男の子の七五三、着物にしますか?タキシードですか?それともスーツ?

娘は衣装選びも「あれがいい、これがいい」とわいわいするのですが
男の子って、お洋服に無頓着というか興味がないというのか
聞いてもろくに返事も返ってこない・・・(>_<) そんな男の子の衣装選び、難しいですよね。 わたしがやってしまった5歳息子の七五三失敗談をお話します。

スポンサーリンク

お参り当日、思いもかけない息子の告白!

七五三 男の子 衣装
娘7歳と息子5歳で、同時に七五三のお祝いをした時のことです。

まずは写真だけ、前撮りすることにしました。
写真屋さんでは、何をいつレンタルするのかとか、着付けのこととか、色々決めごとがありますよね。

娘は、私が小さい時に着た着物が残っていたので、写真も当日のお参りも、自分の着物を着ることとし、着付けだけお願いすることにしました。

息子は、和装の衣装を借りて写真を撮ることにしたのですが、その時に「同じ衣装をお参りの時にも貸し出すことができますよ」と言われたのです。
息子に「どうする?」と聞いてみたのですが、やる気がなく、衣装選びもまったく進まないような状況だったので、和装に興味がないんだろうと判断しました。

そして、和装のレンタルは写真を撮るときだけお願いし、お参り当日は、おさがりにもらった子供向けのタキシードを着せることになったのです。

前撮りからしばらくあいて、近所の神社にお参りに行く日になりました。
上の娘だけ、着付けしに行き、無事着物を着て帰宅したときのことです。

お参りに行くと聞かされ、タキシードを着せていた息子が「ぼくはどうして着物着ないの?」といいだしたのです!

「え!何をいまさら!あの時、聞いた時は、何も言わなかったじゃない」と思いましたが、それをそのまま言って、このタイミングで泣かれたり、へそを曲げられたら大変です。
娘も慣れない着物で苦しそうなので、何事もなく、さっと行って、さっと帰ってきたい、というのがぶっちゃけ本音です(;´Д`)

スポンサーリンク

下手な言い訳などは言わずに、何とかそのまま車に乗せ、途中で一緒に行く予定だったおばあちゃんを乗せて気をそらし。
神社に着いたら出店で気をそらし。
さっと帰ってきて、さっと食事しに行って気をそらし。
とにかく、ずっと気をそらしつつ、当日を終えました。
 
どうやら息子は、写真撮る前は嫌だったけれど、写真屋さんの写真を撮る技術は素晴らしく、写真撮影がとっても楽しかったようで、和装をまた着てみたい、と思っていたようです。

撮影当日に言ってくれたら、和装レンタルしたのに!
と思いましたが、いまさらどうもできません(^^;)

お参り当日の思いもかけない息子の告白に驚き、気をそらすことに集中して、何だか真剣にお参りできなかったような気もする七五三になりました

せっかくの七五三、気をそらせてばかりになっては元も子もありませんね。
参拝中には、ほかにもハプニングがつきものです。
七五三の祈祷中に泣いた息子、退出するのはマナー違反?

七五三和装したかった息子まとめ

小さい子供の意見を聞くのは本当に難しいです。
和装は嫌がるだろうという私の勝手な思いが強かったのですが、そうでなかったということです。

本当なら息子の意見を尊重して、和装でお参りできれば、みんなが楽しかったかもしれませんが、今となってはどうしようもできずorz
まあ、そういうことも含めて、息子エピソードが増えて、良い思い出になったと思います(笑)

スポンサーリンク