山梨県大月市にある桂川ウェルネスパークは子どもが楽しめる遊具と自然いっぱいの大きな公園です。

ドッグランもあるので犬を飼ってる人や車中泊で遊びにきてる人など子連れ、犬連れの家族旅行で寄るのにも最適な公園です。

都内から車で1時間ほどで着くのでアクセスも良し!

どんな公園なのかアクセス、駐車場、園内の様子、施設やレストランを紹介していきます。

スポンサーリンク

桂川ウェルネスパークへの行き方

桂川ウェルネスパークは山梨県大月市にあります。
高台にあるので天気がいい日には富士山が一望できます

〒409-0502 山梨県大月市富浜町鳥沢8438富浜町鳥沢 山梨県大月市富浜町鳥沢8438

JR中央本線「鳥沢駅」からタクシーで約10分です。
今回3家族で桂川ウェルネスパークで待ち合わせたのですが、
鳥沢駅からタクシーで来た友人は2170円かかったそうです。

鳥沢駅から徒歩で来た友人は約40分かけて子ども2人連れてきました。
駅から公園までは急な坂もあるので徒歩だと大変だけど、探検しながらで楽しかったと言っていました。

甲府市から車だと、一般道で1時間半以上かかりました。
甲府市内が混んでいたので時間かかりましたが、混んでなければ1時間くらいで着きます。

桂川ウェルネスパークの駐車場

園内は3つのゾーンに分かれていて、駐車場も3か所にあります。

私が今回遊びに来たのは、西ゾーンです。
公園の拠点でもある管理事務所や食事処もあります。

ローソンがある交差点の「宮谷入口」という信号を左へ入り、道なりに行くとウエルネスパーク西ゾーンの駐車場につきます。
ウェルネスパーク

園内のかなり勾配のきつい坂を3分くらい登ります。
坂道でも道はきれいに舗装されているので、運転しやすいです。
ウェルネスパーク

駐車場もきれいに整備されています。

車寄せもあるので、タクシーなどで来た時の停車場になっています。
ウェルネスパーク

駐車場から公園までは階段があるので、ベビーカーや荷物の多い人は車寄せで降ろしてから停めるのがいいかもしれません。
ウェルネスパーク

階段を降りるとすぐ管理棟があり、目の前に広い芝生が広がっています。
ウェルネスパーク

桂川ウェルネスパークの管理事務所とレストラン

管理事務所(里山交流館)の中には、併設されたお食事処のうどんセンターがあります。

定休日が水曜日と木曜日で、私が行ったのが木曜日だったので楽しみにしていたうどんが食べれませんでした(T_T)

お弁当がなくコンビニを利用する場合は、ふもと(宮谷入口)のローソンか鳥沢駅前のセブンイレブンが近いです。

園内には屋根やパラソル付きのベンチがたくさん設置されているので、レジャーシート忘れてしまってもご飯を食べるのに困りません。

管理センターの中には、きれいな洋式のトイレやおむつ替えの台がついたトイレも完備されています。

また、授乳室や赤ちゃんのベッドもあります。
ウェルネスパーク

ウェルネスパーク

里山とはなにかを説明した展示物や
ウェルネスパーク

ウェルネスパーク内の散策の楽しみ方なども写真付きで説明しています。
ウェルネスパーク

書籍や図鑑も自由に手に取って読めます。
ウェルネスパーク

顕微鏡が置いてあり、昆虫や植物の標本を見て楽しみました。
ウェルネスパーク
ウェルネスパーク

巨大なハチの巣も展示されていて子供たちは興味津々です。
ウェルネスパーク

休憩室の中には、子どもが遊べるスペースがあり、小さな子供や赤ちゃん連れでも楽しめます。

輪投げやボウリング、迷路など縁日のようなおもちゃが置いてあります。

スポンサーリンク

ここのおもちゃはすべて、管理人のおじさんが廃材などで作ったものです。

木のぬくもりが感じられる暖かいおもちゃばかり。

紙芝居もあります。
ウェルネスパーク

桂川ウェルネスパークのアスレチック

ウェルネスパークの西ゾーン「遊びの庭」には、たくさんのアスレチックがあります。
ウェルネスパーク
ココにあるアスレチックのほとんどが甲州産木材を使用した木の遊具で、管理人のおじさんが定期的に点検しているので安心して遊べます。
ウェルネスパーク

ウェルネスパーク

ウェルネスパーク

お家のような、お部屋のような造りで、中にイスもあるんですが、不思議な仕掛けも・・・( *´艸`)
ウェルネスパーク

かくれんぼをして楽しみました。
ウェルネスパーク

2歳児も遊べます。
ウェルネスパーク

ウェルネスパーク
ロープウェイは2台あり、少し高めなので大人でも楽しめます。
ウェルネスパーク

ローラーすべり台は長さ15メートル、桂川をイメージして作ったそうです。
ウェルネスパーク

ウェルネスパーク

遊具が盛りだくさんなので、半日アスレチックだけで遊んでも飽きない様子。
空いていたので、鬼ごっこやかくれんぼをして遊びました。

アスレチックの周りには、手作りのピンボールマシーンや
ウェルネスゾーン

竹ぽっくりがあります。
ウェルネスゾーン

これも管理者のおじさんが作ったものだそうです。
ウェルネスゾーン

事務所の外には飼われている鳥やカエルが住んでいました。
4月なので、ヤマアマガエルはまだオタマジャクシでした。

ウコッケーのおうちの中には卵もあって、子供たちは大興奮。

子どもが楽しめる遊具やおもちゃがたくさんあり、生き物とも触れ合える桂川ウェルネスパークの様子でした。

桂川ウェルネスパークまとめ

ウェルネスパークの管理事務所は17時で閉まりますが、園内は24時間オープンです。
芝生の広場にテントを張って泊まるのもOKだし、駐車場で車中泊も大丈夫です。

さすがに火を使うのはダメだそうですが、東ゾーンにはBBQができる広場もあるのでキャンプがてら遊びに来るのもいいですね。
また、ドッグランがあるのでワンちゃん連れでも気軽に遊びに来られる公園です。

今回は西ゾーンでしか遊べませんでしたが、中央ゾーンにも遊具がある広場や水遊びができる広場もあるのでまた遊びにいきたいと思います。

スポンサーリンク