妊娠初期である四か月を過ぎた五か月目に入ると、ようやく安定期と呼ばれる時期に入ってきます。
この安定期ですが、胎盤などが安定して体調も人によりますが比較的楽になります。

そんな安定期にこそ行っておきたいのが、「戌の日」です。

安産祈願という意味合いで安定期に入ったらぜひ行っておきたい戌の日ですが、仏滅にぶつかってしまう!という人もいらっしゃいます。

今回は、仏滅の日に戌の日をしてもいいのか、ということをご紹介していきます。

スポンサーリンク

仏滅の日に安全祈願はNG?


まず、戌の日とは十二干支の戌に当てはまり、日本の古来より受け継がれてきた伝統行事の一つになります。日本のみに語り継がれる行事で、戌の日には妊婦さんはお腹に帯を巻いて神社でお祓いをしてもらいます。お祓い後には祝詞奏上があり、授与品などを受け取ります。

めでたい日ということもあるので、できれば大安に行きたいと考える妊婦さんも多いでしょう。
ご家族の仕事の都合などでどうしても仏滅になってしまうこともありますね。

ちなみに、戌の日は毎年カレンダーでいつなのかがわかります。
確認したら、戌の日に当たる日が仏滅だった、という人もいるでしょう。

でも、ご安心を。絶対に仏滅がダメ、ということはありません。

近年、こういった日本行事を大切にする人が増えた結果、安定期に入ったとはいえ身重の妊婦さんに無理をさせてはいけないと、日付をずらしたりしています。
時期によってはお祭りや年末年始を被ってしまうため、リスク軽減のため別の日取りもよいとされています。
ですので、仏滅だからといって行ってはいけないというわけではなりません。

他にも、神社などの神道は六曜と呼ばれる(大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅)の六つとは関係ないといわれています。
なので、問題はありませんが、気持ち的に嫌だな、と思うのであれば避けても問題はありません。
自分の体調や家族との予定を調整して、落ち着いた日に行けばいいです。
ほとんどの神社で安産祈願はやっていますので、焦ることはありません。

五か月を過ぎての戌の日のお参りはいいの?

妊婦さんの体調が中々安定しなかったり、付き添いの家族の予定などで中々行けない場合もあります。

やっと予定や体調が安定したと思えば戌の日が過ぎていた…なんて方もいらっしゃるでしょう。

戌の日はあくまで目安になります。
12日周期で戌の日は訪れますので、焦る必要はありません。
仏滅と一緒で、妊娠五か月を過ぎてお参りをしても大丈夫になっています。

また、妊娠五か月前に戌の日のお参りをしても問題はありません。

戌の日は安全祈願でもあり、お腹にいる赤ちゃんが無事に生まれますよう、という願いを込めて行います。
ですので、焦って当日に行ったりせず、自分の体調とよく相談しましょう。

体調が安定しないからといって無理をしてしまっては、後々辛いのは妊婦さんですので、くれぐれも無理はしないように。

スポンサーリンク

ですので、人によりますが、安定期に入る五か月より前に体調が安定し、予定が合うのであれば行っても構いません。
もちろん、六か月を過ぎて安定してからでもいいですし、出産までつわりがある人は無理せずにしましょう。

あくまでこれらは目安ですので、五か月に入ったから絶対に行かなきゃ!というわけでもありません。

また、戌の日は、妻の親から帯体をいただき、それをお腹に巻いて、両家の両親とお参りをする、という流れが通常です。
妊婦さんがいないと始まらない行事ですので、妊婦さんの体調が一番優先されます。

戌の日はお参りだけで祈祷なしでも問題はない?

お参りだけなら体調はいいけど、祈祷までは体力的に無理、という人もいます。
その場合は、お参りだけでも問題はありません。
厄年で厄払いをしない人と同じで、祈祷をしなくても大丈夫です。

お参りだけならお金もかかりませんが、祈祷をするとなるとお金がかかってきます。
神社によって金額は違いますが、初稲料に一万、帯体に五千円ほどかかってくると、中々の出費です。
金銭的なものもありますので、祈祷なしでお参りだけでも大丈夫ですので安心してください。


人によっては安産祈願をしない人もいますので、無理やりにする必要はありません。
夏の暑い時期や冬の寒い時期に長時間外にいては、妊婦さんの体調にもリスクが生じしてしまいます。
せっかく安全祈願で来たのに体調を崩しては元も子もありません。
無理だと感じれば、お参りだけにして祈祷はせずに帰りましょう。

また日を改めて祈祷をすればいいのですから、焦らずに行きましょう。

お参りだけなら近くの神社で済ませられますし、気分転換にもなります。
散歩がてらお参りしてみるのいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

初めての妊娠は何かと心配や不安があります。

赤ちゃんの安全を願ったお参りもやっておきたいところですが、体調には気を付けましょう。
妊婦さんの体調が優れなければ戌の日などの行事は行わなくても問題はないので、やるとしても安定してからにしましょう。

妊婦さんだけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも無理をせず、ゆっくりと過ごしましょう。

色々と気がかりになるかと思いますが、安定期に入れば、安心も増えます。

戌の日は日取りなどに捕らわれず、妊婦さんの体調と相談しながら行いましょう。

スポンサーリンク