娘の3歳の七五三の時のことです。

奈良県桜井市にある大神神社で娘とお参りをし、その後、写真館での撮影を予約していたのですが、3歳児の七五三、そう簡単に予定通りに進みません。

わたしの失敗してしまった、七五三当日のプランをお話します。

七五三の当日撮影で悪戦苦闘したわけとは・・

娘の3歳の七五三。
わたしたちは、奈良県桜井市にあるパワースポットで有名な大神神社にお参りに行きました。

主人の仕事の都合などもあって、娘の晴れ姿は当日の午後からの写真撮影で予約を入れていました。
車でのお出かけだったので、自宅で娘を着付け、着物で出かけました。

当日は朝から天候も良く、娘も着物姿にはしゃいでいました。

少し上りになっている神社への砂利道と階段を、慣れない着物で歩く娘の機嫌が悪くなっているなと感じました。
それでもお参りをすました私たちは、予定通りに写真館に向かいました。

写真館に着くころ、朝からはしゃぎ過ぎた娘は、眠くなって泣き叫ぶし、着物は着崩れてボロボロで朝の綺麗な姿はありませんでした。

着崩れた着物は、写真館でどうにか綺麗に着直す事ができましたが、娘の目は腫れて最悪な状態でした。
この姿には後から合流した主人もビックリ。
結局そんな娘の顔を見た主人の「今日はやめよう」の一言で、写真撮影は延期となりました。

着物はレンタルだったのですが、運よく一日延長させてもらうことができたので、翌日の朝に写真撮影を無事に済ませる事ができました。

昨日の苦痛のせいか着物を目の前にした娘は、硬直していましたが主人からの「一緒に写真を撮りたいな。」の一言で、娘が笑顔を見せてくれたのは助かりました。

当日の家のカメラで撮影した写真には、目が腫れあがった娘の写真が今でも残っています。
今では笑い話になっている良い思い出です。

スポンサーリンク
写真撮影で、これを用意しておけばよかったというママさんの声はコチラ。
七五三、人見知りの娘の写真撮影で○○を用意して助かった!

七五三の当日撮りでの注意まとめ

七五三の日に当日撮影をされる場合は、絶対に朝にするのがいいです!
お姫様になった気分のまま写真に残るので、素敵な笑顔が残せると思いました。

夕方には着物で苦しいのか不機嫌になるし、歩いて足が痛いと抱っこをせがむので大変でした。
朝に写真を撮る事でお参りが終わったら、すぐに車で洋服に着替える事も出来るので、子どもの負担が減るのではないでしょうか。

主人の仕事の関係で、1日で全部やろうとしてしまいましたが、子どもの負担を考えると別々の日に分けてもよかったのかなぁと、今更ながら思います。

どんな顔でも、時が過ぎればいい思い出となるでしょうが、せっかくならキラキラ笑顔の娘の晴れ姿を残してあげたいですものね。

皆さんの写真撮影が楽しく素敵なものになりますように!

スポンサーリンク