仲の良いお友達やお世話になっている先輩が赤ちゃんを産んだ!

早く顔が見たいな
お祝いを渡さなきゃ
なにを贈ろう
とウキウキしてしまいますね。

でもちょっと待ってください。
産後はお母さんの体力も弱っていますし、慣れない子供のお世話であわあわしているかも。
相手のことを思いやり、まず事前に確かめておいた方がよいことがあるのでそのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

出産祝いを送る時期

出産祝いは健やかに育ってほしいという気持ちを込めて贈ります。
生後七日から1か月の間の贈りましょう。
目安として、母子ともに退院してお七夜がすんだあとからお宮参りの間が一般的です。

本来なら持参して手渡ししたいところですが、産後のお母さんは身体が弱っているので
勢いあまって病室に押しかけるのはマナー違反。
産婦と新生児は静養が必要なので入院中や出産直後の訪問はなるべく控えましょう。

退院してしばらくは、赤ちゃんへの授乳や夜泣きなど育児が始まりお母さんは大変です。
訪問するよりも宅急便を利用したほうが迷惑になりませんね。

直接お祝いに訪ねるのであれば、産後2~3週間たった後にして、大人数で行ったり食事の時間をさけて伺うのがマナーです。
お母さんの体調を考え、早めにおいとましましょう。

出産は必ずしも安産な人ばかりではありません。
お祝いを送る前に母子の容態をきちんと確かめましょう。
難産だった場合、お母さんま赤ちゃんも相当体力を消費しています。
回復を待ってお祝いをしましょう。

連名で贈る場合の出産祝い

職場の同僚や友人同士など連名でお祝いを贈るなら、
すこし高価なものも贈ることができます。
その場合、消耗品とは違いますので
本人に希望のものやデザインを聞いてみるのも一つの手です。
長く使うものは気に入ったものを使いたいというのが本音でしょう。
贈り物の予算を伝えれば
希望のものも言いやすくなります。

スポンサーリンク

出産祝いは何を贈ると喜ばれる?

出産直後に必要になる産着などは
産前にそろえていることが多いので
おしゃれなお出かけ用のベビー服や
オーガニック素材のもの、
おむつなどの消耗品が喜ばれます。

第2子の誕生は特に
持っているものと重複を避ける意味でも
希望のものを聞いてみるのもいいと思います。

わからない場合は
物入りの時ですので現金や商品券が
喜ばれますよ。

また出産祝いの贈り物というと赤ちゃんのものを想像しがちですが、
出産という大仕事を成し遂げたお母さんへ労をねぎらう気持ちで贈り物をするのもよいですよ。
お母さんは赤ちゃんのものには気がいって用意したり揃えていても
これから自分が必要になるであろう物は意外と抜けていたりします。

少し大きめで防水加工されたマザーズバッグや
着脱しやすくお散歩しやすい靴など
実用的なものがいいでしょう。

出産祝いのまとめ

出産祝いは赤ちゃんが初めてもらうプレゼント。
かわいいお洋服や木のぬくもりを感じるおもちゃなど
選んでいるだけで楽しくなってしまいますよね。

オムツケーキは見た目も可愛くて
かつ実用性が高いので
おすすめのプレゼントです。

お母さんにも赤ちゃんにも嬉しいプレゼントを
贈れるといいですね(^^♪

スポンサーリンク