山梨の好きな所は自然が多く、その中で遊べるスポットがたくさんあることです。
虫を捕まえたり、木の実を採集したり、芝生の上を走り回ったり、自然の中で遊ぶのは子供の発育にも良い影響がたくさんありますよ。
幼少期に自然の中で数多くの「なんだろう」や「不思議」を見つけることで知的好奇心が育ち、走り回って遊ぶことで心身ともにバランスのとれた豊かな人間性が形成されます。
我が家には3人の子供がいますが、みんな外遊びが大好き。
週末の1日は市内外の公園に遊びに行き、親子で体を動かすことにしています。
中でも、笛吹川フルーツ公園は一度は行ってほしいおすすめレジャースポット。
甲府市内から車で30分程度で行けて、近くには夜景の綺麗な温泉もありますよ。

スポンサーリンク

笛吹フルーツ公園内の遊具や設備

甲府盆地を一望、富士山も見える景色の良い公園。

名前の通り、園内にはたくさんのフルーツの木が植えられていて、夏はブドウ、冬はリンゴが生っているのを見ることができます。
高台にあるのでどこで遊んでいても甲府盆地が見渡せて景色を楽しみながら遊べます。

第一駐車場からすぐの広場には小さな子でも楽しめる遊具や赤ちゃんも乗れるブランコがあります。
甲府盆地を見下ろしながらのターザンロープはつい私も夢中になってしまいます。
疲れたときはフルーツをかたどったスツールがあるので好きなフルーツに腰かけ一休み。

この公園の魅力は4月~10月頃まで遊べるアクアアスレチック。
水上に浮かぶいかだに乗りロープを使って自分の力で向こう岸へ渡る、いかだ渡り。
うき玉やいかだ、丸太を使った橋の遊具。
川上に上ると滝があってそこから水が川のように流れているんですが、なんと滝の裏は洞窟になっていて子供たちは探検家になり切って遊んでいます。
滝の前も水遊びができる広場になっていますが、この洞窟のことは皆さんあまり知らないようなので、ぜひ入ってみてほしいです。

更に坂を上っていくとわんぱくドームがあり、なかに富士山をイメージしたネットがメインの遊具があるので雨の日でも思い切り身体を動かせます。
ここにも小さい子供が遊べる滑り台がありますが、12歳頃までの大きな子も走り回っているので小さいお子さんを遊ばせるときは目を離さないよう注意が必要です。

ドームの中にある階段を降りるとくだもの広場と呼ばれるガラスドームにつながっています。
広場内のカフェテラス「オーチャードカフェ」は山梨で採れたフルーツを練りこんだブレンドソフトが美味しすぎて必ず立ち寄ってしまいます。
地下にはトイレやベビー休憩室があるのですが、その横には果物に関した展示室や子供が学びながら遊べるフルーツクイズやゲームがあるので、ついでに中を覗いてみるのも楽しいです。

広大な敷地は一日で回り切れないほど。坂が多い園内なのでベビーカーで回ると少し大変でした。
私はここに遊びに来るときはだっこ紐にして荷物は少なめ。
レストランや売店もあるので、必要最低限のものだけにして身軽に園内を動き回ります。

とは言っても水遊びもしたいし、お弁当もあるしとなんだかんだ荷物って増えてしまいますよね。
そんな時利用したいのが、公園内を第一駐車場から公園最上部のフルーツセンターまで走っているロードトレイン。
3歳未満は無料ですが、大人片道 400円、子供片道 200円で利用できますよ。
1日乗車券(大人 600円、子供 300円)もあるのでそちらを使って園内を散策する方が楽でお得だと思います(^^♪

笛吹川フルーツ公園のホームページはこちら

フルーツ公園から車で5分の2つの絶景温泉

たくさん遊んで汗をかいたり、水遊びで少し冷えてしまった方は近くに絶景の温泉があるので、汗も疲れも洗い流して温まって帰れます。
新日本三大夜景として昼は富士山と甲府盆地が一望でき、夜は夜景が綺麗と評判のフルーツ公園そばの温泉ともあって、週末は県外の方もたくさんいらっしゃるようですね。

スポンサーリンク

フルーツ温泉 ぷくぷく

園内から出ているロードトレインを使えば自分で運転しなくても景色を楽しみながら温泉の前まで連れて行ってくれます。
フルーツ公園内のオーチャードカフェにバスタオルが無料になるクーポンが置いてあるので、ゲットしておくといいですよ。

宝石が有名な山梨らしく、女湯の露天の岩風呂にはローズクォーツがふんだんに敷き詰められています。
桃をかたどったのか大きなピンクのハートの石は子供たちにも大人気です。そこに座って眺める夜景は最高です。
男湯の岩風呂にはラピスラズリ・ソーダライトという石を使っているそうで主人も楽しめたようです。

はじめて行った時のフルーツ風呂は、グレープフルーツのような柑橘系の果物が入った温泉でした。
先日(8月下旬)行った際は桃の葉温泉が開催されていました。
この季節ごとに催されるフルーツ風呂も楽しみの一つです。

フルーツ温泉 ぷくぷくのホームページはこちら

ほったらかし温泉

ぷくぷくよりさらに上に進むと頂上にはほったらかし温泉があります。フルーツ公園の駐車場からは5分程度。
「あっちの湯」「こっちの湯」と2つの温泉があり、入浴料はそれぞれ800円ですが1枚の入浴券で1つの湯にしか入れないので
その日の気分であっちかこっち、決めてくださいね。
迷ってしまう優柔不断な方向けに「あっちこっちサイコロ」が設置されてるので家族で意見が分かれたら振ってみるのも楽しいです。
入って正面が「こっちの湯」左に少し進むと「あっちのつ」があります。

どちらのお湯も好きですが、あっちの湯の方が広く、湯船に浸かったまま絶景が見渡せるので我が家はあっちの利用率が高いです。
日の出前1時間前から営業しており、広大な湯船の中で富士山のご来光を拝めるのもここならではのサービス。
子供が小さいのでまだ日の出前の温泉は行けていませんが、もう少し大きくなったら絶対に行ってみたいです。

うち湯はどちらも一つで、露天風呂より熱く感じます。
やはり露天が圧倒的に広く雄大なので、あまり入っている人はいないかな(^^;
子供が騒いで困ったり、人もを気にせずゆったりと入りたい人はおススメ。

温泉を出た後は、桃太郎という軽食スタンドがあり、リーズナブルな価格で丼ものやおそば、おうどん、ソフトクリームなどをいただけます。
おうどんコシがあっておいしい!桃のソフトクリームはよく売り切れているのであったら即買いです(#^^#)
名物の半熟の温泉卵をフライした温玉揚げとおうどんを頂き、ソフトクリームを食べて帰るのが鉄板です。

ほったらかし温泉のホームページはこちら

まとめ

フルーツ公園は新日本三大夜景でも知られる夜景の名所ですが、昼間も雄大な自然の中で富士山や甲府盆地が見渡せて、季節の美味しいフルーツを頂くことができます。
子供たちが喜ぶ遊具がたくさんあって、一日楽しめます。夏場はアクアアスレチックが使えるので水着でじゃぶじゃぶ遊べます。
雨の日でも大きな遊具で遊べるのは助かりますよね。
山梨に越してきてから毎週末温泉に入っていますが、景色がよい露天温泉はここ以上のものはないと思います。
個人的には夏だったら温泉は明るいより暗いときに入る方が夜景が見れて好きかなあ。富士山は夏は見えずらいですしね。ご来光もいつか行ってみたいです。

スポンサーリンク