰り返したりクリームを多めに塗ったり、
厚化粧をしたりは全てNGです。
これらは、人が本来持っている肌のバリア機能を邪魔したり弱める可能性があるからです。これらを必要以上に洗い流してしまうと、保湿をしっかりやっても乾燥は止まりません。
つまり、肌のお手入れの基本は、本来備わっている肌のバリア機能を高めることなのです。

このため、注意・改善できる点は、

  • 皮脂を落とさない!(洗顔の際、ゴシゴシ洗いをしないこと)
  • 洗顔料を泡立て、肌に泡を伸ばすようにすること
  • 強い洗顔料・メイク落としは厳禁(低刺激のものをチャイスすること)
  • 厚化粧からナチュラルメイクに変えること

などが挙げられます。

スポンサーリンク
  • 睡眠、食事をしっかり摂ること

生活の乱れは年齢に関係なく肌にダイレクトに現れます。
「睡眠不足はお肌の敵!」と、昔から言われていますが、
睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れ、結果、乾燥肌や大人ニキビができたりします。
女性ホルモンは睡眠中に出るので、「睡眠不足=ホルモンバランスの乱れ」に直結します。
この睡眠も長時間という物理的なものではなく質が重要になってきます。

睡眠の質を上げる方法としては

  • 寝る前はテレビやスマホを見ないこと
  • アロマや音楽、読書などリラックス方法を取り入れること
  • 身体に合った枕・布団を使うこと
  • 朝、太陽の光を浴びること
  • 適度な運動を心がけること

などが挙げられます。

  • うまくストレスを解消すること

過度なストレスにさらされると、血管の収縮、男性ホルモンの増加、免疫機能の低下などが起こります。血液の収縮が起こると、酸素や栄養が肌に取り込まれにくくなります。

また、ターンオーバーなどにも乱れが生じ、肌表面のバリア機能が低下することで、
結果、肌あれを起こしやすく治りにくい状態に陥ってしまうのです。

また、男性ホルモンが増えると、大人にきびなどが増えやすくなります。
不要なストレスは避けたり、軽減する方法を身につけることが大事です。

食事で摂れる乾燥肌に効果的な成分!


肌トラブルには、つい化粧品に救いを求めがちですが、
加齢による乾燥肌には、何より肌に必要な栄養を摂ることも大事です。
乾燥肌に良いとされる成分には以下のようなものがあります。

ビタミンA:レバー、青魚、乳製品、卵など
ビタミンB:豚肉、大豆、納豆など
ビタミンC:レモン、パプリカ、ゆずなど
ビタミンE:ゴマ、アーモンドなどのナッツ類、アボガドなど
セラミド:こんにゃく、大豆、ひじき、わかめなど
α-リノレン酸:アマニ油・エゴマ油・魚油など

ビタミンAは、新陳代謝を活発にして皮膚のうるおいを保ってくれますし、
ビタミンBは、新陳代謝を活発にして、皮膚の炎症などを抑えます。
ビタミンCは、肌のコラーゲンを生成し活性酸素を除去してくれますし、
ビタミンEは、新陳代謝を活発にし、活性酸素や過酸化脂質を分解してくれます。
セラミドは、肌のバリア機能や保湿、この原料となったり、血流を良くする成分がα-リノレン酸です。

どれも肌にとっては大事な成分ですので、しっかり食事から採れるよう心がけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

肌の乾燥といっても、年齢に応じたケアが必要なようです。
加齢は悲しいことですが、今はいい化粧品もたくさん出ています。
自分の肌に合ったものを探しながら、毎日の生活習慣を見直して、素敵な美肌美人を目指していきましょう!

スポンサーリンク