七五三・・・
3歳、5歳、7歳を祝う行事ってことはわかる。
自分もやった記憶はあるけど実際何をすればいいのか、何のためにいつすればいいの?!
よくわかんないけど、やった方がいいのかな?

なじみのある行事ですが知らないこともあって不安ですよね。

親子で楽しく七五三を迎えれるよう、知っておきたいポイントをまとめました。

スポンサーリンク

七五三って何の日?

七五三は子供が無事育ってくれたことを感謝し、これからの健康と幸福を祈って神様にお参りする行事です。
今ほど医療が発展していなかった昔は、幼い子供が亡くなることも珍しくなかったので、7歳までは神の子と言われていました。
そのため、3歳、5歳、7歳の節目で成長したことをお祝いし、これからも無事大きくなれるように願いお参りするようになったのです。

もともとは宮中の行事で、
3歳になると髪を伸ばし始める「髪置(かみおき)」
男の子は5歳になり初めて袴を着る「袴着(はかまぎ)」
女の子は7歳から大人の帯を締める「帯解(おびとき)」
の儀式が行われていました。

七五三のお参りの時期はいつ?

11月15日が「七五三の日」とされています。
15日が平日になることもあるのでご家族でお出かけしやすい15日前後の土日祝日にお祝いされる方が多いようです。
この時期の神社は七五三の参拝客で大変込み合いますので、合えて時期をずらす方も増えています。
涼しくなってきた9月の終わりごろから晴れ着のお子様を見かけるようになりました。あまり遅くなると年末のバタバタで忙しくなってくるので12月初旬までにすませておきたいですね。

おじいちゃん、おばあちゃん、親戚もお招きするなら夏休みなどで集まった際にみんなの都合が合う日を決めておくのがいいですね。
境内で写真撮影を希望されるなら、なるべく時期を外すのがいいですよ。
11月の込み合った神社ではほかの方の迷惑になりみんなそろっての集合写真が撮りずらいですし、待ち時間が長いと子供たちもダレてしまいせっかくの晴れ着や髪が崩れてしまうこともあります。

私は少し早めに10月の中旬を過ぎた日曜日を選びました。雨だったこともあり、都内の有名神社でも境内は人もまばらで私たちのほかに2組だけだったのでスムーズに参拝ができました。
待ち時間もなかったので子供たちもニコニコしたままご祈祷を受けれて、家族で集合写真も気兼ねなく撮れました。

神社によってはご祈祷の予約が必要ということもあるので、参拝する神社を決めたら確認しておきましょう。

スポンサーリンク

七五三やったほうがいい?

我が家では写真撮りはハウススタジオで8月頃に済ませていました。
母親に「いつにするの?」なんて言われて両家の予定が合う日にちを決めたけれど
正直(なんかめんどくさそうだし、写真は撮ったし、やってもやんなくてもどっちでもいーや)って思っていました。

当日朝も雨が降っていたことで(もうやらなくてもいーかも)なんて心の中でつぶやいたり・・・
しかし、娘が日本髪を結ってもらったり、息子が着付けてもらっているのを見ていると子供たちの表情が普段は見せない凛とした顔に変わっていったのです。
恥ずかしそうにおどけながらもたくましい顔が見えました。
その時、(成長したな!)って思ってモヤモヤした気持ちは吹っ飛んでいきました。
前が降ったことも「空いてそうだしいいかも」と前向きにとらえ笑顔で参拝することができました。

そして、その雨の中同行してくれた両家のおじいちゃん、おばあちゃんにもいつもありがとうと自然に思えたのです。

子供たちのおかげで気持ちを正せたし、神様やいつも助けてくれる両親たちに感謝の気持ちを伝えることができました。
終わってびしょ濡れのお着物を脱ぎながら、「あーーやってよかった!」と心から思いました。

まとめ

やってもやらなくても子供は元気に育ってくれたし、これからも育っていくと思います。
でも、少し大人びた顔をみれるとびっきりのチャンス。
晴れ着を着た誇らしそうな顔は普段はなかなか見れないですからね。
子供の成長を感じ、周りの人に感謝できる機会!
完璧にやる必要なんてなくて、難しく考えず家族で楽しくお参りできればいいんです。

迷っているそこのあなた!やったらいいですよ(^^♪

スポンサーリンク