羽毛布団から羽毛が出てくることってありますよね。

でも、調べても、穴が開いているわけでもない。不思議ですよね。

そんな時一体どうすればよいのか、困ってしまいますよね。
そんな困ったママさんは必見です。

家具屋さんで羽毛布団を販売していた私が、羽毛布団から出てくる羽毛を対処する方法を伝授します

スポンサーリンク

羽毛布団の羽毛が出てくるのはなぜ?


羽毛布団の側生地に、針穴くらいの目には見えない穴が開いただけでも羽毛は出てきます。
次から次へとどんどん出てきます。
皆さんも、ダウンジャケットなどで経験されたことがあるのではないでしょうか?

羽毛が出てくる原因として考えられるのはいくつかあります。

まず、単純にどこかに穴が開いていることが原因です。
小さい小さい穴だと探しても見つからないかもしれません。

また、側生地自体の劣化も考えられます。
どんなに大切に扱っていても、経年劣化は避けられません。
長い間使うことで、劣化した生地や縫い目から羽毛が出てきます。

側生地自体の良し悪しも考えられます。
側生地も色々な品質があります。
品質や縫製が良くない場合、羽毛が出てくることも考えられます。

できれば、購入するときに側生地の品質もチェックしておくようにしましょう。
ちなみに側生地のおすすめは超長綿です。
私は、スーピマ超長綿の側生地の羽毛布団、そしてフトンカバーを使っていますが、肌触りが全然違います。

私は家族や友人には、1日の1/3を過ごす布団ですから、この部分はケチらない方が良いよ・・・と言っています。
もちろん安くはありませんが、最低10年使用するとして、日割り計算をしたら、そんなに高くないはずです。

羽毛布団から出てくる羽根対策!

明らかに、羽毛布団の側生地に穴が開いている場合は、穴を塞ぎましょう。
羽毛布団を購入した時に、補修キットがついている場合があります。
これを使いましょう。

穴を塞ごうとして、布をあててまわりを縫ったりしないでくださいね。
針穴から羽毛が出てくるくらいですから、縫い目の穴から余計に羽毛が出てきて悪循環です。

また、生地の劣化や元々の生地や縫製が良くないのが原因の場合、対処するのは難しいです。
リフォームして、側生地を新しく作り直すなどしないと無理でしょう。

スポンサーリンク

羽毛布団を縫ってもいいの?

羽毛布団から羽毛が出てこないようにすることはできませんが、予防はある程度できます。

基本的に羽毛布団の側生地を守るために、ふとんカバーは必ずつけましょう。
日干しするときもカバーをつけたままで干しましょう。
太陽光で生地の劣化が早まるのを防ぐためです。
太陽光での日干しは、生地にとってはあまり良くありません。
側生地の劣化の予防を考えると、できるだけ陰干しし、日干しは極力回数を減らすようにしたほうが良いでしょう。


また、羽毛布団は繊細に扱いましょう。

どこかにひっかけたりしないように、そっと扱いましょう。
羽毛布団の穴の補修は、必ず補修キットを使い、針は絶対に使わないようにしてください。
その穴から一気に羽毛が出てきます。

羽毛布団から羽毛が出てくる!どうすればいいの!?まとめ

羽毛布団から羽毛が出てくる原因はいくつか考えられます。

穴が開いている場合は、購入時についている補修キットを使って穴をふさぎましょう。
針を使うと、そこからどんどん羽毛が出てくる羽目になります。
絶対に針は使用しないでください。

側生地の劣化が原因の場合は、対策がありません。
リフォームで、側生地の交換をするなどしか方法がありません。

羽毛布団を長持ちさせたいのであれば、とにかく側生地を大切に扱いましょう。
側生地の劣化と羽毛布団の寿命は比例しています。
どんなによい羽毛布団でも、側生地を大切に扱わなければ、劣化を早め、その羽毛布団の寿命を早めることになります。

出来るならば、購入の段階で側生地の品質もチェックして良いものを購入するようにしましょう。

スポンサーリンク