もうすぐ敬老の日がやってきますね。

初孫が生まれたものの、まだ赤ちゃんでしゃべれるわけでもないし、子供を連れて祖父母に会いに行くべきなのかな?
おじいちゃん、おばあちゃんへのお祝いはいつ頃からすればいいのかな?と悩むママさんも多いのではないでしょうか。

そんなママたちに、敬老の日に子どもが何歳になったら祖父母を訪ねたらいいか、おすすめのプレゼントなど、敬老の日に喜んでもらえる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

敬老の日、孫はいつからお祝いをする?

敬老の日っていつからお祝いすればいいんでしょうか?
子どもが大きくなればおしゃべりもできるけど、何歳からお祝いに行くのかな?
と気になりますよね。

以前は、60歳を目安として敬老のお祝いをするのが一般的に多かったのですが、高齢化で60歳を過ぎても元気に働いている人も多いので、最近はお祝いをする年齢も人によって色々です。
年齢に決まりがないと余計に悩むところですが、ママさんたちは、孫ができて父母が祖父母になったとき・・・それを節目としてお祝いするのが良いでしょう。

孫がまだ赤ちゃんで、お話できなくても気にすることはありません。
おじいちゃん、おばあちゃんは孫の顔が見れるだけで幸せな気持ちになれます
日ごろの感謝の気持ちを込めて、孫の顔を見せにいきましょう。
わざわざ来てくれる・・・という行為に、祖父母は喜んでくれるはずです。

敬老の日、孫から贈るプレゼントは何がいい?

おじいちゃん、おばあちゃんは、孫からもらえるものなら何だって嬉しいものです。
とはいえ、プレゼントをどうするか悩みますよね。

敬老の日を前面に押し出したようなプレゼントは、あまりおすすめしません。
「いつもありがとう」とか「長生きしてね」などの文面が入ったようなプレゼントは、なかなか使いづらいものがあります。
祖父母が気に入るかどうかも疑問ですので、そういうプレゼントは避けた方が良いでしょう。

欲しいものが分かっているなら、それが一番助かりますが、好みがわからなかったり、他の兄妹たちとプレゼントがかぶってしまったりすると困るので、形に残るものなども避けるのが無難です。

毎年、プレゼントとして人気が高いのは、お花やお菓子です。
好みを分かっているなら、財布などの小物も喜ばれます。
皆で外食や旅行に行くとのが恒例・・・と、いう人もいますね。
少し大きくなった子供がいるなら、絵を描いたり手紙を書いたりして感謝を伝えるのも良いでしょう。

私も、はじめの数年は頭を悩ませて色々とプレゼントしていました。
帽子だったり、お酒を飲むコップだったり、お酒だったり・・・でもネタは早々に尽きます。

そこで、「これは私からではなく、孫から祖父母へのプレゼントなのだ。」と、考えを変えることにしました。
そしてそれからしばらくは、毎年、一輪のガーベラをプレゼントしていました。
花の色を子供に選ばせて、簡単なメッセージを添えて、孫の手から祖父母に渡していました。

一輪の花というのは、子供らしさを感じることができるようで、意外に好評でしたのでおすすめです。
花束だったら扱いにも気をつかいますが、一輪だと赤ちゃんでも握りやすく、多少振り回しても平気なのが良いです
ね。

しかし、一輪のお花は、あくまで孫から祖父母へのプレゼントなので、ママさんたちは、それとは別にちょっとした手みやげを用意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
敬老の日に贈ると喜ばれるお花と花言葉についてまとめたので参考にしてください。
敬老の日花言葉の意味長生きを表すのは?おすすめ花束も紹介

敬老の日に会いに行けないときはどうするの?

敬老の日に会いに行けないことだってあります。
無理なときは、「用事があって行けなくなりました、ごめんなさい。」と素直に電話して許してもらいましょう。
電話が無理なら手紙やメールでもかまいません。
方法は何であれ、連絡や贈り物は早めにしておきましょう
当日を過ぎてから連絡をいれると、思い出して連絡してきたのかな・・・という印象を持たれてしまいます。
それは避けたいところです。

会いに行けないときは、手紙や写真を送ってみましょう
フォトアルバムやフォトフレームをプレゼントすると、孫の存在を身近に感じる事ができて喜ばれるでしょう。
手紙は、ママやパパが赤ちゃんの代わりに書いてあげましょう。
色鉛筆やクレヨンなどで、赤ちゃんの手形をふちどったものを添えて渡すのも素敵です。
毎年大きくなる手形を見るのも、祖父母の楽しみのひとつになることでしょう。

敬老の日に喜んでもらえる幼児の手形アートの作り方をまとめました!
敬老の日幼児手形アートの作り方!喜ばれるプレゼントを渡そう

フォトアルバムといえば、私が実際にやって良かったものをひとつご紹介します。

大きめの紙(A4以上)と、太いマジックを用意します。
用意した紙に、子どもが話しているような感じのメッセージをマジックで太く、かわいく書きます。
紙は吹き出し風に切ると、さらに話している感じになります。
そして完成した紙を子供に持たせて、それをカメラで撮ります。

紙を持てない赤ちゃんでも大丈夫です。
赤ちゃんがお昼寝中に、メッセージを書いた紙をお腹の上にのせて、椅子の上などから赤ちゃんを見下ろして撮ります。
それだけですが、なんとなく赤ちゃんが話してる風に見えます。
今はアプリで手軽に画像加工ができるからこそ、逆にレトロ感というか手作り感を感じることができて、フォトアルバムの最初や最後に1枚あると面白く、気持ちもより伝わることでしょう

敬老の日孫いつから遊びに行くまとめ

敬老の日には、祖父母に孫の顔を見せにいきましょう。
フォトアルバムなどをプレゼントすると、気持ちも伝わりやすく、楽しい時間を皆で共有することができます
会いに行けないときは、早めに連絡を入れるようにしましょう。
会えなくても、テレビ電話などで孫の様子を知らせてあげると、その気持ちを嬉しく思うはずです。

出来そうなことがあれば、一度試してみてくださいね。
ママさんにとっても、楽しく思い出に残るような時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク