羽毛布団は、洗うと羽毛のたんぱく質が痛むので、洗わない方が良いと言われています。

でも最近は洗える羽毛布団・・・なんて呼ばれる羽毛布団も出てきてあれ?洗っても大丈夫なのかな?・・・などと思い始めた方もいるのではないでしょうか?

本当に洗っても大丈夫なのか、どうやって洗うのが良いのか・・・

気になることが沢山あるあなた、大丈夫ですよ!

家具屋さんで羽毛布団を売っていた私が、今回は、どんな方法で洗濯をするのが良いのか、簡単に洗濯できる方法を伝授します。

スポンサーリンク

羽毛布団って実は洗えるの!?羽毛を痛めないの?


あなたが持っている羽毛布団のタグを見てみてください。
洗濯できるかどうか表示に書いてあるはずです。

羽毛布団が洗濯できないと言われているのは、例えば洗剤の問題だったり、側生地のせいだったりします。羽毛布団のタグを見て、洗濯可能な表示であれば洗濯しても大丈夫です。

普通の洗剤は弱アルカリ性なので、その洗剤を使うと羽毛を痛める原因になります。
家庭で洗濯する場合は、中性洗剤を使用すれば問題ありません。

また頻繁に洗濯することは、羽毛布団の側生地を痛めることになります。
側生地が劣化して破れると、羽毛が出てきてそれこそ大惨事になります。
なので、普段は陰干しで風を通して湿気をとり、天日干しもたまにすれば良いというのも、実は側生地を痛めないためなのです。

天日干しも直射日光があたらないように、カバーをかけたまま干した方が側生地を痛めません。
側生地を守ることは長く使うことにつながりますが、ふとんがにおうようならば、一度洗濯してみましょう。

羽毛布団はこうやって洗えば大丈夫!

羽毛布団を洗おうとしたとき、考えられる洗濯方法は3つあります。
洗濯機で洗う方法、お風呂場で洗う方法、コインランドリーで洗う方法の3つです。

洗濯機は家にあり、すぐに洗うことができます。
シングルサイズくらいなら7kgの容量くらいであれば、洗濯可能です。
洗剤は中性洗剤で洗いましょう。
洗濯ネットに入れるのを忘れないようにすることと、ふとん洗いコースで洗うようにしましょう。
洗濯機をまわすだけなので、手軽に洗うことが出来ますね。

お風呂場で洗う場合は浴槽で洗います。
手で押し洗いするのは大変なので、脚で踏んで洗います。
激しくするのは羽毛に良くありません。
お風呂場で洗った場合、脱水ができないので水をきるのが大変です。
何度か水を替えて洗剤を流しますが、ちゃんと洗剤がとれているのかどうかも気になりますし、慣れていないと結構大変な作業になります。
なので、個人的にはあまりおすすめしません。
私の場合は、部分的に汚れてしまい、部分洗いする場合だけ家で洗います。

洗濯機やお風呂場などで、羽毛布団を洗濯した場合は、干した時も
乾くまで時間がかかります。
1日では乾ききらないので、何日か晴れる日にしっかりと干すようにしましょう。
しっかりと干さないと、カビなどの原因にもなります。
なので、完全に乾かすようにしてください。

スポンサーリンク


コインランドリー
で洗う方法ですが、お金がかかるのと、わざわざ行かなくてはいけないので、面倒に感じるかもしれませんが、一番手早く終わる方法です。
乾燥までしっかりして、生乾きがないようにしましょう。
羽毛布団を1点だけ洗うと偏ってしまうので、2〜3枚を一気に洗うほうが均衡が取れるのでうまく洗えます。
1枚づつ軽く紐でくくると、布団同士のもつれ防止や生地を痛めるのを防ぐことができます。

羽毛布団の洗濯は、出来れば1〜2年に1度くらいはした方が良いでしょう。
私は1年に1回くらい、コインランドリーで洗濯しています。
5年に1回くらいクリーニングに出して、しっかりと洗ってもらえば安心して使い続けることができるでしょう。

洗濯不可の羽毛布団だったらどうすればいい?

ではもし、持っている羽毛布団が洗濯不可だった場合は、洗えないのでしょうか?

その場合は、クリーニング屋さんに相談してみましょう。
羽毛布団を専門に扱っているところのほうが、色々なケースを経験していることと、しっかりと対応してくれるので安心です。

近所のクリーニング屋さんでも、羽毛布団を受け付けてくれて、洗うのは専門の提携している業者さんへ頼んでいる場合もあります。
いつも利用している信頼できるクリーニング屋さんに、一度聞いてみるのも良いでしょう。

なかには「羽毛布団専門でクリーニング回収にまわっています・・・」
などと訪問してまわる業者もいますが、本当にちゃんとしてくれるのか、法外な値段を後で請求されないか、いろいろ心配ですので、事前にしっかりと調べてからクリーニングに出すようにしましょう。

洗っても大丈夫な羽毛布団・・・おすすめ洗濯方法を簡単解説まとめ

洗濯可能な場合、洗濯機で洗う方法とお風呂場で洗う方法、コインランドリーで洗う方法などあります。
お風呂場で洗うのは、慣れていないと大変なので、あまりおすすめできません。
洗濯機で洗うときは、洗濯ネットに入れて、ふとん洗いコースで洗いましょう。

羽毛布団を完全に乾かすのは想像以上に大変ですが、きちんと乾かさないとカビの原因になります。
お金はかかりますが、コインランドリーで洗うのが一番手軽で手早く終わらせることができます。

羽毛布団に付いている洗濯表示のタグをみて、洗濯不可の場合はクリーニング屋さんで相談してみましょう。
色々なケースを対応されていますので、相談にのってもらえます。

できれば1〜2年に1回洗濯するようにして、5年に1回くらいクリーニングでしっかり洗ってもらうようにすれば、長くキレイに使うことができるでしょう。

スポンサーリンク