みなさんは花火大会に行ってがっかりしたことはありませんか?

私はあります。花火大会ってたくさんの人でにぎわう分、マナーの悪さや花火が見えないなど、困ったことがいっぱい起こります。

私が行ったのは地元、びわ湖大花火大会だったのですが、そこでもやはり、困ったことがたくさんありました。

今回は、びわ湖大花火大会で場所が悪く花火が見にくかった話について、体験談とアドバイスを交えてお話ししたいと思います。これから花火大会に行かれる方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

びわ湖大花火大会の様子

有料席は高くてなかなか払えないし、無料席でいい場所を取ろう!と思って早めにいったもののすでに無料席も人だらけで、、、。
仕方なく人と人の間から見ることになってしまいました。
でも、やっぱりなかなか見えなくて。
私たちがあまり身長が高くないこともあり、周りの人たちが偶然身長やがたいが大きい人たちばかりだったため音しか聞こえない状態でした。

しかも、とてもマナーが悪い人が多かったことをよく覚えています。
あきらかに無理やりだと思えるくらい体を押されたり、潰されたり。
そんな状態でも全く謝ることもされなかったです。
足もたくさん踏まれたりして、友達と浴衣を着ていっていたため下駄を履いていたので、怪我をしてしまったりしました。
そこでも謝罪の言葉はなく、ふつうに常識的に考えておかしいなと思うことがたくさんありました。
自分のことだけではなく、見ているのはもちろん自分だけではないから他の人たちのことも少しは考えてほしいなと思いました。

私たちのように友達同士で来ている人たちばかりではないし、家族づれで来ている人たちもたくさんいます。
小さいお子さんがもし私たちと同じような状態になってしまったら、、、と考えると、少しの怪我では済まないと思うし、迷子になってしまうこともあると思いました。

やはりどんな場所であっても、公共の場にいる限り、自分のことよりもまず、周りの人たちのことを考えるのが大事なんじゃないかと思いました。

でも、そんな人たちばかりではなくて、優しい人たちももちろんたくさんいました。

「お姉さんたち背も低いし、その場所だと見にくいでしょう?こっちだと少しは見やすいしおいで」
などと声をかけてくださる人もいました。

その時は本当に嬉しかったのを今でも覚えています。
こんな人たちが少しでも増えてくれれば、私たちと同じように来てよかった、とてもいい思い出になった、などと感じる人が増えるような気がしました。

私もしてもらう側にずっといるのではなく、少しでも多くの人にそう思ってもらえるように、してあげられる側になりたいとすごく思います。
そして、地元のこの花火大会にたくさんの人が来てくれて、集まってくれて、他の県の人たちからも「行きたい!」などと思ってもらえるような花火大会になっていくことが理想なんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

そして、みんなで楽しめたらなと思っています。
今年もその花火大会に行く予定をしていますが、去年のようにはならないで欲しいと思っています。

びわ湖大花火大会

びわ湖大花火大会であったらいいもの

トイレは本当に必要だと思いますが、他にもあればよかったなと思ったのは、小さなゴミ袋です。
花火大会は本当にたくさんの人たちが集まってくるので、人だらけになってあまり思うように身動きできません。
それに、ゴミ箱もあまり多くは設置されていません。
屋台などにあまり大きくはないゴミ袋がおかれているくらいなので、商品を買う予定などがなければ近づくことは難しいし、近づけてもなかなか捨てることができません。
そうなると、ゴミをずっと自分で持っていなくてはいけないということになるので、とても邪魔になります。
そんな時に小さなゴミ袋があるとずっとゴミを持ち続ける必要もなくなり、もし歩いている時にゴミ箱があればまとめて捨てることができるからです。

びわ湖大花火大会に行ってきた体験談まとめとアドバイス

やっぱり花火大会には浴衣で行きたい!という人が多いと思いますが、しんどさや、苦しさを考えると、私服で行くほうが少しは楽なのかな?と思います。
でもやっぱり浴衣を着たい!と私も思うので、あまり帯をきつくしめすぎないようになど小さなことを心がけています。

あと、あまり大きい荷物を持って行かないほうがいいと思います。
邪魔になることはもちろんのこと、盗難などを事前に防ぐ、予防にもなるからです。
花火大会でものをなくしてしまうとほぼ確実と言ってもいいくらい、手元には帰ってきません。
なので、最小限の荷物で花火大会に行くことをとてもオススメします。

スポンサーリンク