甲府駅構内には改札口の横に駅ビル「セレオ」2階にあるみやげショップ「甲斐の味くらべ」があります。
電車に乗って帰る直前にお土産を買えるので大変便利なのです。
定番なものから、ちょっと変わり種もありますので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

甲府駅構内山梨名産お土産はこれ!

桔梗屋の桔梗信玄餅

山梨土産
山梨県のお土産と言えば「桔梗信玄餅」が有名ですよね。
手のひらサイズのトレイには黄な粉をまぶした柔らかいお餅。そこに特製の黒蜜をかけて食べると安定のおいしさ。
赤、紺、白色などの可愛い巾着に入った8個入りがちょうどよいサイズ感で人気ナンバー1です。

ちなみに信玄餅のプレミアムバージョンも置いてあり「プレミアム桔梗信玄餅 吟造り」という名前で売っています。
3年連続モンドセレクション金賞受賞しています。
プレミアムだけあって、高級感にあふれたパッケージ。
実際開けてみると個別に包装された信玄餅はビニールではなく不織布の風呂敷に包まれていて食べる前から期待に胸が躍ります。
食べてみると柔らかいお餅がほんのり甘く、黒蜜をかけなくても十分美味しい!
上司やお世話になってる方へのお土産によさそうですね。

藤二誠の巨峰ゼリー


一粒ずつゴム風船に入れられたぶどうゼリーは見た目もお味も巨峰そっくり。
爪楊枝で刺すとプルンっとゼリーが出てくるのが楽しくて子供たちからも「もう一個!」とリクエストがやみません。
夏には凍らせておくのもおすすめですよ。半解凍のシャリシャリした食感が口の中でプルプルのゼリーに戻っていき、いいおやつになります。

桔梗屋の月の雫

月の雫は、甲州ぶどうを一粒一粒砂糖蜜でコーティングした伝統的な和菓子です。
生のぶどうを使用しているので食べられる時期は10月~1月頃まで。
純白の糖蜜をかみ砕くと中からぶどうの甘酸っぱい果汁がじわり。蜜の甘さと絡み合い絶妙の味わいでお茶うけにぴったり。
秋にしか食べられないので、見つけたら是非お試しを。

ほうとう

山梨土産
山梨のソウルフード、ほうとう。食べ応えのあるもっちりした麺と冷蔵庫に残っているお野菜がたくさん入れてぐつぐつ煮込むだけ。
先日、東京のお友達のところにお邪魔するのに買っていったらお夕飯に出してくれました。
野菜切って入れるだけなので、忙しいときは食べ応えのある1品に仕上がるから楽ですね。
七味を入れてホクホク食べるのが美味しいです。
たくさん種類があるので、いろいろ食べ比べるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

フルーツ

山梨土産
甲斐の味くらべには、時期によってはその日採れた果物も置いてあります。
夏には桃やぶどう、冬にはリンゴなど。
果物は持ち歩いていると当てたり傷みやすいので、電車に乗る直前に新鮮なものを買っていけるのはありがたいです。
山梨に越して2年たちますが、やはりフルーツ大国と言われるだけあり、果物のおいしさは格別だと思います。

話のネタに!?山梨の少し変わったお土産はこれ!

ありが桃園の桃農家の桃カレー

山梨土産
桃とカレー?!って合うの?と初めて見たときは衝撃でした。
甲州市塩山にある桃農家の手作りご当地カレーです。
ペースト状で煮込んであるのかなと思っていたら意外にも桃の果肉がゴロっと入っています。
桃の甘みとインド風カレーの絡みがベストマッチ。
そんなに辛くないので子供たちも食べれます。
ちなみに葡萄カレーもありますよ、私のおすすめは桃カレーです(^^)/

保延商会のほうとう風ドロップス

ほうとう風の味。と言われても想像がつきませんよね。
ほうとうは何度か食べているがもちろん甘くはないし、このパッケージにも「かぼちゃみそ風味」と書いてあります。
このパッケージと文言に惹かれて買う人っているのかな・・・さらにわざわざお土産に買っていく人が?と思ったので、試しに買ってみました。
うーーん、ほうとうの味はしないかな。
どちらかというとオレンジっぽい味です。味噌の風味はかすかにしますね。
ネタに買っていってみんなでわいわい食べたら面白そうですね。
「鳥もつ煮風」もあるのでお試しあれ。

まとめ

やはり定番のお土産は誰にでも喜ばれるので買って間違いないですよね。
信玄餅、ほうとう、フルーツは鉄板のおいしさなので、お土産選びに迷ったらどれか買ってみてください。

スポンサーリンク