信玄公祭りは武田信玄を称える、山梨県が主催する伝統のあるお祭りです。

甲府駅を中心に3日間、大小たくさんのイベントが数か所で開かれるので
どこで何をみたらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

見どころやおすすめの見物スポットを紹介します。

スポンサーリンク

信玄公祭りの一番の見どころは?

武田信玄
毎年4月に甲府市で開かれる信玄公祭り。

元々は武田神社がある相川地区の住民が、武田信玄を讃えるために命日である4月12日の時期に武者行列をしたことから始まったそうです。

毎年参加者が増え続けたことから今では県内最大規模のお祭りになり、2015年には「世界一大きな甲冑行列」ということでギネス認定もされたのですよ。

そんな信玄公祭りの一番の見どころはやはり「甲州軍団出陣」です!

甲府駅前の平和通りという大きな通りを何百という甲冑姿の武将と隊が練り歩き、パフォーマンスを行う様は圧巻です。

武田信玄と、その軍師であった山本勘助の役は俳優さんが務めており、大迫力の信玄公を演じてくれます。

毎年違うキャスティングがされるので、年によってそれぞれの武田信玄や山本勘助が見られるのも面白いですね。

「甲州軍団出陣」は舞鶴城公園のステージで「出陣式」をして、市内を歩き、また舞鶴城に帰陣するという流れです。

信玄公は、舞鶴城公園で出陣式をあげるとそこから甲府駅南口に移動し、
陣屋や姫様、軍団が出陣していくのを見守ります。

そこで各軍団は武田信玄に対して「えいえいおー!」と掛け声をかけたりして鼓舞するパフォーマンスがあります。

まずは陣屋と呼ばれる軍団から出陣するのですが、陣屋は24組で風林火山を表します。
・風の軍団1~6番隊
・林の軍団1~6番隊
・火の軍団1~6番隊
・山の軍団1~6番隊

その後はいよいよ、甲州軍団が登場します。

・三条夫人行列
・大井夫人行列
・湖衣姫行列
・武田次郎信親隊(たけだじろうのぶちか)
・武田四郎勝頼隊(たけだしろうかつより)
・こうふ開府500年隊

そして、最後に
「武田信玄公本陣のおな~り~」となります。

平和通りを行進する際は、戦いを再現するチャンバラがあったり、勝ちどき合戦をするパフォーマンスがあるので、そういったポイントはお昼ごろから席取りをする人もいます。

では、私なりのここで見ると見やすいよというポイントをご紹介します。

甲州軍団出陣のおすすめ見学ポイント

まずは舞鶴城公園で出陣式を見ると、より一体感がわきますよね。

軍団の出陣順は以下のとおりなので、お目当ての軍団が武田信玄公本陣だったら、出陣式を見てからでも全然余裕で平和通りへ移動できます。

甲州軍団出陣の順番
①風の軍団
②林の軍団
③武田四郎勝頼隊
④大井夫人行列
⑤三条夫人行列
⑥湖衣姫行列
⑦武田次郎信親隊
⑧こうふ開府500年隊
⑨火の軍団
⑩山の軍団
武田信玄公本陣

甲州軍団の出陣ルートと主なポイントをまとめました。

まず軍団は舞鶴公園内のステージで出陣式をあげたら、甲府城へ向かい、駅寄りの出口から、甲府駅南口へ向かいます。
武田信玄公は駅前のロータリーで、それぞれの軍団が出陣するのを見守るのですが、第一の見物スポットはここです。

信玄公は全隊が出動するまでロータリーにいて、各隊と「えいえいおー!」と掛け声をかけあったり
お姫様のパフォーマンスがあったりするので、楽しく見ていられます。

信玄公役俳優さんのファンの方はここでその姿をずっと見守れますよ。

第2のおすすめ見学ポイントは、やはり平和通りを列をなして歩く武者行列でしょう。

かなり広い道路なので、左右どちらも見物の人で埋まりやすいです。中にはお昼頃から席取りをしている方もいます。

スポンサーリンク

(ただ、歩道から見学することになるのでレジャーシートを広げるなどして席を取ると歩行者の迷惑になっちゃいます。)

平和通り沿いで見たい方は、山梨県庁前の「防災新館前の交差点」がおすすめスポットです。

ここは各隊や武将が戦をまねたチャンバラのパフォーマンスを見せてくれるので、このお祭りの醍醐味を十分に楽しめるスポットになります。
ただその分、人気スポットにもなるので、混雑しやすい難点もあります。

「混んでるのは嫌だ、なるべく人がいないところでじっくり見たいなぁ」という人は、平和通りを市役所の方に曲がり、さらに岡島百貨店を左に入った桜通りで見学するのがいいですよ。ここは、道がかなり狭くなりますので、軍団の様子をかなり間近で見ることができます。近くで見るとその甲冑姿はかなり迫力あるので、ある意味一番おすすめのポイントです。
派手なパフォーマンスはないですが、武将を近くに感じられる良いポイントなので、好きな人にはたまらないかも( *´艸`)

桜通りをここりの方に入るともう終盤です。

この後、帰陣式のため武田信玄公本陣と山本勘助率いる山の軍団⑥の隊は舞鶴城公園へと戻ります。
他の軍団はここで終わりになります。

出陣式がだいたい16時ごろで、帰陣式が19時頃なので約3時間に渡って、甲府駅周辺で甲州軍団を見るチャンスがあります。ずっと同じスポットじゃなくていろいろ歩きながら武者行列やパフォーマンスを見ると寄り楽しめますよ。

途中小腹がすいたら、山梨中央銀行がある通りのファミリーマートを右に入ると商店街で「信玄グルメ横丁」によってみてください。
山梨のB級グルメやほうとう、から揚げ、焼きそばなどの屋台が出ているのでちょっと一休みするのにちょうどいいですよ。

信玄公祭りに行くときに気をつけたいこと

4月の信玄公祭りに遊びに来るなら、注意したいことが2点あります。

その2点、「服装」と「交通混雑」について、お話します。

服装

甲州軍団出陣は、昼過ぎから夜にかけて行われる大イベントです。

最初の隊が出陣してから、だいたい1時間後くらいに信玄公が駅前から出陣となるのでそこそこ長丁場になります。

舞鶴城公園に戻り、帰陣式が行われるのは19時ですから、陽も落ちて少し肌寒く感じてきます。

甲府は日中は東京などに比べても暖かいですが、その分夜になると冷え込むので、もう一枚羽織れるモノを持ってくるといいですよ。

逆に日中は太陽が出ていれば、4月でも風がなければ半袖で大丈夫なほど暖かいので、半袖と薄手のパーカーやカーディガンなど調節しやすい恰好がおすすめです。

この時期の昼間は汗ばむ陽気になることもありますので、下着は速乾性の下着の方が夜になってからの身体の冷えを防げます。

プラス、夜のためにもう1枚しっかり目の羽織れるものがあれば、大丈夫でしょう。

甲府駅や道路の混雑状況

信玄公祭りの中日である土曜日は甲府駅は大変混雑します。

駅構内でのイベントもあるので、どうしても人で溢れてしまう時間帯もあるのです。

出陣を見て帰る人も多いですから、帰りの電車のチケットもあらかじめ買っておくとチケットを買う列に並ばず帰れるので先に買っておきましょう。

また、車で来ている人は土曜日は15:30~19:30まで交通規制が入るので、市内の道路がめちゃめちゃ込みます。

それはもうめちゃめちゃ混みます!

駅から遠いところまで混むので、帰るときは20時以降かそれより遅い時間を選ぶことをおすすめします。

信玄公祭り見どころまとめ

毎年4月の2週目の週末は、甲府市内は信玄公祭り一色になり大変賑わいます。
飲食店もいつも以上に混み合うので、行きたいお店があれば予約をしておくのがいいですよ。

帰りの駅構内で買えるお土産についてもまとめたので、参考になればです。
甲府駅構内で買える山梨県おすすめ定番お土産と変わりネタはこれ!

ギネス記録にもなっている甲冑の武者行列を楽しんでくださいね(*^-^*)

スポンサーリンク