子どもも無事卒乳したし、今年の夏は久しぶりに浴衣を着て子どもと一緒にお祭りに出かけたい!
と考えているママさんも多いのではないでしょうか。

でもいざとなると、妊娠・出産で体系もぽっちゃりしてしまったし、浴衣を着こなせる自信がないからやめておこうと躊躇してしまうママさんも多いです。

そこで、今回はそんなママ達でも浴衣を素敵に着こなすための
おすすめの浴衣の色や柄、帯の色などいろいろとご紹介していきたいと思います。

また、すっきりとした印象を与えるちょっとした着こなし方のコツもお伝えしていきますのでぜひ参考にして、
今年の夏は家族で浴衣を着てお祭りに出かけてみてくださいね!

スポンサーリンク
  

ぽっちゃりママでも大丈夫!おすすめの浴衣の柄・色とちょっとした着こなし方のコツを伝授!

浴衣を着た時にすっきりとした印象を与えるためにはまず浴衣の柄や色、帯の色などに注意して選ぶ必要があります

一般的に洋服の場合は、ウエストのくびれがある方がスタイルが良く見えますが、
浴衣などの和服の場合はくびれをあえて無くすため、タオルなどの詰め物を使用し全体的に寸胴になるように着用します。

浴衣は、太ったとか、デブだから似合わないなんてことはなくて、寸胴になるように調節するので、むしろぽっちゃりの方がきれいに着こなせるのです。

しかしながら、色や柄の組み合わせ方ですっきりとした印象を与えることは可能です。

おすすめの柄は、ずばり「ストライプ柄」です。

洋服と同じように浴衣の場合も縦のラインを強調させるデザインの浴衣を選ぶとすっきりとして見えます。
さらに浴衣の色は淡い色を選択し、帯の色は濃い色を選択すると良いでしょう。

和服の場合は洋服と違い、浴衣と帯の両方を濃い色にしてしまうのはおすすめ出来ません。
あくまで、淡い色や薄い色に濃い色や明るい色を合わせる事をおすすめします。

浴衣の着こなし方のコツですが、まず襟を抜くことを忘れないようにしましょう。

襟を抜くだけで首が細く見え、胸元もすっきりとした印象を与えます。
また、襟もとは鋭いVラインを作るのもおすすめです。
浴衣は、露出している部分が少ないので首元をなるべく見せるようにすると良いです。

帯は、結び目を大きくするとウエストが引き締まって見えます。

また和装用の下着を着用することにより胸のボリュームを抑える事が出来るので、
出産・授乳で大きくなった胸を気にされている方には専用の下着もおすすめです。
着物などの和装の際にも使用できるので一着持っておくと便利ですよ!

おすすめの浴衣をご紹介!楽天市場でネット購入できるから子育て中のママでも安心!

昭和初期アンティークデザイン復刻版 高級変わり織り浴衣3点セット

ベージュの生地に縦ラインを協調させたレトロな柄、ママにぴったりの大人っぽいデザインの浴衣です。
黒の帯で引き締め効果も抜群です。
年代に関係なく長く着られるデザインで、わたしのおすすめです。

白・水色に百合柄の涼しげ浴衣

淡い色使いで夏っぽい涼しげな印象の浴衣です。
ストライプ柄の上に大きめのお花があしらわれているので、可愛くなり過ぎずママでも着やすいのではないでしょうか。

bonheur saisonsの浴衣3点セット

大人っぽい白地に金魚と流水紋が描かれた個性的な浴衣です。
膨張色の白ですが、帯と流水紋に黒を使用しているので全体的に引き締め効果がありすっきりとした印象を与えています。
また、金魚の赤い色がアクセントになっておりとても綺麗な浴衣です。

ぽっちゃりママの浴衣の着こなし方のおさらい

・縦のラインを強調させる柄の浴衣を選ぶ
・帯は締め色を選ぶ
・襟もとは鋭いVラインを強調させて、襟を抜くことを忘れずに
・帯にボリュームを持たせる
・和装専用の下着を身に着けて、胸のボリュームを抑える

このポイントに気をつけて浴衣選びの参考にしてくださいね。
お気に入りの一着が見つかりますように(^^♪

スポンサーリンク