新屋山神社といえば、日本一の金運効果のある神社として有名ですね。

本宮と奥宮がありますが、今回は本宮の駐車場から神殿へのご利益のある歩き方を紹介します。

すこしわかりづらい所があるので、これから行く方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

新屋山神社の駐車場

新屋山神社は、新屋という地区にある山神社です。

私はお恥ずかしい話ですが最初、新屋山の神社かと勘違いしていました。

そんな山はないしおかしいなぁと思っていたのですが、カーナビを入れているときに気づきました(笑)

山神社には大山祇大神(おおやまつみのおおかみ)という神様が祭られています。
大山祇大神は山の神様の頂点に立つと言われ、山の多い日本の国土全体の神様とも呼ばれているほどの実力の神様。

そんな大神を祀る新屋山神社の本宮は、富士山のふもとにあります。

〒403-0006
山梨県富士吉田市新屋神社河原1230

駐車場は、2か所にあります。
どちらも20台ほど停められる規模ですが、お正月でも渋滞するようなことはなく
停められるのでマイカーでも安心して行けます。

139号から新屋山神社につながる住宅街に入ってくると
左に曲がると「新屋山神社」
直進すると「駐車場」
という案内板が出てきます。
新屋山神社 駐車場

直進するとすぐ、参拝者専用駐車場がありました。
新屋山神社 駐車場
駐車場は、だいたい20台ほど停めれる大きさです。
新屋山神社 駐車場

ここから3分ほど歩くと新屋山神社に着きます。
先ほど通った案内板まで戻り、右に直進するとすぐです。

案内板のそばに、小さな鳥居と祠がありました。
娘は「こびとの神社じゃかもね」と言っていましたが
何が祭られているんでしょうか。

神社の前にも駐車場がありました!
ここにも20台ほど、停められますね。
新屋山神社 駐車場

そのすぐそばには「車祓所」がありました。
車のお祓いもしてくれるんですね。
新屋山神社 車祓い

それでは、さっそく参拝に行きましょう!

新屋山神社の参拝の仕方

新屋山神社の参拝の際に、1つ気をつけてほしいことがあります。

神社に参拝するときはまず、鳥居をくぐりますよね。
駐車場から道なりに行くとこの木でできた「山神社」と書かれた鳥居があります。

みなさん、この鳥居をくぐって参道を昇って行かれるのですが、違うんです。

見落としがちですが、この鳥居をくぐる前に道を挟んでもう一つ鳥居があるんです!
新屋山神社 参拝方法

これが本当の新屋山神社の本宮参拝のスタート地点です。
新屋山神社 参拝方法

駐車場から来ると見過ごしてしまいがちですが
見落とさずにこの鳥居からお参りできるとご利益もますますありそうですね。

鳥居をくぐる前に軽く一礼してから通りましょう。
参道の真ん中は神様の通り道と言われるので、すこしはじに寄って歩きます。
進むと階段があります。
2階分くらいなので、そんなに大変ではないと思います。
新屋山神社 参拝

階段を上り切るとまた、鳥居がたくさんあります。
新屋山神社 参拝

左手に手水舎があるので、手と口を清めましょう。
子どもでも簡単に届く高さです。
新屋山神社 参拝

手水の正しい作法は、5つのステップです。

1、左手を洗います。
2、右手を洗います。
3、左手で水を受け、口をすすぎます。
4、左手を洗います。
5、柄杓を立てて、柄を洗います。

スポンサーリンク

拝殿に入る前に立派な鳥居があります。
新屋山神社 参拝

神楽殿もありました。
新屋山神社 参拝

いよいよ、参拝です。
ご拝殿に入るのに扉を開けるのは珍しいですね。
新屋山神社 参拝

開くと、鈴やお賽銭箱があるので、軽く一礼して鈴を鳴らします。
お賽銭を奉納したら、姿勢を正し「二拝、二拍手、一拝」の手順で神前に気持ちを向けます。
新屋山神社 参拝

ここで、神職さんがでてきてお清めをしてくれました。

社殿の中にお伺い石が置いてあります。
もう少し先で、詳しく説明しますね。

お清めが終わったら一礼して、各お社もお参りをしてまわりましょう。

右手には大黒様の社があります。
新屋山神社 参拝

左手には稲荷社があります。

更に少し裏手に、夫婦木の社がありました。
新屋山神社 夫婦木

二本の木が途中でつながったことから名付けられたそうで、
家庭円満や子宝に恵まれるにはまずは仲良くね。という意味でか
心と書かれた石碑が立っていました。

手のひらマークが書いてあったので、みんなでのせてみました(笑)

なんだかほっこりして、みんな笑顔になりました(#^^#)
さっそく効果ありです。

お参りが終わり帰る際は、鳥居を潜ったら振り向き軽く一礼をしていきましょう。

新屋山神社のお伺い石

新屋山神社の拝殿の中に「お伺い石」という石が置かれています。

願いをかなえる石ではなく、「お伺いをするための石」です。
占いのようなものですかね。

やり方は、とっても簡単です。

まずは手を合わせて「お願いします」と一礼した後、石を持ち上げておろします。(1回目)
額を石にあて、両手でお伺い石をなでながら具体的な質問をします。
もう一度、石を持ち上げてみます。(2回目)
手を合わせ、「ありがとうございました」と一礼したのち、もう一度石を持ち上げます。(3回目)

この3回石を持ち上げたとき、2回目が一番軽く感じたら質問したことがうまくいくと言われている不思議な石です。
新屋山神社 参拝

この石が想像よりかなり重かったのでびっくりしましたが、私は2回目がとっても軽く感じ、3回目に持ち上げたときが一番重く感じました。

私がしたお伺いは良い方向に進んでくれるのでしょうか(*^-^*)

ちなみに主人は2番目が軽く感じなかったようで・・・残念(^^;

子どもたちもチャレンジしていましたが、石はとても重たいのでそばについててあげる方が安全です。
新屋山神社 お伺い石

お願いを叶えてくれる石ではないですが、具体的にききたいことを考えることで
自分自身と向き合えるきっかけになったかなと思いました。

お伺いしたことで悩みが見えたら、お守りを受けていくと更にご利益がありますね。
お守りやおみくじについてまとめたので、参考にしてください。
新屋山神社のお守り値段で金運効果が変わる?人気と販売時間を紹介

新屋山神社の参拝方法まとめ

新屋山神社はきらびやかな大きな神社ではないけれど、かなり神秘的なパワーのある神社に感じました。

自然の中にあるので、山の神様の力を感じたんでしょうか。

参拝することで、心がすっきりとした気持ちになりニコニコできました。

そんな風に毎日心穏やかに過ごすことが金運アップにつながっていくんでしょうね。

スポンサーリンク