子どもってほんと風船が好きですよね。

私はしょっちゅう子どもに「風船膨らませて~」と頼まれるのですが
なぜか、膨らませているうちに耳の下が痛くなったり、腫れたりすることもあります。

なぜ、風船を膨らますと耳の下が痛くなるのでしょう?
みなさんは原因をご存知ですか?

自分でも病気かなとか不安になったのでいろいろ調べてみました。

なぜ痛くなるのか、痛くなった時の対処法を紹介します!

スポンサーリンク
  

風船を膨らますと耳の下が痛くなるのは何で?

子どもに「たくさん風船を膨らましてほしい!」と頼まれ、一生懸命に風船を膨らました結果・・・耳の下が痛い!

これ、辛いですよね。
耳の下がピキピキするというか、ズキズキするというか・・・
放っておくと気になってしまうので、早く治したいものです。

では、なぜ風船を膨らますと耳の下が痛くなってしまうのでしょうか?

実は、風船を膨らますときに耳の下の「耳下腺」に圧力がかかってしまうことが原因といわれています。

ほっぺにいっぱいの空気をためて、耳の下に空気を押し込むようにすると、ぷくっと耳の下に空気が移動しますよね?
それを力強く行ってしまうと、圧力がかかりすぎて痛くなってしまいます。

風船を膨らますとき、ありったけの力で頬から空気を押し出してませんか?
それが痛みの原因につながっているのです。
また、その際に空気が耳の下に入ってしまうのも痛みの原因になります。

耳が痛くなった時の対処法

では、耳が痛くなってしまったらどう対処すればいいのでしょう。

風船を膨らますとき、耳の下に空気が入り込んでしまっているのですが、その空気を外に出すことで痛みがいくらかマシになります

具体的には、
・ガムを噛んでみる
・水分をとってみること
が、効果的でした。

ガムを噛むとき、咀嚼をすることで耳の下の空気が出てきます。
また、水分をとることで耳の下の空気が浮き出てきます。

それらを行い、しばらくすれば大抵の耳の下の痛みは収まります。

スポンサーリンク

耳の下が腫れたら病院へ

耳の下の痛みへの対処法をためしても痛いままだったり、耳の下が腫れてきちゃった場合は、すぐに病院へ行きましょう。

耳下腺への圧力や耳の下に入り込んだ空気以外の原因が考えられます。

そういう場合、素人判断で処置をして悪化すると大変です。
速やかに病院へ足を運んでください。

病院の何科で診てもらえばいいのか疑問に思われる方もいるでしょう。

耳の下、耳下腺、唾液腺あたりの炎症などが考えられるので、この場合は耳鼻咽喉科に行きましょう

耳鼻咽喉科で、原因の追究と正しい対処をするのが、早く治る近道です。

まとめ

この記事では、風船を膨らますことによって起きる耳の下の痛みについて、原因と対処法を書きました。

子どもがいる家庭では、風船を膨らます機会はたくさんあるかもしれませんので、対処法などは知っておくとよいでしょう。

対処法は2つありました。
①ガムをかむ
②水を飲む
この2つの対処法を実践することで、何もしないより比較的早く、痛みや違和感がマシになりますよ!

また、子どもが風船を膨らまして耳の下を痛めてしまう場合もあると思います。
その時は大人が対処法を教えてあげたり、経過を観察してあげてください。

万が一、耳の下が腫れてしまった場合は、自己判断で済まさずに耳鼻咽喉科で診てもらってくださいね。

以上、風船を膨らますと耳の下が痛くなる原因と対処法でした。

みなさんのお力になれたら幸いです!

スポンサーリンク