気楽な一人暮らしを満喫中のある日、ふと見上げたマンションの天井に呆然!
そこには、びっしりと水滴が・・・。
「どうして?あれ何?」
実はこれ、冬のお悩みとして多くの人があげる「結露」ということが多いのです。

「あ、そう・・・。でも天井なんてどうしようもないし」なんて、
実際、いつからあってどうしてできたのか、
そしてどうしていいのか分からず、
気にはしつつも、結局そのままにしてしまいがちなんてことも。

でも、実はこの結露、ほうっておくと危ないんです!

そこで今回は、マンションの天井の結露について、その予防と対策などについてご紹介します。

スポンサーリンク
  

なんで天井が結露するの?

結露 窓ガラス
結露といえば、窓ガラスなんかが思い浮かびますが、天井も結露することがあります。

そもそも結露とは、温められた空気が冷やされ、空気中に含まれている水蒸気が水に変化した現象を言います。
つまり「暖かい空気が冷やされる→含まれていた水分が水滴となる=結露」という仕組みです。

結露の水分を放っておくと、ここにほこりが加わってやがてカビが発生する可能性がありますし、
その胞子はアレルゲンになることもあり、二次被害を引き起こしかねません。

何とも恐ろしい現実です。

なので、予防策としては毎日結露の水分を取ることができれば問題はないのですが、
場所によっては、なかなかそういう訳にもいかないですよね。

だからと言って、放置した結果、気づけばシミ、カビだらけになんてことになったらゾッとしますし、
間違いなく健康にも悪いですよね。

どうやって予防すればいいの?

そもそも、マンションは気密性が高いため非常に結露しやすい環境です。
そこで、この結露を作らないよう予防する方法を以下にご紹介していきます。

・こまめな換気

結露は、室内の水蒸気を少なくすることで防ぐことができます。
日常生活では、気を付けていても水蒸気が発生してしまうため、
こまめにできる限り換気を行い、できるだけ室内の水蒸気を外に逃がすようにしましょう。
換気フィルターをこまめに取り替えたり、換気扇を24時間回しておくのもいいでしょう。

・室内の温度を上げすぎない

室温が低ければ水蒸気の量が減るため、空気が冷やされても結露しにくくなります。
室内外の温度差にも配慮できれば、さらにGOODです!

・水分が発生する暖房器具はNG!

ファンヒーターや石油ストーブ、ガスストーブは、燃料が燃える際に水蒸気を発生させてしまいます。
結果、結露の原因になるので、できれば使わないようにしましょう。

・除湿する

冬の風邪予防に大活躍の加湿器ですが、使い過ぎると結露の原因になってしまうことがあります。
室温は20度程度、湿度40~50%に維持を心がけましょう。

これらの方法を行うだけでも、かなり効果的なので、ぜひやってみてください。

結露が出たときの対策は?ふかないとダメ?

結露への予防方法をご紹介してきましたが、それでも結露ができてしまった場合には、
やはりきちんと拭き取るのがいいでしょう。

最もお手軽なのは雑巾での拭き取りです。
脚立などに乗って、雑巾を絞りながら拭きあげましょう。

スポンサーリンク

ただし、水滴の量が多い場合は雑巾だと少し面倒だし手間がかかってしまいます。

そんな時、重宝するのが、この

お風呂の壁や天井用なのですが、手が届きにくい部屋の天井を掃除するのにもぴったりでしたよ!
さっとなでるだけで、水滴を取り除いてくれるんです。

壁や窓の水滴なら、100均などでも売ってる結露取りワイパーでもいいのですが、天井じゃワイプしてると自分に全部かかってしまいますもんね・・・

それでもいいという方は、結露取りワイパーで水滴を取り除き、雑巾で仕上げぶきをすると、簡単にきれいにすることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
結露は、水蒸気の発生を防ぐことが1番です。
結露を放ったままにしておくと、いずれカビの発生の原因となり、
健康にも被害が出てしまう可能性もあります。

少し面倒くさいかもしれませんが、
予防・対策等をしっかり行って、ごろんと床に寝転がったときに、
気持ちがよいきれいな天井を見られるようにしましょう!

スポンサーリンク