妊娠中に身内、もしくは親戚の方が亡くなってしまった…という連絡をもらった妊婦さん。
ご愁傷様です。

その時の体調によって、お葬式に参列するかどうかですので、妊婦さんであってもお葬式への参列は可能です。
妊婦がお葬式に出席する時には、鏡が必要といわれますが、いったいどんな鏡をどのように持っていればいいのでしょうか?

今回は妊婦さんがお葬式の時に持つ鏡のあれこれについてご話していきます。

スポンサーリンク
  

妊婦が葬式に鏡を持っていく場合の大きさや種類って?

妊婦さんが鏡を持ってお葬式に出るという習わしは聞いたことがありますね。
厳密にいうと、これは土地や風習にもよりますので、絶対というわけではありません。

鏡を持っていることにより、お腹にいる赤ちゃんを鏡が跳ね返して守ってくれたりします。
本当であれば妊婦さんはお葬式には参列しない方がいいのかもしれませんが、大事な方との最後のお別れですので、ご自身の気持ちと体調を考慮して、となります。

さて、そんな鏡の大きさや種類ですがお腹に入るぐらいのポケットサイズの手鏡がおすすめです。

普通の喪服ですと鏡を入れておけるサイズのポケットは付いていませんが、マタニティ用の喪服には鏡を入れるポケットが付いているのがあります。
鏡には魔除けの力が備わっていると信じられているので、昔の妊婦さんの風習がそのまま現代に根付いた、ともいえます。

鏡はどんな風に持っているのが正解?

では、お葬式の間、どのように鏡をもっていればいいのでしょうか?
お葬式中の鏡の持ち方ですが、表面を外側にして反射させる感じです。

外側に向けておき、ポケットの中に隠しておきます。
その際はお腹を覆う感じに置いておくといいとされています。

鏡には魔除けの力が宿っていると先ほど説明しましたが、葬式という「死」が溜まりやすい場所ではよくないものが付いてくると言われています。
お葬式で亡くなられた方だけではなく、上手く成仏できていない霊もいると言われており、それらから新たな命である赤ちゃんを守るために鏡が必要とされています。
鏡には魔除けや不吉なものを跳ね返す力があると言われています。

迷信とは言われていますが、安心して参列するのであれば準備しておいて損はないでしょう。

スポンサーリンク

幽霊だけではなく、よくないものが蔓延りやすいと言われていますので、そういったことと関係なく体調が悪ければ無理には出席しない方がいいでしょう。
お腹の赤ちゃんとお母さんの体調が何よりも最優先です。

ただ、これらのことは昔からの風習とされているので、お葬式が行われる地域に合わせて鏡を持っていくかなどは決めたほうがいいでしょう。
地域によっては妊婦さんは参列しない方がいいとされているところもあります。

長時間同じ姿勢でいたり、悲しみのストレスで赤ちゃんによくない影響が出るかもしれませんので、本当にそこは自己判断になってきます。
火葬場などにも立ち入らない方がいいとされています。
無理のない参列にしましょう。

他に妊婦が気を付けるべき葬式のマナーってあるの?

妊婦さんが気を付けたほうがいいマナーは他にもいくつかあります。

・つわりに気を付ける
・故人の身内に確認
・妊娠安定期以降の参列が望ましい
・臨月に入っているのなら参列を控えるよう
・身内には伝えておく

まず、妊婦さんは匂いに敏感になっていますので、お焼香の匂いで気分を悪くてしてしまうかもしれません。
ですので無理には参列しないでおきましょう。

故人の家の方には妊娠中であることは必ず告げていきましょう。
何があるかわかりませんので、故人の家の方の意向に沿って参列するかどうかを決めておくといいかもしれません。
妊娠初期は何があるか分かりませんので、安定期に入った五か月以降が望ましいとされています。
臨月に入っているのであれば参列は控えましょう。

どうしても参列したい場合は病院に問い合わせをして、医師や看護師の許可を得てからにしましょう。
いつ生まれてもおかしくない状態ですので、無理せずに病院の指示に従ってください。
身内の方には妊娠中であることを告げておけば、お通夜の時などに配慮してもらえますので、遠慮せずに伝えておきましょう。

どうしても体調が悪く参列できない場合は連絡は必ずしましょう。
弔電・お香典などは必ず送り、体調が安定してからお線香をあげにいっても構いません。

長時間立ちっぱなしや冬などの寒い時期ですと体を冷やしてしまうため、そういったことも念頭に入れながら参列するようにしましょう。
具合が悪くなればすぐに周りの人に伝え、控室などで休憩させてもらったほうがいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

大事な方との最後の別れ、できることなら参列したいと思う妊婦さんもたくさんいらっしゃいます。
お通夜だけであれば短時間で済みますので、そちらだけ参加するといった形でもよいとされています。
ご自身の体調などを考慮し、周りの方とも相談してから参列するかどうかを決めましょう。

お葬式中の鏡も昔の妊婦さんの心の安定とされていますので、必ずというわけではありません。
お腹の子になにかあったらいけないと、昔の方が考えてくださった迷信ではありますが、今でも根付いてはいます。
良くないものが溜まりやすいお葬式だからこそ考えられたものかもしれませんね。

無理をせず、亡くなった方とのお別れができますように。

スポンサーリンク