大阪天満宮で、娘が三歳の七五三をした時のこと。

10年たった今でも忘れることができないほど、強烈な思い出になりました。

七五三をするか、しないか悩んでいるママ、聞いてください。

スポンサーリンク

祈祷をあげてもらっている最中怯えて号泣

娘が三歳の頃の話です。
大阪天満宮の近くで住んでいるので、天満宮で七五三のお参りをすることになりました。

主人の方も、私の方の親からしたら初孫と言う事もあってじいじ、ばあばからしてもかなり楽しみにしていたイベントでした。
私の親からのお祝いは着物で、主人の親からは会食の費用を出してくれると言う期待大のビッグイベントになる予定でした。

当日は天気にも恵まれ絶好な七五三日和でしたが、着物の着付けや、髪をセットしている時点からかなり娘は不機嫌になりぐずりだしました。

親やじいじばあば達は必死でなだめましたが、ずっとむすっとすねたままになり、必死で天満宮に連れて行きました。
祈祷の申し込みやらすませて、いよいよ境内で祈祷が始まり出した瞬間から大号泣しだしました。
「いやだぁ怖いーおうち帰るー」と大暴れし悲惨でした。

おまけに一緒にご祈祷を受けていた他の三歳児たちまでもがつられて「怖いー」と泣き出し境内はさらにめちゃくちゃになりました。
宮司さんが「いったん落ち着きましょうか」と祈祷を止めるはめになりしばし休憩。

再度チャレンジする番がきたら「いやだあそこ行きたくない」とまた泣き出して、結局祈祷は止めることになりました(-_-)

その後ぐったりした親、じいじばあばをよそに、本人は何事もなかったかの様に会食で特別に用意してくれたケーキをひとり満足に食べると言う・・・( ̄▽ ̄;)

本人以外はどっと疲れた1日でした。

結局はそれ以降お参りをすることなく、会食と日程を改めて写真撮影だけしましたが、
腹立つことに写真撮影の時だけは、かわいい着物を選び、お姫様みたいなドレスを選び、テンションマックスの娘でした。

スポンサーリンク

ちゃっかりかわいいポーズをしてかわいく写っていますが、いまだにその写真を見るたびに思いだし、しつこく娘に「あの時は地獄絵図だった」と嫌みを言って楽しんでいます(笑)

ある意味、忘れられない七五三として、一生記憶に残ったので今では良い思い出になりました。

七五三当日もしかり、写真撮影でもハプニングが待っています。
女の子の機嫌は山の天気のようですね(^^;
七五三前撮りでの3歳女の子の顔に異変!緊張からか○○のそっくりさんに・・

七五三するしないまとめ

ころころ変わる娘の機嫌が恐ろしくて
七五三、やるか、やらないか悩んでいるママさんもいるかもしれませんね。

してもしなくても後悔するなら、しておいてもいいかもしれません(笑)

散々なことがあっても、今では笑い話になって家族のいい思い出になりました。

わたしからアドバイスできるとしたら「期待しすぎは禁物!」ということです!w

スポンサーリンク