妊娠された方なら一度は「戌の日」について調べますよね。

お腹の中の子の安産祈願を願って安定期に入った頃に行くことが多いですが、祈祷はされますか?

祈祷って必要なの?お参りだけじゃいけないのかなと疑問にも思いますよね。

今回は、戌の日のお参りに必ず行くべきかどうか、祈祷は必要か、別の日はだめなのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

戌の日には水天宮でお参りしなきゃダメ?


まず、戌の日はお腹の中にいる赤ちゃんが無事に生まれますように、ということを願って神社などにお参りすることをいいます。
日本古来の行事と言われており、今でもお参りされる方は数多くいらっしゃいます。

安産祈願といえば、水天宮でのお参りが有名ですよね。

水天宮とは日本全国にある神社の名所の一つで、安産にご利益のある神社のことを言います。
日本全国にありますので、自宅から近い場所で行うといいでしょう。

また、水天宮は安産祈願や子宝を願う場所として有名で、毎年大勢の妊婦さんが訪れる場所です。

有名な水天宮は東京にある東京水天宮ですね。
わたしもここでご祈祷を受けましたが、戌の日に関わらず、土日には行列が出来るほど混んでいます。
それだけ人気が高いんでしょう。

東京水天宮の初穂料は五千円、安産御守と呼ばれるものも売っており、こちらはお払い済みで四千円、昔ながらのさらし腹帯が三千円ほどかかります。

お参りだけなら五千円ですが、御守などを購入すると九千円ほどかかります。
ですので、お参りの際には一万円ほど持っていくと安心でしょう。

しかし、多くの妊婦さんが訪れるからと言って、必ず行かなければいけない場所ではありません。
自宅から水天宮が遠かったり、体調が優れなかったりする場合は無理してはいけません。
せっかく安産祈願に訪れたのに、お母さんの体調が悪くなっては意味がありませんから。

水天宮でお参りをするのが確かにベストだとは言われていますが、決してはここでなくてはいけないわけではないので、自宅近くの神社でも構いませんよ!

戌の日に安産祈願しないとだめなの?

戌の日はあくまで、この日に安産祈願したらいいよという目安です。
具体的には、妊娠の五か月目、いわゆる安定期に入ったぐらいに行くのが一般的ですね。
これは、安定期に入れば胎盤が安定し、妊婦さんの体調も初期に比べて楽になるからです。
流産の可能性も低くなり、軽い運動を取り入れても大丈夫な時期ですね。

戌の日は五か月目に入った最初の戌の日に行くといいと言われています。
五か月目の最初の戌の日は、マタニティグッズが売られているお店などにカレンダーが貼っていたり、ネットで調べたりできます。
戌の日は12日間隔で来ますので、一度調べてみるといいでしょう。

そんな戌の日ですが、絶対に安産祈願をしないといけないわけではありません。
妊婦さんにもよりますが、体調が必ず安定するとは言い切れません。
体調もそうですが、病院で安静を言い渡されてしまえば外出すら難しいと言えるでしょう。
ですので、必ず行かなければいけないわけではありません。
自分の体調と相談したり、家族と日程調整をしてからでも問題はありません。

また、戌の日はあくまで目安と言われていますので、戌の日以外の日で、体調的に問題がなければその日でも構いません。

妊娠五か月目は安定期とは言われていますが、妊婦さんはいつ何があるかわかりませんので、自分の体調とよく相談しましょう。
ですので、体調が良ければ安定期に入る前でも問題はありません。

スポンサーリンク

仏滅や大安といったいわゆる六曜を気にされる方もいますが、神社などの仏教ではあまり意味がないです。
気分的に嫌であれば別の日に変えてもいいんです。

安産祈願に行かない人もいるって本当?


もちろん、安産祈願に行かない人もいます。
家庭の事情であったり、妊婦さんご自身の体調など理由は様々です。

神社まで行くのが辛いという方もいます。

一人目はいったけど、二人目は小さい子供もいて難しかった、というママ友もいます。
ので、必ず行かなければいけないわけではありません。

行かないと安産出産でない、ということもありません。
あくまで安産祈願は無事に赤ちゃんが生まれますようにとお願いしに行くだけなので、そこまで神経質にとらえる必要はないのです。

妊婦さん一人で行くとなると何かあった時大変ですので、旦那さんや両親と行くのがベストですが、それも難しい方もいます。

もちろん戌の日は知っているけど、さして興味がない、という人もいます。

体調に余裕があって、旦那さんも付き添ってくれるのであれば、行っておいて損はないでしょう。

また、祈祷などはお金もかかってしまいますし、時間も長かったりします。
ですので、お参りだけで済ませてしまう方もいらっしゃいます。

その時の自分の体調に合わせてどうするかなどを決めるといいでしょう。

冬にお参りにいくのであれば、服装は気をつけてくださいね。
冬の安産祈願の服装で気を付けること!靴や寒さ対策のアドバイス

お参りだけでもしておけば、両親も安心しますし、自分の気持ち的にも安心感が生まれるでしょう。
ですが無理は禁物なので、その辺は臨機応変に対応していくようにしましょう。

体調がすぐれないけどどうしてもお参りしておきたい!って人がいれば、旦那さんやご両親に代わりに行ってもらったり、お守りを買ってきてもらうのもありだと思いますよ。

まとめ

戌の日と言われると何か難しいことをするのかと思われる方もいますが、わたしは赤ちゃんが無事に生まれてきてほしいという気持ちと向き合う儀式かなと思います。

お参りは神社に訪れるだけですので、気分転換にもなるからと行く方も多いです。
こちらも自分の体調と相談してから行くかどうかは決めましょう。

行っておけば気持ちにもゆとりが生まれますので、行くことはおすすめします。
私は4人産みましたが、4人とも安産祈願に行きました。

ですが、人により事情は様々あります。
周りから行かないのか、と言われても決しては無理はしてはいけません。
自分がいかないと決めたなら行かなくていいのです。

近くの神社に散歩がてら行く、というのでもいいです。
自分に合ったスタイルで、赤ちゃんが無事に生まれてくることを願いましょう。

スポンサーリンク