万力公園には動物園が併設されています。

中ではまん丸でコロコロしたアライグマやカピバラを見ることができます。

他にはどんな動物がいるのか

入場料や営業時間など、ご紹介します。

スポンサーリンク

万力公園の動物園について

万力公園の広い敷地内には動物広場があります。

動物園と呼ぶと少し大げさな気がしますがそれでも

およそ24種類、110〜120匹の動物たちが住んでいます。

動物広場に入る前にすでに鹿のコーナーがあります。

公園内を流れる川を利用して鹿たちを広いスペースで飼育していました。

動物広場は誰でも無料で入ることができます。
万力公園 動物園

ゲートを潜るとまず右手にリスの小屋があります。
万力公園 動物広場

ちょうどごはん中だったようで、くるみを割って食べる瞬間が取れました(^o^)

反対側には猿がいます。

みんなで並んで毛づくろいをしていて

こちらには見向きもしません(笑)

リス小屋の隣にはカピバラ温泉があります。

万力公園 動物広場

カピバラはアマゾン川周辺に生息するらしく、

温暖な水域が好きなんです。

なので日本の寒い冬を乗り切れるように

温泉を作ってあげたんだそうです。

カピパラ、じゃなくてカピバラです。

私が遊びに行った日は2月中旬
日差しは暖かいですが、まだ寒さは残っていました。

めちゃくちゃ気持ちよさそうに浸かっていますね。

しばらくしてガラス張りのプールを泳ぐ姿と
陸を走る姿も見ることができました。

温泉に浸かっているときにはわからなかったのですが、
けっこう大きいんですね。

ガラス張りのプールでは子どもたちの前までやってきて
回転したり泳ぐ姿を何度も見せてくれるサービス精神。

万力公園 カピバラ

うーん。私の写真じゃあんまり伝わらないので
泳いでるかわいいカピバラちゃんたちの動画をつけておきます^^;

そして、プールから飛び出し走り回る姿も見ることができたのですが
けっこうな迫力!!
ドドドっと音を立てて走り回り、
それから温泉に入っていました。
寒かったのかな?

万力公園のアライグマ風太

万力公園で絶大な人気を誇るのが
アライグマの風太(ぷうた)くん。

まぁるくぷくぷくと太っているのが特徴で
県民に愛される万力公園のマスコット的存在でもあります。

スポンサーリンク

万力公園 アライグマ

もう1匹ポン太くんというお友達と暮らしているのですが
ぽんたくんもかなりメタボ。

ぷうたくんはなかなか小屋から出てきてくれませんでしたが
ぽんたくんが手を洗ったり、ごはんを洗っている姿が見れました。

手を洗う姿をめちゃめちゃ可愛いですね!

ぷうたのごはん中の様子です。

こんなに丸いと風太の体重が気になるところですが、飼育員さんによると
実際に計ったことはないけど10キロはあるんじゃないかとのこと。

10キロというとうちの1歳の息子と同じかぁ。。。

ぷうたくんは何歳なんだろう。

万力公園ふれあい動物広場

さて、動物園の中にふれあい広場と書かれた看板があったので入ってみました。
柵に囲まれた小さな広場には特に動物が開放されてる様子もない。。。

うさぎを抱っこする気まんまんで入った娘は
小屋やゲートに入ったままのうさぎをみて
「どーやってだっこするの???」

万力公園 ふれあい広場

私も不思議だったので問い合わせてみると
「ふれあい広場だけど、特に動物と触れ合えるわけではない」との回答が!w

他の動物より、少し近くで見れるということのようです。

うさぎの他にはカメのコーナーもありましたが
冬だからか姿は見えず、残念。

他にはカワニナ

今日はこのこ!と小屋の中でなぜか隔離されているうさぎさん

でも抱っこできるわけではないw

など、不思議ワールド全開のふれあい広場です。

他にも
やぎやプレリードッグ
鳩やくじゃくなど
個性的な動物たちが飼育されています。

万力公園の動物広場まとめ

万葉の森の動物広場には24種類の動物が飼育されています。
数にすると100匹以上で、それらを無料で見に行けて
ついでに公園でも遊べる。
ちいさい子供がいるファミリーには絶好のお出かけスポットではないでしょうか。

また3月〜11月は公園内でBBQもできるので
一日遊べること間違いないですよ。
万力公園のバーベキュー場の利用料と営業時間は?何人で使える?

個性的な動物たちに会える万力公園動物広場でした(^o^)

スポンサーリンク