毎年、敬老の日にお祝いしていると、時々イレギュラーなことが起こったりしますよね。

大好きな祖母が息子を亡くして喪中・・・なんて場合も少なからずあります。
そう滅多にあることではないので、喪中の時ってどうしたらいいのか分からなくて困ります。

もちろんお祝いされても喜ぶ気分になんてなれるはずもなく、
でも祖母の寂しそうな背中をみると、何かしてあげたい気持ちになります。

今回は、そんなあなたが喪中の祖母に対して、敬老の日に何をしてあげられるのか、考えてみましょう。

スポンサーリンク
  

敬老の日 喪中のときは贈り物をしない方がいい?


敬老の日、大好きなおばあちゃん、おじいちゃんが喪中だったら、あなたはどうしますか?

敬老の日は、国民の祝日のひとつですが、そもそも敬老の日って何でしょう。

敬老の日とは、長年にわたって社会につくしてきた老人を敬い感謝すると同時に、長寿を祝う日とされています。

敬老の日の詳しい意味や由来はこちらにまとめてありますので、参考にしてください。
敬老の日の由来や意味は?何歳からお祝いする?やることは?

喪中の人への敬老の日のお祝いをして良いのかどうかは、はっきりとした決まりがあるわけではありません。

しかし、直近で大事な人を亡くされた場合などは、忌中(きちゅう)期間はお祝い事を避けましょう。

忌中期間とは、一般的に四十九日といわれている期間で、その期間は祭り事やお祝い事は避けた方が良いとされているからです。
喪中期間も、お祝い事は避けた方が良いとされていますが、最近は、時と場合によって柔軟に対応することが多くなっています。

特に、敬老の日は老人を敬い感謝するという意味合いも含まれていますので、お祝いをしても問題はないでしょう。
ただ、問題はお祝いをする相手・・・つまり祖母の様子です。

祖母が悲しみに打ちひしがれている状態では、お祝いどころではありません。
元気そうに見えても、大事な息子を亡くしてしまった悲しみが早々に癒えることはありません。
なので、敬老の日を祝うというより、祖母に日々の感謝を伝えることを意識しましょう。

喪中の敬老の日 贈り物をする時、何に気を付けるべき?

喪中だけど、敬老の日のお祝いに何か贈りたいと、あなたは思っているかもしれません。

もし贈り物をするならば、形の残らない物が良いでしょう。
モノは記憶につながりますから、余計な記憶が残らないようにしましょう。
見るたびに、悲しい気持ちがよみがえるようでは、大好きな祖母を喜ばせるどころではありません。

お菓子など、食べたらなくなるような物が良いですね。
フルーツなども季節を感じることができます。
食欲がないときに口にできるような物や祖母の好物などでもよいでしょう。

スポンサーリンク

「敬老の日のお祝いだよ。」というよりは
「秋のフルーツを持ってきたから一緒に食べよう」などとさりげなく一緒にいる時間を増やすことが、何よりのプレゼントになります。

間違っても「おめでとう。長生きしてね!」なんて気軽な言葉をかけるのはやめましょう。

時期についても少し考えたほうが良いですね。
祖母が比較的元気そうで、心が癒えていないとしても、ある程度割り切って生活できているようなら、忌中が終わったころでも、敬老の日にお祝いをしに、祖母に会いに行っても大丈夫でしょう。

しかし、祖母がまだ不安定で整理がつかない様子であれば、敬老の日をお祝いするのは、少し時期をずらすことを考えたほうが良いかもしれません。

贈り物をしなくても、敬老の日からずれても、祖母の様子を気にかけて、会いに行くようにしてあげたいですね。
あるいは、お食事を用意して、お家に招いてあげるのもおばあちゃんに気分転換にもなるのではないでしょうか。
敬老の日食事でおもてなし!家族で楽しめる献立や遊びは?

敬老の日 喪中の人を本当に想うならすること

本当に祖母を思うのであれば、何も言わず寄り添うことが一番大切です。
祖母が思い出話をしたいときは話を聞き、息子を思い出して泣きたいときはそっと背中をさすってあげましょう。
贈り物などなくてもそれだけで、祖母の心は軽くなるはずです。

正直なところ、自分より先に息子が亡くなってしまって、そう簡単に心が癒えるはずはありません。

あなたはあなたができることを誠実にすればいいんです。
今までよりこまめに連絡をしたり、一緒にご飯を食べたり、気が紛れるようならば一緒におでかけしたり・・・
少しでも祖母に元気を取り戻してもらえるように、そばで見守り寄り添いましょう。

敬老の日喪中の祖母に贈り物を渡す?気を付けることは?まとめ

喪中の祖母に、敬老の日のお祝いを渡してはいけない決まりはありません。
しかし忌中期間(四十九日)は避けるようにしましょう。

贈り物をする場合、記憶に残らないような食べ物やフルーツなどを選ぶようにしましょう。
祖母がまだ不安定な状態なら、敬老の日からずらして様子を伺うようにしましょう。

できれば、こまめに連絡をして会いにいき、祖母の話を聞いてあげたり、一緒にご飯を食べたりして、祖母の心が少しでも癒えるように、そばで見守ってあげたいですね。

スポンサーリンク