外出から疲れて帰ってきた時、ゆっくり部屋で足を延ばしてゆっくりしたくても、外からの視線が気になる!なんていうことも、住んでらっしゃる環境によってはあるかもしれません。

自宅のプライバシー保護に、窓ガラスに目隠しシートを張っているご家庭もあることでしょう。
しかし、その目隠しシートも長く張っていると、劣化して張替えをする必要があったりと少し手間がかかります。

そこで今回は、窓ガラスの目隠しシートの剥がし方ややってはいけない剥がし方、剥がす時に使える便利なグッズも紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

窓ガラス目隠しシートの剥がし方


まず、窓ガラスの目隠しシートの種類ですが、
水だけで簡単に貼れる&剥がせるものや粘着が強いものまで様々あります。

簡単に取れるものについては問題ないと思いますので、
今回は、しっかり粘着のある剥がすのが難しい目隠しシートの基本的な剥がし方をご紹介いたします。

 

【剥がし方】

  1. ドライヤーでガラス全体を温めます。
  2. 接着剤や糊を柔らかくするため、古新聞を温水にひたして剥がしたいフィルムにあて、約30分放置します。
  3. カッターなどで、目隠しフィルムの上部角を指でつまめる程度に引き起こし、ゆっくりと剥がしていきます。
  4. 一気に全部剥がれそうにない場合は、フィルムの上端にカッターで切り込みを入れて、小分けして剥がしていきます。

 

フィルムを剥がした後は、接着剤や糊が残っていることがあります。
残った接着剤や糊は、雑巾で拭いてもなかなか取れませんのでその際の仕上げ方を紹介します。
これでびっくりするくらいキレイに剥がすことができますので、ぜひ参考にして下さい。

 

【仕上げ方】

  1. 中性洗剤を水で薄めた洗浄液(水7:中性洗剤3)をつくり、霧吹きに入れます。
  2. 霧吹きに入れた洗浄液を窓ガラスに吹き付け、少し時間をおきます。
  3. その後、スクレーパーを使い、付着している接着剤や糊を削ぎ取ります。
  4. 接着剤や糊がキレイに落ちるまで2から3を繰り返します。
  5. 最後は雑巾で窓ガラスをきれいに掃除します。

 

注意点としては、スクレーパーを使う前に必ず洗浄液を窓ガラスに吹き付けて下さい。

こんな剥がし方はNG

絶対にやってはいけない剥がし方は、剥がす際の前準備を何もせず力任せに行うことです。

「ドライヤーで窓ガラスを温めない」「古新聞を温水にひたして剥がしたいフィルムにあてることをしない」など、前準備が手間だと行わなかった場合、絶対きれいに剥がすことは出来ません。接着剤や糊が大量に残ってしまいます。

目隠しシートを綺麗に剥がすための便利グッズ


実際、目隠しシートを窓に貼る時は、施工剤を吹き付けると簡単に貼ることができるのですが、
剥がす時はなかなか剥がれず、最終的に接着剤や糊が沢山残ってしまうという状態も起こります。

そんな悲しいことにならないように、ここからは目隠しシートを簡単に剥がすことのできる、
おすすめ便利グッズを紹介していきたいと思います。

◇スリーエム(3M) フィルムはがしラクラク1缶(420mL)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スリーエム(3M) フィルムはがしラクラク1缶(420mL)
価格:1609円(税込、送料別) (2018/8/9時点)

この商品は、接着剤付き塩ビフィルムや期間が経って剥がれなくなってしまったフィルムに重宝!
フィルムを浮き上がらせ、簡単に剥がすことが出来ます。剥がした後に残った接着剤や糊も落とすことが出来ます。

◇ガラススクレイパー

スポンサーリンク

この商品は、目隠しフィルムを貼る前の掃除や剥がす時に使用します。
使用する際は、必ず施工剤を吹き付けながら使用しましょう。

◇メラミンスポンジ・激落ちMEGA 4個入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激落ちメガ S-809(4コ入)【激落ち(レック)】
価格:996円(税込、送料別) (2018/8/9時点)

この商品は、万能な場面で使えるおすすめアイテムです!
残った接着剤や糊の状態にもよりますが、
基本的には、窓に水を吹き付けた後、このメラミンスポンジで擦り接着剤や糊を浮き上がらせ拭き取ります。

まとめ

いかがでしたか?
窓ガラスの目隠しシートについての剥がし方ややってはいけない剥がし方、便利グッズをご紹介しました。

もう一度剥がし方のおさらいをしましょう。

 

【剥がし方】

  1. ドライヤーでガラス全体を温めます。
  2. 接着剤や糊を柔らかくするため、古新聞を温水にひたして剥がしたいフィルムにあて、約30分放置します。
  3. カッターなどで、目隠しフィルムの上部角を指でつまめる程度に引き起こし、ゆっくりと剥がしていきます。
  4. 一気に全部剥がれそうにない場合は、フィルムの上端にカッターで切り込みを入れて、小分けして剥がしていきます。

 

【仕上げ方】

  1. 中性洗剤を水で薄めた洗浄液(水7:中性洗剤3)をつくり、霧吹きに入れます。
  2. 霧吹きに入れた洗浄液を窓ガラスに吹き付け、少し時間をおきます。
  3. その後、スクレーパーを使い、付着している接着剤や糊を削ぎ取ります。
  4. 接着剤や糊がキレイに落ちるまで2から3を繰り返します。
  5. 最後は雑巾で窓ガラスをきれいに掃除します。

 

また、絶対にやってはいけない剥がし方は、剥がす際の前準備を何もせず力任せに行うことです。

自宅で安心してくつろげる空間を確保するために、うまく目隠しシートを利用して下さいね。

スポンサーリンク