秋の果物といえば、リンゴやぶどうが旬ですよね。
なので、秋に果物狩りに行くならリンゴ狩りかぶどう狩りが食べごろでいいですよ。

私も10月の中頃に北海道余市山本観光果樹園のリンゴとぶどうの果物狩りに行ってきたので、そのときの体験談をご紹介します!

おすすめは、お土産の○○がジューシーでおいしいですよ!

スポンサーリンク

北海道余市山本観光果樹園に行ってきた

私は3人の娘を持つ母で、その果樹園に行ったのはもう20年以上前の事です。
それまで私の実家は、車で6時間以上かかる遠いところにありました。

けれども父の定年をきっかけに、本人たちの体力の衰えや、近くに住みたいという希望もあって近所に引っ越してきました。

その際、母や父と、子供たちと一緒に楽しめるイベントをと考えていたら、たまたま見つけた新聞の折り込みチラシを見て「これはたのしそう!」と思い、そのツアーに申し込みました。

参加時期は10月の中頃だったと思います。

その日の天気は快晴で、10月なのにとても暖かく、北海道では珍しいほどでした。
一日とても過ごしやすく、時折汗ばむほどでした。

ツアーで参加したので交通の便が良かったかどうかはよくわかりませんが、札幌からは2時間ほどで着いたと思います。

 

北海余市山本観光果樹園

北海余市山本観光果樹園内の様子

一緒にツアーに行ったメンバーは、私と母、父、そして当時8歳、7歳、2歳の三人の娘でした。

実際に果物狩りに参加した際、農園の人がとても親切に案内してくれて、「おいしいぶどうの見分け方」や「どこから食べたら甘いのか」とか、多少のジョークも交えて教えてくれました。

コースの案内もスムーズで、人が詰まることもなかったのでストレスなく回ることが出来ました。

父も母もつるに生っているぶどうを食べたのは初めてだったのでとても喜んでいたし、子供たちも楽しそうでした。

果物狩りの順番は、ぶどうを食べてからリンゴの食べ放題に行きました。

木になっているリンゴをもいで食べる、という経験も初めてでしたので、みんな嬉しそうでした。

おなかいっぱいぶどうやリンゴを食べましたが、それ以上に心の中も幸せな気持ちでいっぱいになったのを覚えています。

秋の日の一日の思い出として今でも話題に上ります。

スポンサーリンク

また、北海道余市山本観光果樹園のおすすめのお土産は、山本観光果樹園特製アップルパイです!
大ヒット商品のようで、入園する前に予約される方もいると聞きました。
通販もやっているようですが、せっかくなら出来立てがジューシーでおいしいですよ~!

また、アップルパイだけでなく、リンゴとぶどうの果汁100%のジュースとジャムもありました。「四季彩の丘」というブランド名です。

他にも、ホワイトアスパラグリーンアスパラも売っていたので、選択肢が多いのが魅力的でした!

この果物狩りで残念だったことと言えば、はじめにぶどうを食べすぎてリンゴがあまり食べられなかったことでしょうか。
それはみんな同じことを言っていました(笑)

そして、ぶどう狩りとはあまり関係ないのですが、末の娘がぶどうを食べ過ぎておなかを壊してしまい、少し大変な思いをしました。
末の娘はまだ小さかったのでトイレにまでたどり着けなかったのです。

間にあわなくて泣き顔の娘、そして慌てる私。
それを苦笑いして見ている母の顔が今でも思い浮かびます。

北海道余市山本観光果樹園の感想まとめ

その農園には以後2度ほど行きました。

いまはもう娘たちも大きくなって、手が離れた後、家を出て行ってしまったので行くことはなくなってしまいましたが、去年一番下の娘が結婚して子供が生まれたので、出来れば孫と一緒に行きたいですね。

まだ、孫は1歳にもならないので無理ですが、小さな子にとって果物狩りというイベントは自然に触れる機会にもなるし、果物がどうやってなっているのか知ることができるので、もう少し大きくなったら連れて行ってあげたいです。

また、孫は女の子ですので、昔を思い出しながら「お母さんも昔ここに来たのよ」なんて感じで話してあげたりして昔を懐かしんでみたいものです。
その時は私も母の時のように、母の目線で娘と孫を見ることが出来るのでしょうか(笑)

スポンサーリンク