赤ちゃんがいるから、旅行や遠出は難しいかな~と思いますよね。

でも車での移動だったら周りの人に気を遣わず、自由に旅行を楽しめますよ。

ごっそりと荷物を抱えて電車に乗ったり、泣いたときにおろおろしなくてすむ車中泊がおすすめです。

赤ちゃんと自由に旅をするために必要な持ち物や準備の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

車中泊のメリット

困ったさん

車中泊って最近人気のようだけど赤ちゃんがいてもできるの?

できますよ!
むしろ子連れの人こそ車中泊がおすすめです。
山梨 車
キャンプやアウトドアなどのレジャーは赤ちゃんから目を離せないし、電車やバスでは授乳や泣いたときに人の目が気になりますよね。

でも自分の車なら、泣いてもおむつ替えも授乳も好きな時に好きなようにできます。

月齢が小さいとそれだけ荷物は増えますが、車なら荷物が多くたってどうにでもなります。

何時にチェックインなどの時間の規制もないから、子どものペースで遊んだり、気ままに行く先を選んだりしてレジャーを楽しむことができますよね。

旅行に出かけると宿泊費が旅行費用の大半を占めることになりますが、その宿泊費が浮くことで他のレジャーを楽しんだり、その土地の美味しいものを食べたり、2日目は少しいいホテルや旅館に泊まったりと他のことに割り当てられます。

そして車の中で寝るというのは、子どもにとって秘密基地で遊べるようで大興奮しますよ。

寝る前に、座席をフラットに倒せば大きな寝室の出来上がり!

そこにクッションやお布団を引けば親子5人でも寝れちゃうんです。

我が家では3人目が生まれてから、荷物の多さと子供たちのうるささがストレスで公共交通機関を利用するのは肩身が狭く、車中泊での旅をちょこちょこするようになりました。

移動は主にパパが運転しながら、疲れたら交代して私が運転。その間にパパは仮眠を取ったり子供と遊んだり。

子供が泣いたら、運転はパパに戻して私は授乳やおむつ替えができますし、子どもも気ままにくつろいだり歌ったりして車内で楽しんでいます。

寝る前にみんなでトランプをしたりDVDを見たり、くっついて寝るから冬でも寒くない(笑)

自由度が高く、プライベートな空間で家族とのきずなが深まるのが車中泊のメリットかな~と思います。



子連れの車中泊に持っていく物

車中泊は車の中に泊まることが前提なので、荷物はできるだけコンパクトにするのが鉄則です。

赤ちゃんがいる場合、おむつや哺乳瓶、ベビーカーなどかさばるものも載せる必要が出てきます。

わたしは車中泊するときはベビーカーは持っていきません

遊びに行く先にベビーカーがあれば借りればいいですし、あとはだっこ紐やおんぶで対応していました。

車での移動なら、遊びに行った先では荷物は車内においておけるのでベビーカーがなくてもだっこ紐さえあれば手も空くし行動が制限されません。

オムツはきもち多めに持ちますが、なくなっても買えばいいだけと割りきります。

一番はやはり着替えでしょう。

特に冬場は着る量も多くなりますが、車だからこそ多めに持っても問題ないですよね。

例えば2日間の旅だとしたら、1日分多い3日分の服を持っていきます。

パジャマは持たず、部屋着のようなスエットを持ち、最悪服が濡れたり汚れた時はそれを着れるようにします。

子どもは暑がりなので、冬でも半袖を1枚入れておきます。

マストの持ち物はシンプルです。

・おむつ
・おしりふき
・着替え
・水筒
・おやつ
・子供用の医薬品

母乳のみで育てている場合はこれでよいですが
ミルクを飲む子であれば哺乳瓶やミルクケース、魔法瓶も必要ですね。

ミルクを溶いたり哺乳瓶を消毒するのにお湯が必要となるのでワンバーナーと小さな鍋があると便利ですよ。
わたしが使っているのはSOTO ( 新富士バーナー ) レギュレーターストーブST-310です。

カセットボンベで使えるので、うっかり忘れてもコンビニやスーパーで買えますし、経済的。
ちょっと試しに車中泊をしたい人にも敷居が低いと思います。
折りたためばコンパクトで場所も取らないですし、お湯を沸かして魔法瓶に入れておけば、赤ちゃんのミルクも大人の朝のコーヒーも気軽に飲めます。

ちなみにお湯はエムザの保温保冷ポットに入れて使ってます。
普段から朝お湯を沸かしたらここに入れて、日中お茶やコーヒーを飲むときアツアツで飲んでます。
さすがに次の日になると覚めてますが、保温効果は今までの魔法瓶で一番かも。
あと見た目がかわいい(笑)ごつくなくて軽いことも気に入ってます。
ピクニックや車中泊、キャンプの時の必需品です。
1リットルと1.5リットルがあり、私は1.5リットルの赤を持っています。
3人家族なら1リットルでも十分かなと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EMSA エムザ 保温・保冷ポット BASIC 1.5L ベーシック 505363
価格:3699円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)

赤ちゃんの月齢にもよりますが、離乳食中の赤ちゃんであれば専用の食事を用意しておく必要がありますね。
現地にドラッグストアやスーパーがあればミルクや離乳食も手に入りますが、せっかくの車中泊だから行き当たりばったりでもいいように予備を持っていきましょう。
1日分多めに持つように準備すれば思いがけず帰路につくのが遅くなったり、もう1泊しちゃえという時もゆとりが持てますよね。

あとは子供が安心できるように、お気に入りのおもちゃや本などを持ってくるといいでしょう。
上の兄弟がいる人はトランプやなぞなぞの本を持っていくと寝る前に盛り上がります。

子どもとの車中泊まとめ

子供が増えるとそれだけレジャーや宿泊にもお金がかかります。
我が家では3人目が生まれる頃から車中泊を始め、宿泊費をゼロにすることで出来た余裕でいろいろな遊びにチャレンジさせるようにしています。
子どもにとっては車中泊自体が一大イベントで楽しんでくれるし、こんな風にくっついて寝れるのもあと数年かなと思うと、多少寝こごちが悪くても幸せを感じます(笑)
キャンプ程大がかりではないけど、ちょっとした自炊でお湯を沸かしたり、普段と違う体験ができるからか子供は一段と成長した気がするし、赤ちゃんの頃から車中泊を知っている次男は人一倍タフな子に育っています。

車の中で寝る不自由さも面白がれるといいですね(^^♪

スポンサーリンク